ホテヘルの仕事では当欠で罰金やペナルティはあるの?

待遇

ホテヘルのお仕事を考えている女性は、実際に本入店して心配するのが、当欠ではないでしょうか?
ホテヘルのお仕事だけでなく他の風俗でも当日に欠勤したら、何かしらのペナルティや罰金が課せられることになるのではないかという心配です。
ここではそんな女性の人にホテヘルなどの風俗での当欠について見て行くことにします。

当欠とは

「当日欠勤」のことを風俗やお水の御仕事のようなナイトワークの世界では「当欠」と呼んでいます。
出勤予定のその日になってから急きょ欠勤して仕事を休んでしまうこと
クラブやキャバクラなどの水商売では罰金が設定されるあるお店がかなり多いのが現状です。

お昼の一般の仕事では罰金を設定されることはほとんどありませんが、職場の同僚にに迷惑をかけてしまうことから、社員の家族に不幸があったり、体調不良以外は、当日欠勤や通常の欠勤も難しく認められないが現実です。
では、ホテヘル嬢の人は当欠することは問題があるのでしょうか?
ただ、当日に何の連絡もしなくて無断で勝手に欠勤する「無欠」はお店のスタッフに迷惑を余計にかけるので、「当欠」より悪いことを覚えておきましょう。

ホテヘルでは当欠すると

ホテヘル嬢のお仕事は1対1でお客さんに接するサービスのお仕事で接客したお客さんのかずだけ給料を日払いでもらうことになっています。
そのために欠勤して給料をもらえないホテヘル嬢自身が一番損をしてしまうことになります。
お店からすると、ホテヘルよりソープランドのような店舗型ので自前の個室を用意している風俗店は風俗嬢が1人休まれると、その分1つの部屋が無駄になてしまいます。
しかし、無店舗型のホテヘルでもお客さんの予約が入っているのであれば、当欠されてしまったら、お店にとっても大きな損害であることは間違いありませんので、当欠は自分にとっても、お店にとっても決していいことではではありません。

では、当欠したホテヘル嬢に何かしらのペナルティが課せられるのでしょうか?

当欠でペナルティが求められるには、規則の厳しい店や高級ソープ店

当日欠勤すると、どんな理由があったとしても、罰金が課せられたり次の出勤シフトが制限されてしまうような風俗店はかなり限られており、一部の厳しいお店や高級のソープ店、ホテヘル店というのが実態です。
普通の風俗店のほとんど、そのような厳しいペナルティを設けられていることはありません。

風俗嬢の意見

では、実際にホテヘル嬢や他の風俗嬢の「当欠」の意見でその実態を見ると、かなり参考になります。
A嬢「私は3回に1回は当欠してしまいます。理由は二日酔いだったり、朝の体重が増えて何となく行きたくなって、ほとんど自己中なことで休んでいます。」
B嬢「「私は月に17~18日シフト組まれますが、その中で2~3回当欠しています。
マジに風邪や喉が痛くて休む時もあるけど、気分が乗らなくてズル休みする時もありますね。」
C嬢「私が働いているお店は、みんな真面目なので当欠したり遅刻する子がほとんどいませんね。
だいたい月に3人くらいかしら。」
D嬢「私は高級に在籍していた時は、月1くらい当欠していました。でも格安店に移ったら、スタッフの人が優しくてつい甘えてしまい、当欠の回数もふえちゃいました。」

いくらホテヘルでも当欠はして欲しくない

何人かの風俗嬢の意見を見ると、かなり当欠している子が多いですが。

お店からすると、「できるだけ急に当欠しないで下さい。」
「どうしても仕方のない病気など以外は当欠しないように。」

と願っているのが当日欠勤です。
ホテヘル嬢であっても、れっきとしたお客様を相手にした仕事なので、当然のことです。
前日までに欠勤連絡ができないほど理由を考えてみると、忌引きや家族の緊急時の事態が考えられます。
特に幼いお子さんがいる人であったなら、よくありそうなことですが、そんなことが当日に頻繁にあるということは、普通に考えるとありえないことです。

いたがって、1回や2回くらいなら仕方がありませんが、当欠を何度も繰り返されると、お店の方だって、ズル休みだってことが見えてくるものです。
ホテヘルなどの風俗のお仕事はしっかりと出勤することは仕事の基本です。
当欠を悪びれることもなく当たり前のように繰り返していくと、ホテヘル嬢自身、不利な状況に追い込まれてきます。
中には一定以上の当日欠勤を超えるとペナルティが与えられる店もあり

ホテヘルの中では月3〜5回までなら許しえてくれるお店はありますが、当日欠勤が一定回数を超えてしまうと、ペナルティとして翌月のランキングを下げしまいます
このランキングとは、風俗店で風俗嬢人気度ランキングを、指名数やリピート率などで決定して、ランクを決めたり、ホームページでもプロフィール写真の並び順を決めています。
上位ランクのホテヘル嬢になると、給料のバック率が高くなり、ランキングを見たお客さんからもネットからの指名が増えていくメリットがあります。
このランキングを決める時に、出欠も含み、勤務状況を考慮することがあります。

真面目なお店や管理がきちんとしたお店になれば、それだけお客さんからのクレームや、当欠などはマイナス材料として判断されてしまうのです。

お客さんの指名が減ってしまう

せっかく本指名したり予約して、これからのプレイを楽しみにしているお客さんがいるのに、当日欠勤でキャンセルになると、そのお客さんをがっかりさせてしまうことになります。
もしかすると、この予定のために遠くから足を運んで来てくれたり、スケジュールを調整して時間を空けてくれる人もいるかもしれないのです。

また、予約して入れていなくても、「今日はあの子と楽しむことにしよう」と予定していたお客さんもいるかもしれません。
当欠されると、お客さんはがっかりするだけでになく、他の風俗嬢や他のお店へ行ってしまうこともありえることです。
いくらお気に入りの女の子に合いたいから辛抱強く待とうしているお客さんでも、このような当欠が2、3回続くと、心が離れてしまい、大事なお客さんを手放すことになってしまうと思った方がいいでしょう。
こんなふうに何度も当欠を繰り返していくと、指名が減っていくだけです。

当欠が多いホテヘル嬢には店も怖くて予約を入れにくくなる

ホテヘル嬢が当欠勤すると、お客さんに迷惑をかけるだけでなくお店に迷惑をかけることになります。
お店のスタッフはお客さんにお詫びするしかありません。
当欠の理由がたとえ大著不良であっても、期待していたお客さんからすると、全く関係のないことです。

常連のお客さんであれば、かなり怒るでしょうし、いい加減な子だけでなくお店もいい加減と思い利用しなくなってきます。
こんなことが続くと、「ドタキャンの多い女の子ばかり在籍するホテヘル店」とマシナスイメージが広まっていきます。
当欠してしまったホテヘル嬢の責任を取るはお店なので、いつも当欠する女性には、怖くて事前の予約を入れられないし取れないというのがお店側の認識なのです。
ホテヘルの仕事で稼ぎたいと思う人にとっては、当欠は禁物です。

体調不良は仕方ない

とは言いつつも、ホテヘルのお仕事は接客で体力を使うい仕事です。
体調不良で仕事ができないこともあり、欠勤も仕方ない場合もあります。
体調管理をしっかりとして、少しでも体調不良を感じたら、お店に連絡をしてシフト調節してもらい病院に行くことです。

普段からきちんと真面目に出勤して頑張っている人であれば、どうしても体調不良で当欠したとても、お店もお客さんも心配してくれる上に不快に思うことは決してありません
ましてや小さなお子さんがいる女性は当欠する可能性も高くなってきますが、普段から真面目にやっている人であれば、きつく言われることはありません。
当欠しなくてもいいよういに一時的に預かってくれるとな友人や預かりサービスを持っていると安心です。
このような心配がある人は事前にお店に相談しておくといいでしょう。

人妻・シングルマザーを歓迎しているホテヘル店ならお店の理解を深く、面接で事情を話せば配慮してくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました