ホテヘル嬢にとって理想のお客さんとは?

仕事内容

ホテヘルの仕事でお金をガッツリ稼ごうと、これから頑張ろうとする女性の人がふと心配になること。
それは「タイプじゃない男性と密室でイチャイチャするだけじゃなくて、エッチなサービスまでしなきゃならないの」ということではないでしょうか?

いきなり対面したお客さんが、キモい人と思い浮かべるだけで、ゾッとするかもしれません。
そうホテヘルのお仕事だけでなく、風俗全般的に言えることで、不安がよぎるはずです。
初めてホテヘル嬢として全く未知の世界に飛び込もうとする女性の人にとっては、不安で不安で仕方がないかもしれません。

ホテヘル店に来るお客さんの層には、キモい男性が多い?それとも?意外な実態!

当たり前のことですが、全く知らない男性の人にエッチなプレイを提供することが、ホテヘルだけでなく風俗全体のことなのですが、どうしても知らない人とのプレイには、多くの風俗嬢か不安を抱くものです。
しかし、実際には普通のホテヘルなどのお店を訪れるのは、普通の男性のお客さんが多いのです。

「普通の男性」というくらいなので、普段、オフィス街を歩いているビジネスマンのような平均的な男性の人達なのです。
プレイも、変なフェチっぽい感じはなくて、普通のレベルなのです。
具体的には、プレイする前のシャワーも素直に浴びてくれますし、トークタイムだって、世間話で意外と盛り上がったりします。
そんな時の男性のお客さんは、普通に話しかけてきます。

プレイの時は、当然、エッチプレイに夢中になっていますが、普通の男性なので、あまり精神的にも肉体的にもプレッシャーがかかってくることがありません。
お店に入店して新人紹介期間中に、お客さんの接客をしてみると、当たり前のようなサービスを提供しているだけで、いい給料を稼げたりするので、びっくりしたり、拍子抜けする女性も少なくないくらいです。

都内では地域内によって、客層やタイプが異なってくる

ホテヘルでも、始めはかなり不安が高くなっていたのも、意外に普通のお客さんが多いことで、不安のハードルはとても低くなってきます。

ただ、東京都内を見てみると、地域によって、お客さんの傾向が変わってくることが分かります。
ホテヘルのお仕事をする上でも、ちょっと参考になるかもしれません。

新宿

新宿と言えば歌舞伎町。

都内屈指の歓楽街ですが、風俗に目を移すとサラリーマンが中心の街です。
深夜や早朝はホストなど同業のお客さんが多い感じがあります。
繁華街・歌舞伎町の影響で、同業の人がお客さんとして、深夜や早朝にホテヘルなどの風俗で遊ぶイメージがありますが、日中はオフィス街のある西新宿からもビジネスマンの利用客が多いです。

渋谷

渋谷と言うと若い人が集まるイメージがありますが、ここもサラリーマンが多いエリアです。
意外に年齢層が高いオジサンクラスが遊びに来ることもあります。
その理由は渋谷の場合、近くに青山や表参道、六本木などにオフィスや高級住宅街が集まっていることで、お店も高級なブティックや店舗が軒を連ねているから。
そんなことも要因になっています。

しかも、若者の街の渋谷のために、若い女の子と遊びたいと渋谷に向かってくるというお客さんが多いのです。

池袋

渋谷、新宿と並ぶ歓楽街の池袋。
こちらもサラリーマンか多いのですが、年齢層は学生さんから高齢の男性まで幅が広いのが特徴です。

埼玉県から足を運んで来るお客さんも多く、都内でも屈指の風俗街とされる池袋は、埼玉県からのアクセスの良さや学生も訪れることから、客層も様々な年代に分散しているイメージです。

五反田

ここもビジネスマンか多いエリアですが、年齢層は他の地域と比べて高めかもしれません。
若い子とイチャイチャするより、じっくりとプレイ楽しみたいというお客さんが多いです。

そのためか五反田は人妻専門店が多い街としても有名で、濃厚プレイでサービスされるので、人妻店にハマる人が五反田に集まってくるようです。

客層の種類も知っておくと便利

ホテヘルにも色々なタイプのお客さんが訪れますが、そんなお客さんのタイプや特徴を理解しておくことで、接客の仕方も変わってきて、指名を増やす要因にもなります。
では、どんなタイプの客層があるのでしょうか?

太客と細客

客層でホテヘル嬢から見て、「いいお客さん」=「良客」かありますが、その前に
「太客(ふときゃく)」と「細客(ほそきゃく)」という言葉を押さえておきましょう。

太客

「太客」とは、「お金をたくさん使ってくれるお客さん」のことで、「太っ腹な客」から「太客」と呼ばれるようになりました。
月に数回も利用して毎回ロングコースで数万円レベル料金を払って遊んでくれるお客さんもいます。

細客

「細客」は、「あまりお金を使ってくれないお客さん」のことです。

しかし、「太客」が「良客」とは限りません。
「太客」の中には、「お金を払っているんだから、何でもサービスしろよ。」と上目線で要求してくる人もいるからです。
では「良客」とはどんなお客さんなのでしょうか?

「良客」を見極めることが、本指名してくれるリピーターになってきます。

良客の外見的特徴

外見と言っても、「イケメンなのでいい」という訳ではありません。
イケメン男性であれば、嬉しいとのがホテヘル嬢の本音かもしれませんが、彼らの中には、自意識過剰な場違い・勘違い男性もいますので、それだけでは判断することは早計です。

外見で大切なポイントは清潔感があるかどうかなので、次のようなポイントでチェックしてみるといいでしょう。
・髪の毛
今時のヘアスタイルやサラサラヘアだけでなく、ベトついた髪やフケだらけでないこともポイントです。
・服
オシャレではなくても、シワだらけの服や、汚れていないことも必要です。
・匂い
香水バリバリの人ではなく、体臭や口臭、服の臭いがきつくないことが、大切。
・爪
爪を磨いていたり、マニキュアをしている人ではなくて、短く切って汚れがなければOK。

内面的な特徴

外見の次に大切なことが、性格などの内面的な特徴です。
これは、外見よりもさらに重要になってきます。

良客の人は、基本的に優しくジェントルマンであることを覚えておきましょう。

トーク

話し方が優しくていねいで上品なのです。
しかも、一方的に話をするだけでなく、聞き上手な上に話も面白くて、自分の自慢話をしたり、女性のプライベートをしつこく聞くことはしません。

ふるまい

いつもレディファーストで女性に接して気を遣ってくれますし、特に女の子の体調を心配してくれて、自己中で横柄な態度を取りません。

プレイ

マナーをキチンと守ってくれて、ソフトなプレイがスマートです。

お決りのサービスだけでも、十分に満足してくれて、ホテヘルで禁止されている本番や過剰サービスを求めることはありません。
また、シャワー時も歯磨きやうがい、消毒もキチンと協力してくれます。
タッチもソフトで優しい感触が堪らなくなります。
テクニックだって不要です。

大切なことは、あなたに愛を持って接してくれるかどうかです。
また、激しく指入れをしてきたり、早かフィニッシュしても、1回だけで満足してくれると、女性もかなり負担が軽くなるので、これもまた、良客タイプと言えます。

時間

コースもロングコースで入ってくれることが多い反面、それでも時間の中で、多くのサービスを求めきたり、プレイを急かすようにシャワーをバタバタと浴びるようなことはしません。

行動に余裕を感じられるのです。

お金

お金の使い方もスマートで、風俗嬢の好きな飲み物を買ってきてくれることもありますし、人気スイーツ差し入れしてくれたり、誕生日プレゼントを渡してくれたらと、女の子の予約が入っていないなら、穴埋めてしてくれたりもします。
決してたくさんお金を使っている訳ではないのですが、そんな優しい心遣いに心がキュンキュンして来るでしょう。

しかも、ガツガツとした太客とは異なり、ロングコースでお金を使う以外に店外デートを無理矢理に誘うようなこともしません。
たくさんお金を使ってくれる太客も悪くはないのですが、時間が経つと熱がクールダウンしてきて、別の子に行ってしまうことも少なくありません。
それよりは、ショートコースでも月1回必ず定期的に来てくれる細客のお客さんの方が良かったりもします。

良客の具体例

では、ホテヘル嬢のハートをキュンキュンさせた良客の実際のケースを見てみることにしましょう。

指名してもプレイなしで眠らせてくれたお客さん

時々、来店して指名してくれる常連さん。
普段のプレイも優しくて、トークも上手なのですが、時間に余裕を持っているので、お風呂にゆっくりと入らせてくれます。

そんなのんびりムードで終わってくれるのです。
3時間のロングコースでも、指名をしてくれた上に、疲れている女の子に気を遣って、眠らせてくれるのです。
しかも、プレイすることは一切ありません
どうやら、写メ日記を見て気を遣ってくれたのです。

そんなお客さんの優しい気持ちにうれしくなるのでした。
次に指名された時は「元気そうで良かった。」と笑顔で迎えてくれたので、ますます感動するのです。
こんなお客さんは、いつも「疲れてない?眠っててねもいいよ。」と優しい声をかけてくれます。
常に女の子の体調を優先してくれるお客さんに心を動かされるわけです。

差し入れをしてくれるお客さん

1ヶ月に1度来店して指名してくれる常連のお客さん。
いつも60分コースで、スマートに遊んで行くお客さんですが、週末となると、集客が高くなって、バタバタで忙しくなってきます。
そんな中でその常連さんからの指名が入ります。
普通でも、ゆっくりと優しい雰囲気の中で遊んでくれるお客さんなのですが、60分コースを終えて、お礼をしてとホテルを出ようとした時に「これあげる。」と言って、ボディクリームをくれたのです。
女の子にマッチしたボディクリームの差し入れです。
「風俗の子って、何回もお風呂に入るでしょ。やっぱりお肌ケアしなきゃたいへんかなって。」という優しい言葉。
ここで嬉しいのは、肌が弱くてボディクリームをあまり使わないことを覚えていてくれて、優しいものをセレクトしてくれたのでした。
いつも綺麗なままでね。」と笑って言ったお客さんの笑顔が印象的なのです。

実際にこんなお客さんもいらっしゃいます。

話し上手なお客さん

初めてお店に来られたお客さん
偶然にも指名してくれて90分コースを選んだ人だったのですが、初めてで失礼あってはいけないと思い、ていねいにホテルのドアを開けると、私服姿で座っていたのです。

「シャワー先に浴びられてもよかったのですが、一緒に入ります?」
尋ねると、「プレイはあまり興味がなくて、お話がしたいだけ。」という人でした。

お酒が弱くて、スナックやキャバクラに行くこともなく、風俗に来られたのです。
酒が飲めないので、キャバクラに行くよりは風俗の子と楽しくお喋りをしたい人でした。
レアケースかもしれませんが、持参したケーキやドリンクで、本当に90分間トークで楽しまれたのです。
話題も豊富で話が上手く、女の子が飽きないような話題で、仕事をしていても、「これでいいのかな?」と思うくらいにお別れが残念なお客さんでした。
また指名させてね。」と言って帰って時々、訪れて指名してくれるのです。
ホテヘルのお仕事をしていると、本当に色々なお客さんが訪れますが、こんなふうな良客に出会えたなら、思いっきり最高のおもてなしをすることで、指名率がアップします。

せっかくのご縁を大切にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました