ホテヘルの仕事をするには、すぐに本入店しなくてはだめなの?

仕事内容

今までホテヘルやデリヘルのような風俗店でお仕事をしたことがない女性の人は、お店に在籍して働くまでの流れを理解しておくことが重要です。

本入店の前に体験入店があるホテヘル嬢のお仕事

一般の企業でも入社したら、新人研修を経て、各職場に配属されることになりますが、配属されても「本配属」ではなく、「仮配属」となるのが一般的です。

これと同じようにホテヘルだけでなく、他の風俗店でも、面接を受けてすぐに本入店するわけでありません。
本入店の前に体験入店(体入)という仕組みがあります。

本入店の前の体験入店(体入)

まず、ホテヘルのお店では、いきなり入店することはありません。

お店で面接を受けた時に、体験入店(体入)をすることになりますわ
この「体入」とは、実際にお店でホテヘルなどの風俗のお仕事がどんなものなかを体験を通して理解してすることが目的です。
ここで気になることは、体入店の後、必ず本入店しなければならないのか?
という懸念でしょう。

風俗でお仕事をしたことがない女性の多くは、こんなふうに心配するのですが、決してそんなことはありません。
体入で「自分に合わない仕事だな」と思ったら、無理にそのお店で働く必要はありませんので、断っても構わないのです。
ホテヘルのお仕事は高収入を見込めますが、無理をしないよう方が賢い賢い選択肢です。
我慢して働くと長続きした試しはないからです。

女の子によっては、ホテヘルの体験入店までに色々な研修や面接があるので、かちょっと申し訳ない気持ちになってきますが、全く遠慮することはないです。
完全に割り切ったって、お店と対等な立場で納得いくお店を見つけることが大切です。

強引に本入店をすすめれたら、どうしよう?

しかし、場面によっては、かなり強引な要求で本入店を迫られるようなことは、本当にないのでしょうか?

そんな場面になったなら、上手に断りことができないか自信がないという女性の人もいることでしょう。
確かに対面しながら求められると、断りづらくなるかもしれません。
スタッフの人は
「せっかくの高収入のホテヘルのお仕事だから、もったいないよ。」
「あなたはとてもセンスがあるようだから、ホテヘルで絶対に人気が出てくるし、風俗の仕事が向いているよ。」
といったようなアプローチ方法で来るかもしれません。

こんなふうにホテヘルだけでなく、風俗業界の人達は押しが強い人が多いでしょう。
でも、そんな状況の中では、即答しないことが大切です。
「高い給料を稼げるホテヘルのお仕事だって理解できましたけど、どうやって親に話するか考えているところなので、求人内容も相談してから連絡させてください。」

というようなに親を引き合いにすることもいいでしょう。
そうなると、さすがにそれ以上はお店側も、強引な言ってくることはないでしょう。
他には「他のお店の風俗のお仕事の面接もあるありますし、体験入店もこれから予定されています。その体入をしてからのお返事でもよろしいですか?」
という言い方もいいかもしれません。
お店側としては、自分のところに決めて欲しいしと思っているので、そんなにしつこくして印象を悪くしたくはないですから。

体験入店後、自分に合わないと思ったら、本入店はどうすればいい?

体験入店の場合、ほとんどのホテヘル店では、女性にいい印象を持ってもらえるように、無理なことは言いません。
もちろん、体入のお給料もキチンと支払われます。
給料ををもらったからといっても、そのまま本入店する必要はありません。
一旦、保留にして別のホテヘル店を探せばいいです。

どうしても本入店しなくちゃいけないと思い込んでしまう子もいます。
でも、お店の方はそんなふうに持っていこうとしてきますし、本入店してもらうことを前提にで話を進めていくこともあります。
体験入店(体入)までしてくれた女性には、できるだけ働いてもらいらいたいと思いますので、できるだけ高い収入で支払ってくれるわけです。
このことは、体入したということで面接も問題なくOKになったという理解ができるわけです。

ここで面接をパスできた女性は、そのホテヘル店にとっては、何とか残って欲しいと思える人材のはずです。
このようなお店側の思惑を理解できると、意外にあなたのペースで高尚することもできる可能性が大きいです。
ホテヘル店から見ると、残って欲しい人材を簡単に手離したくないですが、このお店で働くかどうかは、女性側の考え次第です。

体験入店して、一旦考えてみたいと思った時どうすれないい?

体験入店の後に本当の理由が言えない場合はあるでしょう。
そんな時は、「ちょっと考えてみたいから時間をください。」
と、言ってその場を切り抜けることもいいでしょう。

体入後。
この仕事をしたい店舗かどうか迷っているなら、「今はあまり仕事をする気持ちが固まっていません。」
とハッキリ伝えることです。

ホテヘル店側は、できれば働いて欲しいですが、強く押すことがあったおちしても、強い意志できっぱりと断るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました