ホテヘルの仕事の自由出勤って何?

仕事内容

ホテヘルなどの求人情報をサイトなどで見ていると、「自由出勤OK」というフレーズが目に飛び込んでくることがあります。
風俗業界未体験の女性の人にとっては、今ひとつピンと来ないかもしれませんが、これからホテヘルのお仕事を考えている人にとって、かなり参考になるかと思いますので、どんな出勤なのか説明を進めていきたいと思います。

ホテヘルなど風俗の出勤と昼間のアルバイトの勤務は違う?

ホテヘルだけでなく、風俗全体的に、求人サイトの中では、「自由出勤」だけでなく「完全自由出勤」というフレーズがあります。
このキーワードは「自分の都合の良い時に自由に働ける」という印象を受けるのですが、「自由」とは「好きな時に出勤をして好きな時に休める」ということことではありません。
昼間のお仕事やバイトででシフト制の敷いている所なら、スケジュール申告の締切日までに希望を出せはほぼその通りになります。
風俗業界でも、ホテヘルやデリヘルなどで同じようなシステムを採用しているお店が大半なのです。

「それじゃ、何が自由出勤なの?」
と疑問に思うかもしれませんが、普通のアルバイトと比べて見ると、こちらの希望をかなり自由に申告することができるのです。
昼間の普通の接客業の場合、経営側は本人の希望に基に必要な人数を決めてシフトを決めていきます。

その結果、自分は希望した日であっても、勤務日に頭数がそろえば、その希望日であっても当日働くことができません。
逆に、人数が足りない日では、希望していないにもかかわらず、お店やオーナーさんから、勤務をお願いされることも珍しくはありません。
このように一般的なアルバイトや店舗のシフト制では、そんなに自由度が高くはありません
しかも、普通のアルバイトでは、面接をしたり採用前に週末などに出勤できる確認して、それが可能なことで採用することが多いです。

しかし、風俗業においては、このシフトが自由なので、本当に自分の好きなタイミングで出しても、断れることは少なく希望がほぼ通ります。
極端な話ではありませんが、週1回程度で自分の好きな日に出勤するというホテヘル嬢を結構いるものです。
これと比べて昼間のアルバイトのシフトを希望出すためには、2週間くらい前迄に提出する必要があります。
これは、1カ月単位を前提としたシフト勤務を作るのためのもので、その間、自由はかなり制限されることになります。

しかし、ホテヘルで勤務する場合は、前の日に希望を出してもそれを受け入れてくれるお店がかなり多いのです。
そんなことを考えると、風俗業界の「自由出勤」がかなりフレキシブルな出勤と言えるでしょう。

急な休みもほとんどOKで認められるホテヘルのお仕事

ホテヘルででシフトに組まれていても、何かしらの理由で急な都合で休みたくなることもあるかもしれません。

しかし、昼間のシフト制の仕事やアルバイトでは、かなりの事情がないと、認めてくれることがありません。
しかし、ホテヘルを始めとする風俗業では、その日に連絡すれば、突然の休みであっても、お店はキチンを受け入れて対応してくれるお店がほとんどなのです。
シングルマザーで幼いお子さんを持っている女性の人は風俗で働いている理由はそんな点にあります。
突然、お子さんが病気になってしまい、どうしても仕事を休まなけらばならないことがあるはずです、そんな時でも、柔軟に対応してくれるのが、風俗業過の「自由出勤」の特長なのです。

但し、急に休みたい理由の中で目立っているのは、「今日は気分はブルーで、何となくダルくて行きたくないな」
というような理由がかなり多いです。
お店には
「体の具合が悪いので休ませてください」

と本当ではないことを言ってドタキャンしてしまいます。
普通の仕事では許されることではありませんが、風俗でも決して良くないことではあるものの、風俗業界では決して珍しいことではなく、お店側をよく見透かしており、そ知らぬふりをしてOKしてくれます。
しかし、欠勤してしまうと、ホテヘルの仕事は完全歩合制なので、その分だけ稼げなくなり収入が減ってしまいます。
もし、ドタキャンしてしまった日にお客さんの予約が入っていたとしたら、それもキャンセルになってしまいます。

そのためにせっかくその子に会うことを楽しみにしていたお客さんは怒ったり、機嫌を損ねってしまい、次から指名してくれる可能性が出てきます。
「自由出勤」はかなり魅力的に感じるものですが、それは完全「自己管理」の世界で、「自分の責任で休んだり働く」といういうことになので、それができない女性はホテヘルはおろか他の風俗でもお仕事をして稼せぐことはできません。

自由出勤でも、店舗型の場合は出勤できないことも

風俗ではホテヘルだけでなく、ほとんどの業種のお店が「自由出勤制」を取っています。

しかし、ソープのような店舗型の場合になると、ホテヘルのような融通が悪いケースがあります。
勤務のシフトで、自分の希望を出すことは、ほぼ同じことなのですが、その希望が必ずしも認められるとはとは限りません。
とはいうものの、店舗型の風俗では、部屋の数に制限があるために、あまりにも出勤希望者が同じ日に集中すると、勤務を断られることも少なくありません。
これはお店の部屋の限界はあるので、どうしても仕方がありません。

休みについては、逆に自由に取れる点はホテヘルと同じですは、思ったように出勤したい時に、できないとすると、これもまた収入面で支障が出てしまいます。
そのために行ける時に来希のシフトを出して出勤したいと思っている女性ににっては、ホテヘルのように無店舗型のお店がいいのです。
出勤したからと言って、必ずしも収入増になるわけではありませんが、出勤すること、本指名のお客さんが増えていくので、それだけ安定した収入が見込めるようになります。
毎日、ホテヘルでお店に待機している女性は、常にいるので新鮮さが失われ、指名が取れなってしまうケースでも出てきます。

しかも、連続出勤をすることで、心身は疲れ切って健康上でも悪影響が出て来る可能性もあります。
ホテヘルの仕事は、まさに体力勝負の世界で、お客さんに気を遣う仕事でもあります。
全く休みを入れずに毎日出勤し続けることは、決して体にいいことないので、「自由出勤」を上手に利用して、適度に休日を取りながら、ほど良く出勤を考えることです。

いくら自由出勤では無断欠勤はタブー

たとえホテヘルの仕事が「自由出勤」といっても、自分の希望でシフトに入れてくれたにもかかわらず、何も言わずに無断で休んでしまうのは良くありません
それはお店側が出勤を期待してして、お客さんの予約を受け付けているのに、女の子が来ないとなると、当てが外れてしまいますし、予約を入れていたお客さんに対しても、直前で断りを入れなければなりません。
お客さんはホテヘルで遊ぶことを楽しみにしているのに、お店の近くまで来ているかもしれません。
それなのにドタキャンとなると、そのまま帰るのも嫌になるので、他の女の子を選んでしまうこともあります。

もし、そこでお客さんが代わりに対応してくれらその子を気に入れば、これから、本指名はその子に行ってしまう可能性があります。
しかし、そうだといって、それに対して嫉妬したり怒ることは、筋違いのことです。
その原因は無断欠勤した自分自身がきっかけです。
いくら他の女性に指名が行かなかったとしても、お客さんがドタキャンを喰らったことを怒って、機嫌が悪くなる可能性もあります。

少なくとも、次には、本指名されることはない可能性があるということです。
そのために、お客さんが本指名をくれた日は、稼ぐ絶好のチャンスなのですから、シフトを無視してまで無断で休む女性は、収入を作ることは難しいでしょう。
風俗業界には、こんな女性がたくさんいますが、お店の人達も一定の理解はしていますが、あまりにも無断欠勤が続いていくと、クビになることもあります。
また、風俗は完全自由制を取っているために、シフトはかなり融通が利くと何度も触れてきました。

しかし、本当に稼ぎたいと思う気持ちが強いのであれば、自由なシフトにずっとしていると不利になってしまいます。
お客さんが会いたいと思ってもいても、出勤する状況は見えないのであれば見込み客を失っていきます。
お客さんも「別の女の子にしよう」と、気持ちが変わっていくものです。
そんなことにならないように、できるだけ定期的に入るシフトにするのがベストです。

お客さんに「この日ならば、出勤しているかも」と思ってもらえるだけでいいので、不定期の自由なシフトを組みすぎると、よほどの魅力がないと指名をもらうことは難しいでしょう。

レア出勤もあり

風俗業界では、「レア出勤」という出勤もあります。
これはシフトをあまり入れずに、たまに出勤することです。

お客さんから見ても、毎日出勤している女性よりも、たまにしか出勤してこない女性に特別な気持ちを抱いて指名を入れることがあります。
これも自由な出勤ができる風俗のシフトならではの出勤です。
しかし、この「レア出勤」でも、全く固定のお客さんがいないのに、「レア出勤」をしても誰も指名を入れてくることはありません。
モデル級のルックスでお店のホームページのトップで顔出しをしているようなホテヘル嬢であれば、「レア出勤」は大きな効果を持っていますが、そんな女性はとても限られています。

ホテヘルの仕事を始めた当初は、定期的にシフトを入れてもらい、お客さんに顔を覚えてもらえるようにしましょう。
そして、固定のお客さんがついてきたなら、少しずつ出勤日数を抑えるようにします。
「レア出勤」が適している女性は、ある意味、特別な魅力がある人です。
愛嬌があった、官能的なテクニックが抜群な子が「レア出勤」することで、それ見つけたお客さんは「絶対に指名して相手したい」と思うような子が有効です。

風俗の完全自由出勤は、好き勝手に勤務できるわけではありません。
しかし、かなりシフトは自由が利くのが、風俗の利点といえるでしょう。

ホテヘル嬢の自由出勤にはデメリットもある

「自由出勤」は働きたい時に働けるので、非常に嬉しい形態なのですが、デメリットもあるこことを知っておく必要があります。

お客さんがつきにくい

お客さんは事前にお店のホームページを見て気に入った女性の予約を入れて予定を立てることが多いです。
しかし、そのために、出勤情報をキチンと更新されている女性の方が予約は入りやすいのですが、前日や直前にホームページに出勤予定をアップされたとしても、前もって表示されている女性と比べて、チェックさせる頻度も減っているので、当日予約は入りにくいでしょう。
しかも、お店も事前に出勤予定を出している女性を優先してお仕事をつけることになるので、お店も出勤できるキャスト人数を確保するために、予定を言ってくれる女性のことを大事にします。

そのためにお店は協力的な女性を優先してお客さんをつけるのです。
このように、自由出勤はメリットばかりではないということを覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました