ホテヘルでも日給保証はあるの?

待遇

ホテヘルに限らず風俗のお仕事の大半は、歩合制・出来高制による給料払いとなっています。
昼間の仕事やアルバイトと比べると、1日の稼ぎは、何倍もの開きがあります。
しかし、普通のアルバイトは時給制なので、どんなに暇な時間でも忙しくても1時間の収入が決まっています。

出勤すれば、その分だけは必ず稼ぐことができるので、安定性はそちらの方が確実です。
このようにホテヘルなどの風俗の業界は出勤しても、お客さんの接客がなければ、給料はまったくもらえないという厳しい現実が待ち構えています。
たとえ、風俗のお仕事が他のお仕事と比べて給料が何倍も高いとしても、ホテヘル嬢とスタートした当初からガッツリ稼げることは簡単なことではありません。
そのために、ホテヘルや他の風俗の世界に身を投じても、かなり稼げると思っていると、その厳しさ・難しさに頭を悩ましてしまうのです。

その結果、考えていたよりはあまり稼げないという苛立ちや、ホテヘルの仕事は自分に合っていないと、マイナス思考に陥りやすくなってしまいます。
そして、普通の仕事を探した方がマシかもしれないと思うようになってしまいます。

そんな女性のために用意された日給保証

しかし、風俗で業界はそんなに冷たい世界でもありません。

このようなことで悩んでいる女性の人達をサポートしたり、悩みを軽くしてあげるための制度として、「日給保証」があるのです。
どんなお仕事でも、新人期間中は、いきなりどんなお仕事でもスタートダッシュできるわけではありません。
その仕事に慣れるまでには、それなりの時間が必要ですから。

ホテヘルの日給保証とは?

冒頭でも触れたように、ホテヘルなどの風俗業のお仕事は、出来高制がベースで給料が支払われることになります。
しかし、日によってお客さんの入りが大きく変化することから、1日接客がなくてほとんど稼げないこともあります。
そんなことでは、女性は不安にかられてしまい安心して働くことができません。
そのためにホテヘル店では、万が一、接客ゼロでも、1日一定額の給料を保証する制度が「日給保証」なのです。

仮に1日3万円の日給保証がある場合は、その日に自分が稼いだ金額が2万円だったとしたなら、お店が差額の1万円を追加して負担してくれます。

日給保証には2種類あり

この日給保証には2つのパターンがあります。
完全日給保証」と「トータル保証」の2種類です。

完全日給保証は、その日の稼ぎだけが対象となり、当日の稼ぎが保証額を下回っていれると、お店が差額を負担してくれる方式です。
片や、トータル保証は、1週間~10日間程度の期間を対象にまとめて精算する方式を取っており、合計売上が保証を下回った時に、お店が差額を負担する仕組みとなっています。
接客のお仕事は、波があり良い日もあれば、悪い日もありますので、日給保証があることで、もしも稼げない日があっても1日の給料を店が保証してくれるので、ホテヘル嬢も安心して働く人でも、ことができるわけです。

日給保証の本当の意味

日給保証があることで、ホテヘル嬢も安心して働けるのですが、これはお店の新人女性が1人前になるまで頑張ってもらいたいために応援してくれる制度なのです。
この保証がある間に是非、頑張ってお仕事に慣れて、本指名してもらえるお客さんをコツコツと増やしていくことをお店は望んでいるのです。
そのために、新人期間中に稼ぎが少なかったとしても、その分をお店が補てんしてくれるわけです。
極端な話、風俗のお仕事は安定感が薄いために、お客さんがどの程度来てくれるかは、実際にその日になってみないと分かりません。

出勤していても、全く稼げなかったら、気分は滅入ってきますし、辞めたくなる心境にさえなってしまうのことでしょう。
そんなふうに落ち込んで悩む女性が増えてくる可能性が十分にあるのです。
そんなことにならないために、安心して女性がお店とお仕事に愛着を持ってくれて、働けるように日給保証を出しているとのです。
言い換えると、お店で働いてくれたら、毎日数万円の収入は確保できることをPRして、1人でも多くいい子を集めるようにしているわけです。

それでも、誰でももらえるとは限らない日給保証

しかし、日給保証を受けることは、決して簡単なことではありません。
不通に考えても、それなりに高いハードルが設定されていることが少なくありません。
と言うのも、女性の勤務態度や本指名のお客さんの数がかなり影響してくるからです。

女性の中には、日給保証があることで、平気でサボってしまったり、ズルをして手を抜く人がいます。
そんな甘えた女性に対しては、まずは日給保証は約束されずに、毎日真面目に出勤して働いてくれる女の子や、稼ぐために日々努力をしている女性に対して、日給保証を出しています。

日給保証の条件

日給保証を悪用しないためにも、具体的な条件をホテヘル嬢に求めるのが、一般的です。

例えば、
・10日間のうち7日以上出勤
・1日は4時間以上勤務
・入店3か月間の適用
・遅刻・早退・欠勤で取り消し
・月に10本以上の指名
・顔出しOK
このような条件が求められますが、努力しているホテヘル嬢なお店の売りに貢献している人に限り日給保証をしていることがほとんどです。
よく考えてみると、ごく当たり前のルールで、お店からすると、1人も接客できずに利益を生み出していない女性はお店にとってもなんの価値もありません。

日給保証されるためには、お店にとって利益面で貢献してくれる人でなれなければならないのです。
さすがに入店したての女性だと、お店との信頼感関係が構築されているわけではないので、その子がしっかりと真面目に働いてくれるか、将来有望な人なのかなどを見ながら判断していくことになります。
ただ、アイドルのようなルックスだったり、モデルタイプのスタイルを持っている女性は在席しているだけで、お店のPRができるので、日給保証の対象になることもあります。
また、人気が出てきそうな女性や、常連さんが多くてお店に対する貢献度が高い人は、辞められてしまうと大きな痛手となるので、条件提示なしで日記保証をすることもあります。

しかし、これはかなりのレアケースです。

元々風俗で働くこと

しかし、ホテヘル嬢として働く人でも、ことは、自分のペースに合わせて働くことができる自由さもあるかもしれません。
日給保証という縛りがあることで、息苦しい毎日になってしまう可能性もあります。

もし、ホテヘル嬢として頑張れる人ならば、これらの条件とクリアできて、保証制度を気にせずに普通に稼げるはずです。
そのような人は、日給保証があるくらいの気持ちでトライしてみることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました