風俗未経験の人でもできるホテヘルのお仕事

仕事内容

風俗業界でお仕事をするメリットは、昼間のお仕事と比べて、高収入を稼げることです。
そのために、今まで風俗業界の未経験の女性の人にとっては、色々と不安がつきまとうのではないかと思います。
しかし、未経験の女性の人でも安心して働ける仕事として、ホテヘルがあります。

ここでは、ホテヘル嬢のお仕事について説明をしていきます。

ホテヘルはどんな仕事なの?

ホテヘルは「ホテルヘルス」の略語ですが、ソープのようにお店にはプレイルームがなく、近くのラブホテルやレンタルルームに使ってプレイをする風俗です。
女性とホテルに入れるために、お客さんは、恋人のような感覚を味わえる魅力があり、人気が増えています。

ホテヘルの仕事内容は、ファッションヘルスやデリヘルと同じように、ベッドでリップサービスやハンドサービス、素股などをするお仕事です。
ソープのように本番行為はありません。
お客さんはまずホテヘルの店舗へ行き、受付カウンターで女性をパネル写真を見てお好みを選びます。
受付で手続き済ませたら、近くにある提携ホテルやレンタルームに移動してもらいます。

その後にお客さんが入った部屋に女性が入室して、お客さんにヘルスサービスを提供していくことが、ホテヘルの仕事となります。
中には、指定ホテルまでお客さんと一緒に入ることもあります。

ホテヘルの立地

ホテヘルの店舗の多くは、ラブホテル近郊の歓楽街や風俗街に店舗があります。

代表的な繁華街としては、新宿、渋谷、池袋、五反田が有名です。

お店の雰囲気は?

ホテヘル店は、お客さんが訪れる受付カウンターと、女性の待機スペースで構成されています。
特に女性の顔バレ対策のために受付と待機スペースが、別の部屋になっていることも少なくありません。

また、店内は一緒のスペースにあっても、お客さんと女性は出入口が別であったりと、色々と工夫されているケースもあります。

ホテヘルで働くメリット

風俗店のお仕事でホテヘルが良いのは、次のようなことが挙げられます。

不潔な人や泥酔している人は受付カウンターで断る

風俗店には色々なお客さんが訪れますが、変なお客さんや不潔な人がお店を利用しようとした時は、お店の受付の段階でシャットアウトされてしまいます。
そのためにお客さんの待つホテルに行って、ビックリしてしまうという可能性は、ほとんどありません。
また、受付カウンターに来たお客さんの顔をカメラで撮られて、待機室のTVモニターで見ることができますので、知り合いや友人ではないことを確認することができるお店もあります。
このような設備のあるお店ならば、万が一知り合いの人がお客さんとして来店しても、未然に身バレを防ぐことができるのです。

移動時間が比較的短い

店舗はホテル街の中で、かなり近い場所にあります。
そのために、徒歩2、3分程度の移動時間で済んでしまいます。
店舗型のファッションヘルスなどと比べると移動時間は少しありますが、それでも、デリヘルよりは時間的ロスは少なく、効率的にお仕事することができます。

盗撮などの心配がない

ヘルスサービスをする場所は、全てホテルやレンタルルームで行うので、デリヘルのようにお客さんの自宅を伺ってサービスをすることはありません。
そのために、盗撮されてしまうような心配事もなくなります。

ネットで顔出しをしなくても、写真指名が得やすい

一般的な風俗では女性を知る方法は、お店のホームページや写メ日記を確認するしかありません。
そのために、パネル写真では在籍写真に顔をある程度出さないと、指名率が低くなってきます。
ボカシなどの画像加工をしてもらっても、かなり抵抗を感じる女性もいるはずです。
しかし、ホテヘルではお客さんが受付カウンターに来て、そこで写真を見て指名する機会も結構多いので、ホームページに顔を全く出さない女性でも指名されることが多くなります。

ホテヘルで働くデメリット

しかし、ホテヘルにはいいことばかりではありません。
次のようなデメリットがあることも事実です。

働ける時間が限定されることも

夜型の生活をされている人やダブルワークを考えて、夜に稼ぎたい人は、ホテヘルの仕事をする時間が、他の風俗よりも限られてしまいます。

接客の時はお店のスタッフを呼べない

お店の受付の時はともかく、実際にホテルの室内でお客さんとプレイすることになります。
そのために、万が一、何かしらのお客さんとのトラブルが起こってしまった場合は、お店のスタッフを呼んでも、即座に駆けつけてくれることなく、時間がワンテンポ遅くともなってしまいます。

お店の数がそれほど多くない

ホテヘルは受付カウンターだけですが、お店を実際に構えた風俗店を新たに開業することが、現在では大変厳しくなっています。
そのためにお店の数は、今までの既存数から増えることがありません
そのためにお店の選択肢がデリヘルと競べても、かなり狭くなっています。

ホテヘルの仕事の流れ

ホテヘル嬢のお仕事はどのような流れになるのでしょう。
ここでは、最も標準的な60分コースで流れを見ていくことにします。

挨拶とトークタイム(5分~10分)

まず挨拶と自己紹介した後に世間話をしながら、お客さんとの距離感を縮めていきます。
ホテルの部屋に入ったなら、お店に電話で報告。
利用料金をお客さんから現金で預かり、受けタイマーをセットします。
これからお仕事スタートとなります。

ここで、注意することは、お店で渡されお仕事バックの中には、お釣りのお金も用意されているので、お釣りが必要なある場合は使用します。

シャワー(5分前後)

2人ともきれいに歯磨きをしてから、イソジンでうがいをしてもらい、口の中を消毒します。
次に、グリンスの消毒用石鹸水を使いながら、お客さんの脇の下や陰部周りをきれいに洗っていきます。

ベッドでヘルスサービス(30分~40分)

いよいよベッドに移り、本格的なプレイスタートとなります。
但し、内容はお店によって多少異なることがあります。
一般的なホテヘルでは、キス、混浴、全身リップ、フェラ、手コキ、素股などサービスしますが、中には、お客さんの要望でコスプレやバイブ、ソフトSMなどの追加の有料オプションを施すこともあります。

しかし、基本プレイとオプションプレイは、キャスト(ホテヘル嬢)が嫌であれば、事前にお断りする設定も可能。

シャワー(5分前後)

プレイが終わったら、歯磨き以外は最初のシャワーと同じようにします。
プレイが終わった後も衛生面に気をくばりお互いの身体をきれいに洗っていきます。

名刺を渡してお別れ挨拶(5分~10分)

今回指名してくれたお礼を言ってから名刺を渡して、自分の名前を覚えてもらえるようにします。
次に来店された時に指名してもらえるようにお客さんのことを知ることや、自分のことをもっと知ってもらうために、最後の時間を有効に使います。
コース時間が終わりになると、予めセットしていたタイマーが鳴りますので、お客さんにお別れの挨拶をします。

ここでのポイントは、お別れすることを残念そうに見せることです。
そうなると、また指名が入りやすくなります。

待機中の過ごし方

ホテヘルのお仕事では、お客さんから予約が入らない時間は、待機中は何をしていても大丈夫です。

店舗のスタッフとキチンと連絡が取れるようにしておくと、コンビニに買い物をしたり、外出することは問題になりません。

待機室での過ごし方例

待機室では、色々なことができますが、主なものに以下のようなことがあります。
・テレビを見る
・ゲームをする
(設置されているゲーム機や自分のスマホは自分のものを使います)
・雑誌や漫画、本を読む
(お店には、漫画を多数揃えている所もあります)
・お化粧直しをしたりケア。
・女の子どうしで会話や情報交換
・仮眠
・音楽を聴く
・資格取得の勉強する
・友達や彼氏とメールやLINE
・写メ日記を書く

いざお仕事が入ったら

待機中に実際にお客さん指名されると、お呼びがかかります。
指名入りましたよ
と店舗のスタッフからアナウンスが流れます。
もし、眠っていたとしても、ちゃんと起こしてもらえるので、心配ありません。

そして、釣り銭の入った「お仕事バック」をスタッフから預かり、お客さん様の待つホテルやレンタルームに向かいます。

こんな女性にホテヘルのお仕事がおすすめ

数ある風俗業の中で、次のような人がホテヘルは向いています。
・深夜の仕事をしたくない人
・仕事している時は集中して効率良く稼ぎたい人
・指名してくれるお客さんをたくさん作りたい人

ホテヘルの給料目安

ホテヘルのお仕事を始める上で、どの程度の給料が望めるかを知っておくことも必要です。
・バック金額の目安
60分8,000円~11,000円
・ホテヘルの平均給与
日給50,000
(1日6時間勤務の場合)
・月給700,000円
(週3~4日平均の場合)
・給与の傾向
(コース金額40%~60%がバック率)

デリヘルに比べると、お店によってはロングコースが少ないことがあります。
しかし、車による移動がないために、稼ぎにならない移動拘束時間があまりないことが特色的です。
お客さんが多いお店の場合は、とても効率的に稼ぐことができます。

ホテヘル嬢になるための手続き

ホテヘルでお仕事を始めるためには、面接を受けた後に、実際にお店で試しに働いてみて、自分に合っていそうなら、入店してもらう流れになります。
試しに働くことを「体験入店」と言いますが、あくまで「体験」なので、本当に「お試し感覚」で働くことができます。
しかも、給料も働いた分だけちゃんと支払われますし、全額現金日払いが基本です。

ホテヘル嬢になるまでの流れは次の通りです。
応募→面接→体験入店→本入店
(本入店は、体験入店が良かった場合です)
ほとんどの女性は「体験入店は1日」だと思ってすが、お店に言えば「1日だけ」とお願いすれば、1日体験入店も問題なく可能です。

ホテヘル未経験の女性の人は、色々と不安が多いことと思います。
1人目を相手して「無理かな」と感じる前に、事前に「1人だけ相手しみて無理だったら辞めても大丈夫です?」と伝えておくと大丈夫です。
1人目の接客をして、問題なさそうであれば、2人目の接客すればいいです。

もし無理ならば、事前にスタッフに伝えているので、その時点で終わりしてもらえます。
このようにホテヘル嬢の未体験の人でも、気軽に面接を受けて、体験入店してみて考えるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました