ホテヘルでの本指名の価値

コツ

ホテヘルなどの風俗で働いた経験のない女性からすると、「本指名」というものが自分にとってどのくらい大切な仕事の位置付けなのか、その重要性が今一つピンとこないかもしれません。
ホテヘルみたいな風俗では、歓楽街にある受付に男性客か訪れて、自分の好みの女の子を指名して、性的サービスを受けることで満足してくれる。
そんなことをするだけで、いい収入を稼ぐことができるとシンプルに考えている女性の人も少なくないでしょう。

昼間の普通のお仕事と比べて、いい収入をガッツリと稼げるというイメージしかないのでしょうか?
しかし、ホテヘルでしっかりと稼ぐためには、「本指名」がとても大事なのです。

ホテヘルにも色々な指名がある

ホテヘルだけでなく、他の風俗でも働いた経験のない人にとっては、本指名がどの程度、自分にとって重要なものか、その大切さがほとんど分かっていません。

でも、指名があるのかないのかで、かなり収入が違ってきますし、色々なメリットがあるのです。
ただ、その指名にも色々な種類があることを認識しておくことも必要です。
それはできるだけ「本指名」をお客さんにしてもらうようにしてもらわなければならないからです。
本指名をしてくれる男性のお客さんであれば、自分の好みの女性に確実に会いたいために予約を入れるのです。

しかも、余程のことがない限り、自分からキャンセルすることはめったにありません
自ら本指名をしてくるのですから、普通に考えでも、自分で断ることはないはずです。
そのおかげで女性から見ると、確実に安定した収入を手にすることができるようになってきます。
そう考えると「本指名」の位置付けはとても大きいことが分かって来ると思います。

男性客がホテヘルで女性を選ぶ方法としては、初めて受付に訪れて、女性の写真を見て選ぶ「パネル指名」の他に、インターネットからお店のホームページを見て好みの子を指名する「ネット指名」や電話での「本指名」があります。
お客さんからすると、わざわざ店舗に出向いて行かなくても、ネットや電話でできる「ネット指名」や「本指名」が楽なのです。
ここで言う「ネット指名」と「本指名」もお仕事の予約に違いはないのですが、女性にとって「本指名」の方が重要になってきます。
それは、その方が女性へのメリットが多いからです。

本指名はバッグリベートが大きい!

「本指名」とは、以前に男性客がお店に訪れて1回以上、ホテヘル嬢を遊んだことがあり、再び指名するシステムのことを指しています。
一般的に「本指名」は、1,000円~2,000円程度、「本指名料」がかかってきます。
普通の指名よりと、料金が高くなるように設定されているお店もあるほどです。

それでも、男性のお客さんにとっては、初めて来店して選んだに女の子を気に入って、再びその女性とプレイが楽しめると思うなら、次も同じ女性に会いたくなり、接客して欲しいと思います。
そうなると、これが「本指名」につながっていき、女性のとっては大切なリピーターさんとなるわけです。
しかも、この「本指名料」は女性にバックされることになります。
お店によって、その率はマチマチですが、大半のお店では、「本指名料」を100%バックしてくれるようになっています。

本指名の多い女性からすると、レギュラーとして固定の男性客をたくさん持つことができるのですから、その分だけ稼ぎが多くなり、安定した収入を得ることができるようになってきます。
したがって、多くのホテヘル嬢は、フリーのおさんだけでなく、自分を指名してくれるお客さんをいかに多く増やしていくかが、たくさん稼ぐための方法になっていくのです。
ホテヘル嬢の人達は、「本指名」のお客さんを獲得することについて、日々、努力しているといってもいいでしょう。
本指名バックは、一番金額の高い指名バなので、1回の本指名につき、最大2000円程度がその日の給料に加算されていきます。

もし、1日にフリーのお客さんを5人相手にしたとすると、本指名5人分で給料が10,000円も高くなってきますので、どれだけ大きいか分かることと思います。
1ヶ月20日働いたとしたなら、20万円もプラスされることになります。
指名のお客さんが多くなればなるほど、フリーのお客さんも紹介してくれることになるので、ホテヘル嬢としては、ますます稼げることになり、大きな相乗効果を発揮するのです。

本指名最大のメリットとは

「本指名」は色々な魅力がありますが、その中でも、最も大きなメリットは、「自分のことをよく理解してくれて、気に入ってくれてるお客さんという安心感」でしょう。
ホテヘルのお仕事では、日々、様々な色お客さんの相手をします。
ある意味、接客業とも言えるホテヘル業なのですが、出勤する度に初めましてのお客さんでは、どんなに接客に慣れているつもりの女性でま、かなり疲れてしまうことになります。
「今日はお客さんに気に入ってもらえるのかな?」
「嫌なお客さんに当たなければいいんだけど。」
「どんな人が来るのかしら?」
「無理なプレイを要求してこないかな?」
など、初めてのお客さんだと、色々と心配してしまうことになります。

しかし、本指名してくれたお客さんなら、最低でも過去に1度は会った方なので、どんな人なのか特別に気にしたり、心配することはそんなにないでしょう。
これが初めまして相対する男性客だと、自分のことを気に入ってくれるのか、かなり気を揉んでしまうことになるのですが、本指名のお客さんなら、そんなふうにやきもきする心配がありません。
「本指名」してくれたお客さんに対して、心を開いて、お仕事に専念することができます。
どんなお仕事でも言えることですが、男性客の相手をするホテヘル嬢にとっても、安心してお仕事ができることが、風で働く一番大切なことです。

そのようなことからも、「本指名」という仕組みは、ホテヘル嬢にとって、非常な重要なことだと言えるのです。

数多くいるお客さんが自分に本指名をしてくれるためには

風俗店では、ルックスやスタイルなど容姿の良さなど問わずに女性を採用する募お店も数多くあります。
例えば、目が飛び出るようなナイスボディのセクシー美女やルックス抜群の人ではなくても、ぽっちゃり系や熟女系の人でも大丈夫なケースが結構あるものです。

特にこの数年は、特別な巨乳女子ではなくても、人妻さんや熟女系専門のホテヘルもあるくらいです。
今や風俗店は、ホテヘルや他の風俗でも、それだけに多様化しているので、入店できるハードルがかなり低くなっています。
そんな環境を背景にしっかり稼いでいくためには、男性客の好みやハートをしっかりと掴んで離さないテクニックがあるはずです。
美人でなくても、抜群なスタイルでなくても、しっかりと稼ぐチャンスはいくらでもあります。

本指名をもらうため見た目は関係ない?

ホテヘルだけでなく、風俗で仕事をしたいと考えている女性はルックスやスタイルが重要と思っているかもしれません。
確かに、写真などでのパネル指名だとルックスが可愛かったりセクシーな方が、男性客はそちらに気持ちが傾きやすくなるでしょう。
しかし、見た目がいいだけで、次も本指名をしてくれる常連のお客さんとして、リピーターの数を増やして行けるとは言い難い面もあるのです。

では、「本指名」をしてくれるお客さんを作り増やして行くにはどのようなことを心がけるべきなのでしょうか?

お客さんの名前をしっかりと覚えること

男性様の名前を覚えることが、まず「本指名」のお客さんにレベルアップさせる第一歩です。

「たったそんなことで、本指名が取れるようになるのかしら?」と首を傾げる人もいることと思います。
しかし、お店足を運んでくるお客さんの中には普段から異性と会話をすることが苦手で、恋愛ベタな人もいます。
ましてや、女性から名前で呼ばれたり、優しく気さくに声をかけてもらうことさえ、経験の少ない人もお客さんも少なくありません。

そのような男性のお客さんは、自分をまるで恋人のように語りかけられで優しく接して来られたなら、間違いなくホテヘルの子であっても心が真っ直ぐに向いて、夢中になっていくはず
短い時間とはいえ、恋人のように男性に寄り添いながら、優しい行動と暖かい気持ちで、男性客を恋の渦に浸っているようにさせることができるのです。
そうなると、次回も会いたいと思うようになってくるので、男性の人は自分の名前を覚えてくれて呼んでくれることに喜びを感じて、あなたのことを完全にインプットすることになるのです。

自分の得意とする客筋をターゲット化すること

「自分の得意な客筋をターゲット化すること」と言っても、ピンと来ることは少し難しい表現かもしれません。
1つの例を挙げると、ホテヘルにやって来る男性のお客さんは、何らかの希望を持っています。
「女性にトコトン、ベッドの上で責めて欲しい」
「エロいキッスをして欲しい」
「マットプレーをずっと続けて欲しい」様々な要望を抱えて訪れます。
そんな彼らの希望を応えることはとてもいいことなのですが、オールラウンドで対応することは現実的ではありません。
そのために自分の得意なプレイで男性客をメロメロにさせることができる客層をターゲット化するのです。
男性客を、ハードに攻めていくことを得意とする女性なら、ベッドでのプレイが始まった時点で、徹底的に相手を攻めて行くことに専念していきます。

素股プレイを自分のメジャーなテクニックとしている人なら、素股を堪能してもらうようにしっかりと尽くしていきます。
このように自分の得意とするプレイをお客さんに続けて行いくことで、男性客は、「次もあの子から、このプレイで攻めてもらうようにしよう。」
「他の子ではなく、あの子から奉仕してもらいたい。」
と考えるお客さんが増えてくるのです。
ここまで来れば、自分の得意とするプレイテクニックにマッチしたお客さんをしっかりと掴まえることができます。
特にお店のホームページに自己紹介や得意プレーを記載しておくと、ホームページを見た男性客の中には、その得意プレイで攻められたいと思う人が出てきます。

そして、そんなことを望むお客さんが次第に集まってくることになります。

接客中にお客さんのハートを掴むことが大切

接客している間に、にどれだけのお客さんのハートを射止めるかも「本指名」の常連客を増やしていく重要なポイントになってきます。
外見的なルックスの良さだけではでは本指名ももらえることはありません。

逆に言えば、外見は普通のレベルでも、接客のやり方次第でお客さんの心を掴むことも可能です。
したがって、接客している間は、相手が最大に満足してくれるようにしなくてはなりません。
そのことで、「本指名」がたくさん取れる可能性が出て来るのです。
これは風俗のお仕事だけでなく、他のどんなお仕事でも同じことで、大きな差はありません。

仕事のサービスの中身が異なるだけで、新しいお客さんが来たなら、リピーターになってくれるように尽くして固定のお役さん作りに頑張りましょう、

現実シーンとお店の区別をしっかりさせること

風俗店は男性客にとって、ある意味ドリーミーな世界かもしれません。
お金を払って、女性の人に時間内で色々なサービスをしてもらうのですから、このようなお店の特性を女性は理解しておかなければなりません。

それだめに「本指名」を獲得していくのはかなり難しいとも言えると思います。
男性のお客さんの中には、風俗店で遊びに来ているのですが、お店の外で何とか接点を作ろうと願っている人もいるからです。
そのようなお客さんをどのようにホテヘルという世界に持っていくがポイントになってきます。
そのためには、お客さんのアプローチをいかにかわすことができるテクニックや技を体得していくことも、ホテヘル嬢としての器を磨いて大きくしてくことになっていきます。

もし、電話番号やメールアドレスなどの連絡先を聞かれた時や外デートをしたい希望されら時は、どのように現実の世界から甘い風俗の夢に気持ちを切替させることができるかが重要になってきます。
お客さんの気持ちを害することなくスルーできるかが、大きな転換ポイントになるでしょう。
ここで注意しなくてはならないことは、「愛しているよ」、「大好きよ」といった言葉を使わないようにすることです。
このような言葉使うと、男性客はに「本当に好きなんだな」と勘違いをして本気モードになってしまうからです。

お客さんにかける言葉は、あくまでッビジネスライクではあるものの、「今日は気持ちよくしてあげるね、うんとサービスするから。」と少し距離を置きながら、現実と嫁の世界の区別をやんわりとお客さんに分かってもらうようにすることです。

まずは挨拶!

また、初対面のお客さんでも常連のお客さんでも、しっかりと挨拶することが大切です、自分のお店での名前を名乗って「よろしくお願いします」と言うだけでは、あなたのことを覚えてくれることがありません。
自分の名前はしっかりアピールしておくことで、初対面のお役さんもリピーターになってくれます。
特に始めのうちは、サラッと名乗っておくといいでしょう。

笑顔を出してしっかりと相手の目を見て会話する

女性から笑顔を向けられたら、どんなお客さんでも、嬉しくなるものです。
これは恋人に合っているのような気持ちで応対することがポイントですが、ちょっとでも暗い顔を見せないように注意しなくてはなりません。

お客さんと距離は近くする

ホテヘルではお客さんと肌と肌が触れ合う機会が自然と多くなってきます。

ベッドプレイの時だけ肌を触れて、その他の時間は離れた所にいることはしてはなりません。
お客さんから見れば、プレイをするだけはホテルのお仕事ではないからです。
男性のお客さんたちは、日常の生活では体験することっができない癒しを求めてやってくるのですから。
そのため、部屋に入る時から部屋を出て行くまでは、お客さんをピッタリと近くにいることを心がけましょう逆にベタベタし過ぎると「わざとらしい」と思われて可能性もあるので、軽く体を触ってみたり、手をつなぐなことで、自分の雰囲気をお客さんに伝えると相手も喜んでくれます。

ホテヘルで遊びたいお客さんは、女性を嫌いな穂とはいないはずですから、距離を近くに持っていくことことはとても効果が大きいのです。

キスはたくさん

キスは男性のお客さんの心を使む効果的ナテクニックの1つです。
キスを嫌がるホテヘル嬢は接待に指名しないと思われるくらいに効果のあるテクニックです。

恋人感覚で接客する場合にも、キスは強力な武器となってきます。
甘くも激しいディープキスや、さわやかな恋人同士みたいなキスでも、お客さんの心を掴むことになります。
特にキスの方法も重要で、お客さんにキスを求められてからするのでは、恋人感覚が薄れてしまいますので、積極的にキスをしましょう。
自分から抱きついて背中に手を回すことでさらにムードが高まっていきます。

サービスをする時は手を抜かずに徹底的に

ホテヘルの場合は、お仕事の内容からして、普通のお仕事よりも疲れやすくなる傾向があります。
しかし、疲れているからと言って、手を抜いて、サービスをおろそかにすると、その気持ちや姿勢がお客さんにも伝わってしまいます。
そうすると、今まで「本指名」をしてくれたお客さんも離れている可能性があります。

とは言うものの、常連で顔見知りのお客さんの中には、ある程度、手を抜いても問題ないような人もいるので、手を場面と頑張る場面とメリハリを付けることも必要でしょう。
もちろん、頑張らなければならないお客さんは、次回の本指名につながっていきますので、相手を気遣ったり、しっかりとサービスをすることは忘れてはなりません。

やってはダメなこと

「本指名」のお客さんを増やすためには、逆に次のようなことをやらないようにしなくてはなりません。

お客さんを拒絶したり否定すること

ちょっとしはことですが、何気なく近寄ってきたお客さんを無意識に避けてしまったり、顔を背けてしまうことがありますが、このような行動は絶対にやってはいけないことです。
せっかくの甘いムードで過ごしていたのに、たったそれだけの行動で、台無しになってしまいます。
プレイ後のト-クやプレイ前の会話でで、お客さんの言っていることが完全否定したりすることもよくありません。
NGなオプションプレイをを求められたり、禁止事項をを求められることが断っても問題ありませんが、それでも
ソフトに否定することを心がけましょう。
それでもしつこいお役さんは、お店にヘルプを求めることです。

接客を終えた瞬間に普通に戻ること

「ありがとうございました」や「いらっしゃいませ」を事務的に言ってしまうことも、他人行儀に感じしまうので、タブーです。
親しそうな感覚で恋人を迎えたり送り出していくような気持ちで接することがベストです。
「よく来てくれてありがとう!」、「またね」などということも効果的です。

「好き」というセリフを使わない

思わずやってしまいそうなこすが、お客さんに「好きだ」と言ってしまうことです。
そうなると、お客さんが本気になってしてしまいます。
「本指名」は増えてくるでしょうが、場合によっては泥沼になっていく可能性もあるので禁句です、また、これはお客さんを騙すことにもなるので、あまり多用すると、悪い評判が広がってしまいかねません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました