生理になると、ホテヘル嬢としては働けない?

待遇

女性の人は、周期的に生理が来てしまうものです。
ホテヘルなどの風俗店でお仕事している女の子にとっては、生理になっているの時はどうしているのでしょうか?
風俗業でも生理中でも働くことができるエステ系などの業種もありますが、ホテヘルのようなような仕事やソープランドの仕事はどうなのでしょうか?

ここでは、そんな女性の一番気になる生理休暇ワークスタイルなども含めて見て行くことにします。
生理中でも、何とかお仕事ができるためのグッズも紹介していきます。

女性にとって「生理」は避けられない

毎月やってくる「生理」は、働き方に大きな影響を与えてしまいます

この現状は人によってそれぞれの個人差はありますが、いつも生理が重たい人にとっては、ホテヘルなどの風俗のお仕事は休んで、体の調子を整えておきたいところでしょう。
しかし、中には生理で体の具合が悪くならずに大きな影響が出ないために、「生理中でも普段と変わらず働いて稼ぎたい。
と思っている女性も少なくありません。

こんなふうに生理で休みたい女性の人もいれば、生理になっても普段通りに働けるお仕事を探している女性がいたり、生理になるとちょっと気が引けるけど、それでも何とか働きたいという人もいて、それぞれに思惑があるのです。
でも、そんな様々な女性の人達に対して、色々な対策や便利なグッズがあるのです。

風俗のお店では、ホテヘルだけでなく、他のお店も生理休暇はちゃんとある!

女性の人であれば、誰でも生理中は辛くて何もしたくなるものです。

そんな心配をホテヘル嬢として頑張っている人も多きな悩みになるはずですが、そんな心配をする必要はありません。
風俗店では、女の子が生理になると、しっかり休暇を与えてくれるからです。
元々、生理に関しては、生理中の女性が体が重たくなったり、激しい痛みから、あまりにも辛すぎて仕事ができなくなる時に、ホテヘル店で働かせてはいけないように法律が用意されているのです。
これはホテヘルだけでなく、全ての風俗業で言えることです。

「生理が急に来ちゃって、すごく辛いです。仕事か思うようにできそうもないので、お休みさせてください」
ということをお店に伝えれば、キチンと休ませてくれるわけです。
ただ、いくら法的に認めてられている権利であっても、このことについてはお店の面接を受ける時に、念のために確認しておく必要があります。

お店の中には、生理中の時も働けるかどうか確認してくるお店もごく僅かながら存在しています。
このように特異なケースもあるので、面接時点でなくとも、本入店後であっても必要に応じて「生理の時は働きたくありません」
と明確に意思表示をしておくことが大切です。
生理中は体の免疫力がとても低価格している時期なので、ホテヘルの仕事で、シャワーを使うことがない風俗店では、働く場合はこのようなケースでは、かなり神経質になっていきます。

衛生面ですごく心配になることになるので、やはり面接の時に確認しておきたいポイントです。
しかし、ホテヘルのお仕事は昼間の仕事と異なり、出勤時間にかなりの自由度があります。
自由出勤制のお店が大半なので、週1回勤務であったり、自分の中の好きなタイミングで出勤しても問題のない環境が整っています。
こんな自由な出勤形態を取っているので、もし週1日でも出ることが難しい場合は、穴埋め的に翌週にまとめてカバーするように集中力して出勤することもできます。

生理中でも働いて稼ぎたいという女の子が取る方法

生理中に体調を崩してしまう女性が多い中で、全く問題のない女性もいます。
そんな女性の人は、生理の時にどうしているのかと言えば、生理中でも働く方法や便利なグッズがあるのです。
「生理中でも体は何ともないので、働いて稼ぎたいの。」
というような女性は結構多いのものです。
そのために、生理中でもホテヘルのお仕事を普通にやって、お客さんをたくさん受け入れているから驚きです。
このような女性の人は、体調に全く問題がないので頑張ることができるですが、体の免疫力が落ちている時なので、自覚症状がなくても、それなり注意が必要なことを忘れてはいけません。

生理中でもおりものが出て来ることはさけられないのですが、この時に威力を発揮する便利グッズがあるのです。
それは「海綿」というスポンジを女の子のアソコの中に入れて、おりものの逆流を抑えることができるシロモノです。
この海綿を使うことで風俗のお仕事が問題なくできるようになるわけです。
ホテヘルのように服を脱いでお客さんに接客するタイプの仕事であれば、ナプキンやタンポンを使うことができません。

そのために生理になった時にこの海綿を使うのです。
「海綿」とは「海に生息する生き物を材質としたスポンジのこと」で、アミノ酸とコラーゲンからできているために体には、すごく優しい素材です。
そのように使うのかと言うと、海綿をピンポン玉程度の大きさにカットして、それを水で濡らします。
そして、固く絞った後に膣の奥に入れていきます。

中に入れると、小さかった海綿が元の大きさに戻るので、これで経血を吸い取ってくれるという機能を発揮してくれます。
海綿を出す時はシャワーのノズルを外して、あふれ出るお湯を勢いよく。
膣の中に入れていきます
すると、水を吸って重たくなった海綿が次第に下に降りてくるので、後はそれをつまみ出すだけです。

海綿はタンポンのような紐が出てくることがないので、お客さんには、整理中でお仕事をしているとは、気づかることがほとんどありません。
しかし、指入れをされてしまうとすぐにバレてしまう可能性があるので、生理中はお店に頼んで指入れを断るようにお客さんに伝えることが必要です。

海綿を使用する時の注意点は?

海綿の大きさは、あまり大きくしていくと、後から取り出しのに苦労しまてしまいますが、逆に小さすぎるとおりものをしかりとガードすることができなくなってしまいます。

その結果、染み出してくるので、サイズを程よく決めるように気を付ける必要があります。
また、、あまりずっと長い時間、入れぱなしにしておくと、臭いも出てくるので、お客さんの接客が終わる度にこまめに取り換えるように心がけることです。
海綿は洗って再び利用することもできますが、衛生面では不潔になる可能性もありので、できるdかけ使い捨てで利用するようにすることが基本です。
海綿を利用することに慣れない間は、取り出せなくなるハプニングもよく起こりますので、決して他人事ではありません。

店長やスタッフ、あるいは同じホテヘル嬢の仲間にお願いすると、取り出してくれますが、どうしても恥ずかしい気持ちになってしまうものです。
そのような時は素直に産婦人科に行って処置してもらうようにしましょう。

膣内洗浄用の精製水を使う方法もある

また、便利グッズの中には、海綿の他に「プチシャワー・セペ」という膣内洗浄用の精製水もあります。

これはホテヘル嬢だけでなく、他の風俗嬢でもよくしっているものですが、風俗勤務の女性であれな、生理中のおりものがダラダラと何日間も続いて悩まされている時に、生理の終わりかけの2~3日で使うことを色々な所ですすめられているものです。
生理の終わりかけになりと、普通の経血より残っていた血が少しずつ出ている状態となるので、これを精製水のセペで洗い流してしまうのです。
但し、生理が始まったばかりのタイミングでは、使っても全く意味がありませんので、ダラダラと出血が止まらない時に利用するグッズです。
尚、あまり使い過ぎると、膣内の必要ないい菌まで流してしまい、あまりよくありません。

したがって、定められた使用量を守って自己責任の下で使うようにしましょう

どんなに生理中で稼ぎたい気持ちがあっても海綿を使ってまで働くのは不安という人に

いくら便利な海綿があったとしても生理中だけはちょっとやりたくないという女性の人は、この間だけ、ホテヘルとは違うお店で働くという選択肢もあります。
風俗業にはホテヘルだけはなく、色々な業種がたくさんあります。

風俗の種類としては、ホテヘル・デリヘル・箱ヘルなどのヘルス系風俗がある他に、最も高い収入を稼ぐことができるソープがあります。
しかし、これらのお仕事は、生理になっている期間中に働きたいと思えば、海綿を膣の中に詰め込んで荻事をすることになりますが、そこまではしたくても、安心して働くことができる風俗店も結構あるのです。
それは、オナクラや性感エステ、M性感といったソフトサービス系の風俗店です。
これらのお店の大半は、全裸になるどころか、パンティーも脱ぐ必要がありません

またお客さんから女性の体を自由にボディタッチすることが禁止されているので、指入れやクンニなども全くありません。
男性のオナニーを見て最後に射精のサポートするオナクラやマッサージして最後に射精のエスコートする手でするエステ、男性を優しく虐めてあげるようなM性感風俗。
このような風俗店であれば、いくら生理中であっても、心配することがないのです。
このようなお店で働いている女性の多くは、お仕事中にタンポンを使っていますす。

但し、Tバック着用を売りにしているようなお店だったり、顔面騎乗でお客さんの顔の上に座るプレイをメニューニあるお店は、ちょっと厳しいので避ける必要があります。
特に生理の経血は空気に触れることで、臭いがきつくなってしまうので、長い時間、接客するような場合は、風俗のお仕事をするならタンポンが使えることを前提に考えておくといいでしょう。
今のタンポンはアプリケーターという入れ物の中に入っていますのて、自分で指を膣の中に挿入しなくても、簡単に使ることができるようになっています。

1度試してみると、いざという気に焦らずに済みますので、。
是非、練習してみることをおすすめします。
このようなソフトサービス系風俗店では、生理期間中だけでなくでも、普段からお仕事をするのができるので、ホテヘルと併せて、身体の負担が重たいと感じた時には、長時間出勤できる勤務で、ホテヘル嬢をお休みしている時でも、穴埋めをカバーすることもできるでしょう。
収入を考える時には、1人当りの接客でのお給料バックや日給を意識してしまいますが、ここで大事なことは、トータル的にどの程度稼げるかということです。

1か月や半年と長い期間で見た場合には、単価は少し下がったとしても、たくさん出勤回数をキープできるソフトサービス系のお店にも在籍してい方が全体的に稼げこともあるのです。

生理なったなら、素直に休むことも必要

.「生理になったので、終わったら出勤させてもらいます。」
このようにホテヘル嬢だけでなく、他の風俗嬢も生理になると。
1週間ほどは休暇をもらうようにしています。
この間は確かに給料を稼ぐことができないのですが、実はこれはとても大切なことなのです。
ホテヘル業は身体をかなり酷使するお仕事なので、生理中はできるだけ身体や心を休ませることはできる絶好のタイミングなのです。

一生懸命働いている中で、ゆっくりと休憩を取る期間でもあり。
連続出勤ばかりでは、体が休まることはありません。
中には、意図的に生理を止めてまでして、出勤して頑張る女性もいます。
ピルを使って人工的に生理を止めているのですが、このピは生理の周期を正しく把握するためであったり、妊娠を防ぐため、もしくは生理痛を軽くするため薬です。

このような使用目的が本来の使い方なのですが、風俗店で働いている女性の中には、半年近くも生理を止めてる人がいるから驚きです。
半年も生理を止めておいて、「本当に大丈夫から?」と心配してしまうのですが、体は火照たり、浮腫が出てきたり」。
顔色もかなり悪くなってしまうこともあります。

そんなことまでやって仕事をしていることをスタッフや店長も全く気付いていないことさえあるのです。
こんなことをしている女性は、休んでいる間に他のホテヘル嬢に常連さんを取られてしまうかもしれないと心配になるのです。
たかが1週間のことと思うかもしれませんが、その空白の1週間がとても不安になることで、こんなに頑張ってしまうのです。
ハングリー精神、ライバル精神旺盛のバリバリのビジネスマンであったなら、素晴らしい姿勢ですが、そこまでして仕事するか疑問です。

ピルを正しく使えば、とってもいい薬なのですが、半年も生理を止める程にまで身体を酷使すると何れは悲鳴をあげてしまいます。
女性の体はとてもデリケートなので、定期的にキチンと出すもの出さないと大変なことになってしまいます。
最悪の場合、妊娠さえできなくなるリスクも出てきます。
ここまで自分を追い込むようなホテヘル嬢の人は、自分の考えを見つめ直して生理は毎月出すようにするべきです。

このようなやり方は不要な出血で、体に良くありません。
どうせ出勤したいのならば、やはり海綿を使うことです。
前でも説明したように、海綿はドラッグストアに売っていますし、乾燥しているので、ピンポン玉位にカットして。
湿らせて絞った後に膣内に指で押し込んで使います。

しかし、これも結局は気休めでしかすぎません。
タンポンのように紐はなかったり、お客さんから指入れで無理に突っ込まれたりしたら、すぐに分かってしまいます。
ここで、バレたりしたら
「あすみません。生理来ちゃいました。」
とごまかすしかありませんね。
男性のお役さんは、意外に血を見ることが苦手な人が多かったりしますし、生理と分かったら、ストレートに嫌な顔をする人もいます。

ホテヘルのお仕事だと、生理中であっても海綿を入れておけば、何とか仕事はできますが、お客さんからしてみたら、ホテヘルといっても、触りたくなりますし、アソコだっで舐めたくなるはずです。
できれば、そのまま女性を昇天させたいと思う人もいます。
海綿の処理は、たくさん吸った経血で下に降りてきて取り出すことができますが、出すことにク亮することもあります。
シャワーを膣内に入れて、お湯を吸って膨張して取れなくなることはまずありませんが、ここまで焦って苦労しなくても、体は素直にな生理になった時は、ゆっくりと休養した方がいいでしょう。

ホテヘル嬢は完全な肉体労働なので、生理期間中でも、できるエステなどのバイト掛け持ちで行うのも賢い選択です。
体が大変な時なので、自分のためにも、お客さんのためにも、そしてお店のためにあまり無理せずに休憩しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました