ホテヘルを辞めること

待遇

風俗でホテヘルのお仕事をされている中には、今からでもすぐに辞めたいと思っている女性の方かいらっしゃいます。
そんなにホテヘルを辞めようと思えば、すぐに辞めることは簡単です。
そう自分が働きたくないと思ったなら、すぐに辞めることができるのも、ホテヘルだけでなく、風俗全体で言えることです。

しかし、ここで最も大切なことは、ホテヘルの仕事を辞めた後に、どのようにするかということです。
具体的には、次のお仕事が決まっているかということです。
また、風俗業のお仕事は、かなりの収入を稼げるので、昼間のお仕事で収入が減っても、生活レベルを落としたり、貯蓄も含めて、妥協できるかということも考えなければなりません。
もしかすると、今にでもすぐに辞めたいと思っていても、色々な理由で辞めることが難しいという女性の方もいらっしゃっるかと思います。

今回は、ホテヘルのお仕事を辞めることについて、考えてみたいと思います。

ホテヘルの仕事を風俗を辞めたい思いとは?その理由を見ると

ホテヘル嬢お仕事をされている女性の人達の理由を探って行くと、最終的な理由は、「お金」でしょう。

ホテヘルだけでなく、風俗のお仕事は、高い給料を稼げるので、昼間のお仕事と比べて、何倍ものお金を得ることができます。
貯金することを目標にしていたり、借金を返済するために、まとまったお金を必要とする女性のとっては、手っ取り早いお仕事のはずです。
ホテヘルで働いている人の中には、そんな他人が大いにいるはずなのです。
しかし、彼女達がそんな風俗のお仕事をあえて辞めたくなる理由は、どんな所にあるのでしょうか?

ホテヘルのお仕事をリタイアする理由とは?

どんなお仕事でも辞める理由の中で、思い浮かべるのが、人間関係のトラブルでしょう。
これは、昼間のお仕事でも、アルバイトでも、上位に挙げられる理由です。
あるいは、風俗そのものが嫌になったからという理由もあります。

しかし、一番に挙げられる理由は、「思ったほど稼げない」ということだったのです。
「それなりに頑張っているけれども、稼げないの」
こんなふうに悩んで辞めてしまう女性が結構いらっしゃるのです。
どんなに辛くて嫌なことがあったとしても、心身共に疲れお仕事でも、人は収入が高いとかなり頑張れるものです。

もし、収入のことで思ったよりは稼げていないと思っているなら、その気持ちはちょっとだけ心の奥にしまっておき、じっくりと考えてみてましょう。
これまでのホテヘルでお仕事をしている間に十分に貯金ができたのか?
借金は返済することができたのか?
もし、そうでないのであれば、ホテヘルをスタートし始めた時の悩みを、まだ解決しないままでいることになります。

今のお仕事を辞めることは、いつでもできるのですから、もう少し頑張ってみてはいかかでしょうか?
そう辞めるにも目標と計画を立てて辞めるようにした方がいいと思います。

ホテヘルのお仕事で心と体が病んで辞めたくなる

ホテヘルだけでなく、風俗のお仕事は、心と体を削る仕事かもしれません。

1ケ月の間であまりお休みできずに出勤し過ぎることとあります。
1日8時間はおろか12時間近く働くことで疲れてしまう女性もいます。
いわゆる「働き過ぎ」ですが、自分では「心が疲れている」という感じがしなくても、疲れ次第に蓄積されていき、辞めてしまいたくなるのです。
そんな時は、しっかりを休んで元気を養うようにすることです。

もし、お仕事が終わり帰宅しても、中々寝れなかったり、何も食べることができない時は精神的にも体力的にも病み始めと思ってもいいでしょう。
1人でゆっくりと過ごせる時間を作ることが必要です。

稼げないのは今のお店が合っていない?

辞めたい理由の中には、お店との相性が合わないということもあります。

自分にマッチしたお店を選ぶと、今まで全く稼ていないことが嘘のように思えてしまうことがあります。
「これまでのことは、一体、何だったんだろう?」
と思うくらいに楽に給料を上げることができることがあります。

そのために自分が納得できるお仕事をするためには、お店選びもとても大切なことです。
このように考えると、もう一度マッチしたお店を探して、今より稼げるようになり、早く目標達成して風俗業を卒業することができるかもしれません。

それでもどうしても辞めたいと思った時

それでも、どうしても辞めたいと思ったなら、無理せずにしばらくお休みすることもありです。

ホテヘルのお仕事は、いつでも始めることができて、簡単に辞めることもできるからです。
但し、お店によってマチマチですが、2週間前から辞めたいという考えを伝えておくと、思ったよりスムーズに辞めることができます。
これが
「もう今からすぐに辞めたい」
「明日に辞めたいです」
というように急に意思表示することは、社会人として非常識なことです。
社会の中でお仕事をするだけでなく、生活をしていく上でも最低限のマナーと理解するしておくべきです。
たとえ、風俗のお仕事だという理由であっても、マナーを無視して急に去っていく人は、どんなお店ともトラブルを起こして、社会の中でもお仕事をすることができません。

確かに風俗業はすぐに初めていつでも辞めることができますが、働くことも人達と関わりを持つことも同じです。
世の中で生きていくためには、人とのコミュニケーションが必要ですし、そのためには、人としての魅力を磨いて行かなければなりません。
自分自身人生のために、そんな当たり前のことができるようにしておくことが必要です。

辞めたいけれど、中々辞められないホテヘル

中には、ホテヘルのお仕事を辞めたくても、中々辞められずに悩みながら、そのままの仕事を続けている女性もいらっしゃいます。
彼女達が辞められない理由のしては、次のお仕事が見つからないからということがあります。
それは「昼間の普通の仕事が見つからない」、「決まらない」ということです。
特に、ずっと風俗だけで長い間働いていた人は、昼間の一般職として次のお仕事を見つけることは、かなりなことでしょう。

普通に昼間の仕事でも転職する場合は、それまでやってい同じ業界で転職したり、全く異なる職種で苦労することは、よく耳にすることです。
しかも、風俗の仕事から、一般職に移ると、収入がドンと一気に下がっていきます。
人が働く目的は、どんなに言ってもお金を稼ぐことなので、大幅に収入が下がって行くと、それだけ働くモチベーションも下がっていきます。
風俗レベルの収入を維持したいと思っても中々それに見合うような仕事を見つけることは大変です。

そんなことから、一般の仕事に戻ることができないという不安からズルズルと嫌な気持ちのままで風俗を続けてしまうのです。
風俗業から抜け出せても、結局ほとんどの人がホテヘルや他の風俗に戻ってきます。
一気に辞めたくても、一般の仕事に変わることは、かなり難しい場合が少なくありません。
それなら、ホテヘル嬢と他の仕事を並行させながら、少しずつ昼間の仕事の経験を積んで行くようにしてしてみてはいかかでしょうか?

風俗で頑張って稼いで貯金をして、その資金で学校へ行き直して資格を取ったり、専門知識を習得するのです。
あるいは、理想の彼氏を見つけて、最高の恋愛をすることもいいでしょう。

お店に引き止められて辞められない

ホテヘル嬢を辞めることは簡単にできると言いましたが、中にはお店から引き止めらてしまうこともあります。

引き止められるとは言っても、決して脅迫されたり強制力があるわけではないので、心配する必要はありません。
お店のスタッフが、ソフトなアプローチで、やんわりと言ってくるのです。
そんなやり方がお店の基本スタンスです。
そんなやんわりのしたお店からの引き止め工作としては次のような言われ方があります。

女の子「お金が貯まったので、辞めさせてください。」
お店「後1ヶ月頑張ってみない?」
女の子「親にバレそうなので辞めます。」
お店「シフトを減らしてあげるし、働く時間も変更できるようにするから、親には怪しまれないようにしましょう。」
女の子「結婚するので辞めます。」
お店「ご主人には、昼間の仕事のようにシフト変更しますよ。」

こんな感じでのアプローチが考えられます。
ても、いつ辞めてもトラブルにはならないので心配はないということから、軽いノリで、引き止めようとするのが、ホテヘルや他の風俗業界で普通のことなのです。
ある意味、お店側ときちんと理由を聞いて、解決できるトラブルであれば、その悩みを解決してあげようと対策をを考えてくれます。
みんなの勤務スケジュールをやりくりして、何とかシフトを減らしてみたり、できるだけ長く働いてもらえるような配慮を考えるのが、店舗スタッフの仕事なのです。

それでも、辞める気持ちがしっかりとしているならば、引き止めは単なる挨拶程度のようなレベルだと受け止めて、きちんと辞めると伝えることです。
そこまできちんとケジメをつけることができれば、トラブルの心配はしなくて大丈夫でしょう。

スムーズに辞められる言い方

ホテヘルのお仕事を辞めたい理由は人よって様々ありますが、引き止められたくなかったり、必ず絶辞めると思うのであれば、次のような理由で押していくといいと思います。

それは、両親にバレたり、彼氏に知られてしまったということです。
しかも、曖昧なことを言うのではなく、完全にバレてしまったと言うことがポイントです。
さすがにお店から家族や彼氏にコンタクトするわけにはいきません。
また、貯金と目標まで届いたので、これ以上働くことがないという理由も効果的です。

ホテヘルや他の風俗で働く目的は、何と言っても、お金を稼ぐことです。
そのことは、お店も十分に理解しているのですから、強く引き止めることはできませんし、もし止められてもキッパリと断ることです。

ホテヘルのお仕事を辞める時に絶対にしてはいけないことがある!

ホテヘル嬢として働くのは、まとまったお金を欲しいからということは、何度も述べてきたことですが、今のお店を辞めるにしても、絶対にやってはならないことがあります。

それは「飛ぶこと」です。
「飛ぶ」とは、他のお店に今のお店のスタッフやオーナー、店長に何の断りもなく黙って辞めてしまい「移籍」することです。
この「飛ぶこと」だけは避けるべきです。
何の連絡もせずに急にお店を無断欠勤するだけでなく、電話にも出ないし、そのままお店に出て来なくなるのです。

これだせでも、それまで一緒に働いていたお店のスタッフや店長にとっても、大変失礼なことです。
もしかすると、あなたが希望していたお給料や労働条件のレベルには程遠かったかもしれません。
しかし、それでもお店のスタッフの人達は、あなたのために一生懸命サポートしてくれて働いてくれたはずです。
その好意を無視して勝手に「飛ぶ」ようなことは、人としてのマナー違反と言えます。

そんなわがままをしておきながら、また前のお店に戻りたいと思う人も少なくありません。
しかし、勝手に飛んでお店を辞めておきながら、出戻りするなんて中々言えるものでもありません。
中には、飛んだ女性が出戻りしても受け入れてくれるるお店もありますが、飛んだ時のスタッフが残っていれば、感情的なしこりは残ったままです。
よくあるのは、新しいお店に移籍したものの、飛んだお店の方がお給料が良かったというこです。

そんなことにならないためにも、辞める時はキチンと理由を告げて終わることです。

ホテヘルのお仕事を辞める前に

ホテヘルのお仕事を辞めたいという悩みを持っている人は、昼間のお仕事をされている人から見ると、その悩みは中々理解することができないことかもしれません。
社会でハッピーな人生をエンジョイするためには、やはりそれなりにお金が必要になることは間違いありません。

お金をある程度は貯めておかないと、普通に生活することも難しくなりますし、楽しく自分の好きなこともできません。
同じように時間を使って働いてお金を稼ぐのであれば、効率のいい仕事を見つけて、貯金できることも賢い考え方のはずです。
そのように考えると、ホテヘルのお仕事を辞めてしまう前に、少し冷静になって、計画的な働き方、お金の貯め方などを整理して、もう1度考えてみましょう。
ホテヘルのお仕事はいつでも辞めることができるのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました