ホテヘル嬢で会話の苦手を克服するためには

お悩み

ホテヘルのお仕事をしている環境では、ホテルの部屋でお客さんと2人きりになることは当然のこと。
しかし、初めて会う男性のお客さんと、ゆっくりと長い時間、マンツーマンで相対するのですから、普通のお仕事ではそんな機会は中々ありません。
ましてや、お客さんの多くは、ホテヘル嬢より、かなり年齢が異なるケースも少なくないので、話題の共通点が全く思い出せずに、戸惑ってしまうことがあるかと思います。

何となく気まずい空気にならずに相手に気に入ってもらうために、風俗のお仕事ではスムーズに楽しい会話ができることも大切なのです。
ホテヘル嬢でこれから頑張ろうとしている人は、お客さんとの会話に対して抵抗感はないでしょうか?
「私、初めての男性とはどんなトークをすればいいのか分かりません。」

そんなふうに泣きそうに思った人や、人見知りの性格で口下手の女性の人も、これから説明するテクニックを身に付けることで、会話をすることが楽しいひとときに変えて行くことができます。

実はお客さんも会話で悩んでいる

ホテヘルのお仕事なだけでなく、風俗業全てにおいて、会話はとても重要なスキルです。
これは紛れもない事実なのですが、バリバリの優秀なキャリアウーマンのプレゼンのように流暢にスラスラと話をする必要はありません。

ましてや、コメディアンのように面白さを交える必要もありません。
ホテヘルも接客のメインは性的サービスなので、そんなに見事にトークする必要はないのです。
だから、会話が苦手だからと言って、尻込みすることはしなくてもいいです。
もっと気楽に構えてください。

実はお客さんの方も、かなり緊張していることが多いのです。
彼らも本当は楽しくトークを盛り上げたいと思っているのですが、何から話していいのか、心の中では戸惑っていることも少なくありません。
それだけ困っていることがあります。
とは言うものな、女の子に

「何から話をすればいいのか、分からず困ってる」
そんなことをかあっけらかんと言える訳でもありません。
その結果、男性のお客さんのほとんどが沈黙したままになるのです。
そう、男性の習性と言うか心理として、都合が悪くなってくると黙り込むのです。

明るくオープンキャラの男性と比べてみると、クールっぽい人か多い感じがします。
悪く言えばノリが良くないとも言えますが。
でも、クールに装っているようで、実は緊張しているケースも結構あったりします。
したがって、こんな時はホテヘル嬢のあなたの方から話しかけてみると、それをきっかけにかなり砕けてくる可能性が大きいのです。

何気ない世間話やお天気の話題で緊張した気持ちを解きほぐして行くといいかもしれません。

ぎこちない雰囲気から楽しい会話始めるために

笑顔か最高の会話術

緊張した雰囲気から、スムーズに会話を始めるためには、まずホテヘル嬢である女性の方から話しかけることが必要です。

そして、お客さんが話しやすい雰囲気を作ることも心がけましょう。
そのためには、始めはお客さんと相対したなら、必ず笑顔で挨拶することです。
これは会話を盛り上げるための絶対条件です。
笑顔は、色々と言葉を並べ立てるよりも、効果のある会話術です。

しかも、お客さんに笑顔で見つめながら、相手の話に相槌を打つことで、お客さんの持つ印象がグンと上がります。
信じられないような話ですが、それだけ強力なパワーがあります。
逆に言えば、無表情な顔や中途半端な微妙な笑顔はタブーです。
「ご機嫌を損ねてしまったかな。」
「嫌われているみたいだな。」
とお客さんもテンションが下がってしまい、遂にはキレられしまう可能性もあります。

笑顔を作るということは、簡単そうで意外と難しいものです。
自分で思っているより、表情を自由に作ること、動かすことができないので、いい笑顔をするなら、思い切り笑っていく必要があります。
ちょっとした浅い笑いだったなら、お客さんを小バカにしたように思われる可能性があるので、むしろ心象が悪くなるだけです。
そんな微妙な笑顔は、絶対に止めることです。

挨拶は会話を始めるための基本中の基本

また、笑顔と同じくらいに大切なのが、挨拶です。
ホテヘルのお仕事は、ある意味、究極の接客業でもあるので、お客さんに挨拶がロクにできないのなら、それだけでアウトです。
風俗嬢が務まるわけがありません。

それだけで一気に印象が悪くなってしまい、本指名をもらうことは、程遠いものになるので、挨拶も必須の会話術の1つと覚えておきましょう。

お客さんのキャラの特徴を見つけること

しかし、初めてのお客さんと、どのような会話をすればいいのか、いきなりお喋りをすることは、簡単なことではありません。
そのために、まずは、お客さんの外見から感じ取れることから、話題にすることが無難です。

対面した時に、相手がスーツ姿をしている人なら、やはりビジネスマンと思ってほぼ間違いありません。
「お仕事帰りに立ち寄ってくれたんですね。お疲れ様です。」

もし、受付を済ませて訪れた時間が遅かったなら
「残業でお疲れ様ですね。」
「お酒かお食事を済まされて来たんですね。」
という言い方かいいでしょう。
無口で静かな感じのお客さんなら
「優しそうな方で良かったわぁ。」
見た目が強面の人であれば、「たくましくて、男らしいわ。」
「ダンディな感じが素敵です!」

こんなセリフを言うだけで、会話が続いていきやすくなります。
特にお客さんの身体的特徴や雰囲気を見ながら、「みたいな感じ」や「素敵」、「可愛い」というキーワードを加えて会話にするといいでしょう。
この共通点は、お客さんの特徴を見極めて、実際の会話にすることです。
ただ、大事なことは事実をプラス思考で表現することがポイントです。

長身のお客さんなら
「大きいですね。モデルみたいにイケメンね!」
と比較的に褒め言葉にしやすいのですが、太っている男性の対しては

「太ってますね。」
とストレートに言うのはタブー。
「くまモンみたいに可愛い!暖かそうで素敵。」
同じ特徴を言っているのですが、好感の持てる言い方です。

共通点を見つけてその話題を掘り下げていく。

会話術の極意の中には、お客さんと共通の話題やテーマを見つけて、そのことで深く話題を掘り下げていくテクニックもあります。

「どんなお仕事をなさっています?」
「お客さんのご趣味って?」

趣味を会話の共通点として進めていくそとは、あなた自身の趣味や好きなジャンルに絡めながらトークしていく方法で、少し上手なテクニックです。
これはビンゴであれば、一気に会話が盛り上がります。
共通のテーマを探して、それを掘れ下げていくことで、親近感も出てきますし、会話が盛り上がっていきます。
お客さんがB級グルメ好きな人であれば、「僕は、時々、町中で美味しそうなお店があったら、すぐに飛び込むんだ」

と言うような話をしてくることがあります。
また、こちらから話題を降ってみることもいいでしょう。
「私って、家系のラーメンが大好きなんです。お客さんはどんなラーメンが好きです?」
「あの駅近くにあるラーメン店が結構有名なんですよね。食べたことあります?」

そんな語りかけができます。
こんな問いかけでお客さんが乗ってくれるとしめたものです。
「そっか、僕も家系ラーメンが好きなんだ。昨日も食べたしね。」
と言うかもしれません。
もしかすると、ラーメンの話題からそれるかもしれませんが、「ラーメンより、お好み焼きの方が好きなんだ。」

と言うようなことが返ってくる可能性もあります。
でも、これで会話が途切れる訳ではありません。
そのお客さんの好みが1つの分かったことになるからです。
これから新たな話題に進むこともできます。

「私もお好み焼きも好きなんですけど、おすすめのお店って何処ありますか?」
リレー方式の会話ですが、共通の話題から次のステップに入るテクニックですね。
そんな新たな話題から、オススメのお店の話や趣味の話、お仕事のことなど、色々な広がりが出てくるはずです。

もしかすると、個人的な恋愛の悩み相談まで発展しそうな感じもあるかもしれません。
このように会話がつながっていき、段々と広がっていくのです。

聞き上手のホテヘル嬢は会話上手

2人の間で会話が始まったなら、それ以降は、どんなことを話そうかと頭を悩まさなくても、心配する必要はありません。

一旦、会話が流れ始めたなら、後はお客さんに全てをお任せしましょう。
あなたは、会話のキャッチボールが止まらないように意識しておくだけです。
これから以降は「聞き上手」に徹することです。
お客さんの話にタイミングを合わせて、相槌を打ちながら

「そうなんだ!」
「それからどうしたの?」
と話をドンドン進めて行くのです。

ここで大切なことは、お客さんがいい気分で話できるように、笑顔でうなずきながら、お客さんの話に興味を示して、聞いていて楽しいと感じさせる気持ちを表すことが大切です。
その時は相手の目を見て、時々、相槌を打つことがポイントです。
実は、ビジネス業界でも、トップセールスマンの多くは、会話の達人なのですが皆さん、聞き上手に徹しています。
これは、人気のホステスさんや売れっ子風俗嬢の人でも共通していることです。

合コンでも、人気の高い女性の多くは聞き役に回っていることが多いのです。
人は基本的に自分の話を聞いて欲しいという願望が強くあります。
そのために、気持ちよく話ができて、それを褒めてくれる相手には、トコトン好感を寄せてくる傾向があります。
そんなことから、会話を盛り上げるためには、聞き役に徹する「聞き上手」が成功の鍵を握っているのです。

このようなことをポイントにお客さんとの会話を楽しむようにしていくように心がけると、ますます盛り上がって行くに違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました