ホテヘル嬢にはメンヘラタイプの子が多い?

お悩み

インターネットで時折に目にするのは、「メンヘラ」という言葉です。
実は、ホテヘルの仕事や他の風俗嬢でも、意外と多いのが、この「メンヘラ」タイプの人なのです。
では、この「メンヘラって、どんなタイプイの女性なのか」ということを理解して、そんな「メンヘラ」とホテヘル嬢の関係性について見て行きたいと思います。

「メンヘラ」の女性は「究極女子」と言ってもいい

「メンヘラ」とは、一般的には「うつ病や不安障害、統合失調症などの精神障害を患っている人」のことを指しているネットスラングです。
この言葉は出て来てSNSの利用が広まってくるにつれて、「ルックスや人間関係において異常なくらいの執着を見せる人」、「誰かに構って欲しいと感じている寂しがり屋さん」なども含まれるようになってきました。
これがさらにエスカレートしていき、「そんな女性」を示すようになっています。

「メンヘラ」タイプの女性をザッと挙げてみると
・目がうつろでドンヨリしている
・以前リストカットした経験を持っている
・体調が何となく悪い
・自分がいつも不幸と思っている
・精神安定剤を使ってる

こんなタイプの女性を指していますが、この手の人達は何となく面倒そうな印象を受けてしまいます。

ホテヘルだけでなく風俗嬢の中にメンヘラの人が集まりやすい現実

このような「メンヘラ」の女性は集まりやすい職業として出て来るのが風俗嬢です。
これはかなり衝撃的な話ですが、事実でもあります。
でも、どうして風俗のお仕事をしている女性に、「メンヘラ」の人が集まってきてしまうのでしょうか?
肉体的もの精神的にも、それなりに負担がある風俗嬢のお仕事の中では、色々な理由を考えられます。

好きではない男性に対して性的サービスをする辛さ

男性には本能的に「自分の子孫を残したい」という本能がありますが、女性は「優秀な子孫を残したい」という本能が備わっています。
そのような意味では、ホテヘルだけでなく、風俗全体の仕事は、女性本来の本能に逆らっていると言えるでしょう。
不衛生で不潔な男性であったり、暴力を加えてしまう男性、本番など過度な要求をする男性など、このようなお客さんと、以前に性格的に問題のあるお客さんにサービスをしなければいけない時に、「メンヘラ」の女性は精神的に極限にまで追い込まれてしまうのです。

ホテヘル嬢の中には、そんなわがままなお客さんでも、器用にルールを守ってくれるお客様だけピックアップして常連さんとして固定のお客さんを増やして行ける女性もいますが、そうでははない女性も少なくはありません。
その結果、自分の不器用な接客が自分自分を「心の病」にしてしまうわけです。

誰にも相談できない孤独感から「誰でもいいから構って」という思いを加速させる

しかし、ホテヘル嬢が「メンヘラ」になってしまうのは、全てお客さんのせいだけではありません。

風俗嬢というお仕事は「他人から認めてもらえるものではない誰にも相談できない孤独な仕事」ですが、「褒めてもらいたい」、「認めてほしい」という悩みが募ってくるはずです。
長い間、風俗の世界で働くことで、このような感情が次第に大きくなっていき、「メンヘラ」になってしまうのです。
特に昼間の普通のお仕事をダブルワークしていない、風俗業を専門にしている女性に多く見られます。

普通の職業からメンヘラになった女性が風俗業界へ

前項まで風俗嬢の女性がメンヘラになりやすいことを説明して来ましたが、メンヘラになるファクターがホテヘル嬢やデリヘル嬢みたいな人達だけにあるわけではないのです。
一般的な普通のお昼の職業に就いている女性であっても、厳しい労働環境や複雑な人間関係が原因究明で、「心の病」を患ってしまうケースがあります。
そんなメンヘラになってしまった女性の人達は、生活の収入をつくるために、新たな働く場所として出てくるのが、風俗の世界なのです。
言い換えると、風俗嬢という職業そのものが「メンヘラが集まりやすい」環境にあるわけです。

「ホテヘル嬢やソープ嬢になってしまったら、お昼の仕事よりも、ますますストレスが貯まってしまうかも。」
と思うかもしれませんが、風俗のお仕事は店、自分で出勤スケジュールを決めることができます。
お客さんから指名が入るまで、個室待機することができるホテヘル店も結構たくさんあります。

また、昼の職業では、お給料が少なく困っていた女性とっては、「昼の仕事だけでは経済的に悩まされたけれども、風俗とのお仕事を両立させることで、収入が安定して気持ちにもゆとりが生まれてきた」という女性の人も結構います。
但し、中にはメンヘラになりやすいホテヘル嬢の中には、稼いだホストに貢いでしまうとような「ホスト狂い」になるケースも存在します。

ホテヘルで働くなら、同僚とは一定の距離を置いて、浅く付き合う方がいい

ホテヘル店では、同僚と私語は禁止していたり、連絡先交換もダメ、お互いのプライバシーに介入しないというようなっ規則がきっちりと決められているお店もあります。

このようなルールがあることを聞くと、「どうして仲良くすることが悪いの?」
と不思議に感じるかもしれません。
しかし、これは余計なトラブルやリスクを防ぐために決められているルールなこです。

具体的には次のような目的があります。

身バレ防止

ホテヘルで働く女性のほとんどは、家族や彼氏、友達、あるいは元々の昼間の職場に身バレしてしまうと困ってしまうはずです。
たまたま指名してきたお客さんが、職場の人だったと笑うに笑えないこともあるかもしれません。

知っている人が数ある風俗店のホームページの中から写真を見つけるということも、可能性として否定できません。
よくある身バレの原因として、スマホのロックをしていなかったために、お店とやり取りメールを見られたり、財布に何十万円も入れていたりなどと怪しまれてしまうこともあります。
また、お店の同僚に話した自分の本名や職場、家がネットの掲示板に漏らされたり、お客さんに伝わっていたりすることもありえることです。

同僚と喧嘩して嫌がらせされることも

また、いくら仲が良かったとしても、ふとしたはずみで仲たがいになってしまうこともあります。
悪口を言われたり、待機が気まずくなって、働きづらくなる可能性もあります。
しかし、お店のルールがあることで、最初からお互いに深く入りすることがなければ、大きく揉めることがありません。
このように厳しいルールのように思えますが、その結果、もし相手がメンヘラ女子であっても、致命的なことにはならないのです。

そのためにも、もし、あなたが在籍するホテヘル店にそのような女性がいたのなら、ある程度の距離を保っている方が、お仕事がスムーズに進んでいくのです。

まとめ

メンヘラと呼ばれる女性の人は、あなたが気付かないくらいに自分の周りにたくさんいる可能性があります。
彼女らも色々な生い立ちや生活環境の中で、そんなふうになってしまった可能性もあります。

しかし、風俗のお仕事をしようと思う時に、こんなことに惑わされることなく、風俗のお仕事を割りきりながら、やっていくことが、一番いいのかもしれません。
昼間のお仕事とは異なり、かなりまとまった収入を稼いでいくことができるのですから、余計なことに気を使う必要はありません。
むしろ、お客さんに最高の満足を与えて、また指名してくれるように心を砕いていく方が、現実的な選択だと思います。
是非、ホテヘルで頑張ってしっかりと稼いでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました