ホテヘルのお仕事をしていて身バレしないために

お悩み

ホテヘルなどの風俗のお仕事をしている人が、とても気にしているのが、が身バレ」ではないでしょうか?
風俗関係のサイトでも、「身バレ対策」というキーワードをよく目にします。
自分がホテヘル嬢として働いていることを友達や家族に打ち明けて、気にせずに日常生活の中で、平然と生活している人もいますが、たいていの人達が風俗のお仕事をしていることを、家族や恋人やパートナーに黙っていることがほとんどではないかと思います。

ホテヘルなどの風俗で仕事をすることは、自分達の生活を安定させるためや、シングルマザーでも、しっかりと子育てをすることや、自分の借りた奨学金を返済するため、もしくは将来の夢を実現するためと、風俗業界を身を置く理由は人それぞれです。
現在、現役風俗嬢として活躍している人はもちろんのこと、これからこの業界で
働こうと考えている人も、やはり身バレすることに気を揉んでいるはずです。
風俗で働く9割以上の人が、家族や友達に知られたくないと思っていますので、少しでもバレないようにしてくためにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、そのようなことで悩んでいる人達に対して、風俗での身バレの原因な、知られないようにするための対策を見ていくことにします。

ホテヘルで身バレする原因とは?

ホテヘルのお仕事で身バレを防ぐために最も気を付けなければならないことは、自分自身が、この仕事をしていることを絶対に言わないことです。
簡単そうに思えるのですが、これはかなり難しいことでもあります。

どこから秘密が漏れるか分からない時代です。
まずは自分自身から、風俗のことをオープンにしないことが基本となります。
その上で、他にもどのような身バレの原因があるのかを見ていくことにシマショウヲ。

友達からの身バレ

風俗で働いていることが周りの人達にバレる原因として、最も多いのが、友人から話が漏れることです。
信じていた友達から漏れることは、とても悲しいことですが、風俗で働いていると、仕事でストレスが貯まっていきます。
風俗で働いていることを秘密にしなくてはと思っていても、疲れた愚痴を誰かに聞いてほしいと思うことも人情。
誰か友達の1人にでも、打ち明けれることができたらと、気を許してしまうと、それでアウトなのです。

漏らした友達から、周りに一気に広がってしまうというリスクがあることを知っておくことです。

金銭感覚が変わったことでバレる

20代の女性の人達の平均的な年収を見ると、約300万円程度です。
これと比べて、風俗のお仕事をしている女性の年収は、500万円くらいとなっています。

それまで昼間の仕事で、年収300万円クラスの女性が、ある日突然、高級ブランド品で身にまとい、海外旅行やリッチなグルメ三昧みたいな生活になったとしたら、周囲の人達は「あれ、おかしいな?」と思うはずです。
このように普通の生活から派手な生活に変化してきたことで、身バレすることもあります。

ホテヘル店のホームページや雑誌に掲載されての身バレ

お店のホームページや雑誌から、ホテヘルで働いていることがバレることもあります。
受付のパネルを見て、「これって、もしかして、あの子かな?
と思った友人や知人が、身長・出身地・血液型などの個人プロフィールから情報が分かり、本人だと気づかれることも出てきます。

お店の写メ日記も危険

お店のホームページには、風俗嬢の写メ日記が掲載されていますが、ここで日常、着ている服が映っていたり、ヘアスタイルやほくろの位置から、身元が特定されたりするケースもあります。
また、よくあるのは、鏡に撮影した写メに周りのものが映り込むスマホケースからも、身バレにつながったというケースもあるほどです。
自分では気づかないちょっとした油断からバレてしまうパターンです。

SNSの通知やTwitterのアカウントの切り替え忘れ

今ではスマホでSNSを利用している人柄たくさんいます。
しかし、SNSの通知やTwitterのアカウントを切り替えすることをワスレテしまったために、身バレすることもかなり増えています。
風俗のお仕事は、ある種の接客業なので、中には全く相性が悪い人もいるはずです。

そんなにことをTwitterの裏アカで愚痴にしてつぶやくことがあります。
しかし、これがとても危ないのです。
アカウントを切り替え忘れてしまい、つぶやいてしまったことで、即座に友達に気づかれてしまうのです。
LINEでも新着メッセージ通知を非表示にしておかないと、お店のスタッフからの事務連絡やお客さんからのメッセージをチラ見される可能性だって考えられます。

また、Instagramでおきゃくさんからもらった高級ブランド品や自ら購入した高価グッズをアップすることも控えた妨害無難です。
あの人は、普通のパートしかしていないはずなのに、どうしてあんなリッチなのかしら?
と勘ぐられる可能性もあるのです。

仕事道具を持ち歩くことも危険

1人暮らしの女性の人であれば、致命的な問題になることはありませんが、実家で生活している人や、恋人と一緒に生活している人は、風俗で使っている仕事道具の入っているカバンにも注意が必要です。
普段なら職場に置いておくことを、たまたま何気なく持って帰ってしまうこともあるかもしれません。
「たった1日くらならい大丈夫かもしれないわ。」
と油断していると、この行動が命取りになる可能性も否定できません。
例えは、次のような道具は周りの人に余計な詮索をさせてしまいます。
ボディソープ、イソジン、ローション、グリンス(消毒剤)、タイマー、ローター、電マなどです。

ボディーソープやイソジン、タイマーは普通の家でもありますが、カバンにまとめて入っていることはありえないので、身バレの原因になってしまいます。

ホテヘルの身バレ対策

では、ホテヘルでのお仕事がバレないようにするためには、どのようなことに注意を払えばいいのでしょうか?

生活習慣を変えずに、キープすること

ホテヘルなどの風俗で働いていると、どうしても金銭的にリッチになっていますので、高級ブランド品や、ネットショッピングなどで、つい衝動買いをしてしまいます。
また、昼間に動いていた人が、生活環境が急変して夜に活動するようになることも、周りの人達とに変に思われてしまいます。
このようなことから、お金の使い方や普段の生活時間帯を大きく変えないようにすることが大切なのです。
このことをしっかり意識していなければ、生活にパターンが間違いなく崩れてしまうことが、当たり前になってしまいます。

身バレしないように考えているのであれば、この点をしっかりと意識して生活する必要あります。
簡単に言うなれば、生活水準を上げないということです。
お金のたくさん使ってしまわないようにすることで、家族やパートナー、友達にホテヘルで働いてきることをバないようにするために重要なことになってきます。
「今までブランド品に全然、興味なかったあなたが、この頃、高級バックを持つようになったわね。」
と聞かれてしまうことになりかねません。
そんなことをいきなり聞かれてしまったら、どんなふうに言い訳するでしょう?
こんなことを言われた時点で、すでに普通の人ではないと疑われているはずです。

風俗のお仕事でお金がたくさん稼げるので、欲しい物を衝動買いしたくなる気持ちが生まれてきても不思議ではありません。
しかし、お金をすぐに使ってしまうような人は、稼いだ給料日は、できるだけすぐにATMで貯金してキャッシュを財布に入れないようにしておくことです。

お仕事で使っているバック自宅に持ち帰らない

ホテヘルで使っているカバンや道具を自宅に持ち帰ったり、持ち歩くことをしないようにすることも身バレ対策の1つです。

必ずお店の控え室に置いてから帰宅することが、身を守る秘訣です。

誰にもホテヘルで仕事をしていることを言わないようにする

人は自分女が思っているより口が軽いものです。
「私の親友だから安心感だわ。」
なんてと思っていると、思わぬところで、あっという間に話しが一気に広がってしまう可能性もあります。
しかも、その人も、さらに信用していると思える人に対して、あなたがホテヘルで働いていることを言っているかもしれません。
さらに言うと、全く自分に直接関わりのない行きつけのカフェや飲食店、ブティックなど、よく利用するお店の店員さんなどにも、絶対に話さないことです。

下手をすると、あなたの知り合いや友人とも、顔見知りだったりすることがあります。

お店のPR写真もキチンと加工修整してもらう。

お店のホームページに掲載される在籍写真にも注意を払う必要があります。
ホテヘルだけでなく、全ての風俗店では在籍写真を撮影することになりますが、それをサイトにアップされたなら、すぐに自分のプロフィールを確認しておきましょう。

万が一、バレそうな箇所が見つかったなら、その部分の修正するように必ず伝えることです。
しっかり修整して別人の写真してもらい再度アップするのです。

自分の情報を他人に知られないように

これも大切なことですが、ホテヘル嬢として働いている間は、そこで知り合った人には、自分の個人情報を絶対に教えてはなりません。

お客さんはもとより、お店の女の子や仕事関連で知り合った人全てが対象です。
ちょっとしたことで、大きなトラブルに巻き込まれてしまったり、身バレの原因になってしまうからてす。

写メ日記やブログに注意する。

お店のホームページに掲載されるパネル写真や写メ日記でも、十分に気を配っておくことも必要です。

パネル写真では、着ている服装や、ほくろの位置など、個人を特定できてしまうことがよくあります。
特に、服装については、できるだけ普段から着ている服とは、全く違う雰囲気のあるものを選んで着るようにしておきたいものです。
写メ日記は、自分では気づかれないと思っていても、「今日は渋谷のカフェでランチしましたよ!」といったように場所を特定できるような情報を載せることも控えなければなりません。
写メ日記やブログをこまめに更新することは、それだけお客さんの関心を引くことに大きな効果があるのですが、その一方で身バレにつながる危険性も大きいので、使い方には、十分配慮しておくことです。

ブログでも、新たに更新する写メに、普段から身に着けてるアクセサリーや自宅の家具などが入り込んでいないかもキチンとチェックして確認しましょう。
もし、普段着ている洋服やアクセサリーが写っていたなら、しっかり加工して載せるようにしてください。
お客さんにかなりのインパクトを与えることができる写メ日記なのですが、身バレについては、ホテヘルで働いていることを表明してしまうものになってしまいます。

お店のホームページの個人情報を偽る

風俗店のホームページで自分のスリーサイズを意図的に偽ることはよくあることですが、自分の誕生日、血液型を変えてホームページに掲載してもらうことも、身バレ防止策の1つと言えるでしょう。
風俗店のホームページには、女性の好みや得意なプレイ、血液型から生年月日まで細かく記載されているケースもかなりあります。
そのようなお店に応募する場合、掲示される設定を1度考えてみてから記載してもらうようにします。

お仕事に関係の履歴は帰宅の時点でさっぱりと全部削除すること

ホテヘルでの仕事に関係するデータややり取りメールは、帰宅前に全部きれいに削除しておくことが無難です。
特に、彼氏や家族と一緒に生活している場合は、スマホをいじられることがあるはです。
帰宅してから、リビングにスマホを置きっぱなしにしておき、メッセージなどがディスプレイに表示されてしまって、身バレしてしまうことがあります。
このようにならないように、覗き見防止フィルムなどで通知がディスプレイに表示されないようにしておくことも考えてみてください。

知り合いがたくさんいる地域の風俗の仕事をしない

簡単に言うと、地元では働かないということです。
そのようなことから、出稼ぎで地方の地域で働いているホテヘル嬢もかなり多いです。
これも身バレ対策の1つとして、確実な方法として実践されています。

変な噂を立てられないようにするためにも、できるだけ地元から遠く離れた地域に移ることも良い方法でしょう。
出稼ぎで働くなら、店舗型のデリヘルやしないソープのようなところではなく無店舗型のホテヘルの方がバレる可能性が低くなっています。
できるだけ知人や家族にバレないようすることが大切です。
知り合いの人がよくうろついているような地域では、どこで目撃されているか分かりません。

風俗街など1人で歩いているところを発見されてしまっては、身バレするリスクがますます高くなってしまいます。

業界用語や独特のプレイは使用しない

パートナーがいる人は、ホテヘルなどの風俗プレイをプライベートで実践しないことです。
急に性的行為に積極的になってしまうこことで、パートナーに疑われても、風俗で働いていることをバレないためにも、プライベートな行為は自然なふるまいに徹することです。

また、プレイ時に使っている大人のおもちゃや、イソジン、ローションなどの道具がカバンの中に入っていると、すぐに怪しまれるので注意しましょう。

お店側の対策

身バレ防止策としては、お店の担当者にも理解を求めておくことが必要です。

禁止エリアを設定しておくこと

ホテヘル店でもグループ店であれば、地元では働けないことや特定エリアではパートタイマーの勤務先から近いために厳しいことをお店側に伝えておくといいでしょう。
危険なエリアにあるホテヘル店だと思われる地域は、素直にお店に伝えて理解を求めるこのです。

顔出しもNG

身バレを意識して顔を出すことが嫌な場合も遠慮せずお店に伝えることです。

顔や目の部分にボカシ加工を志手もらったり、首から上は出さないパネル写真を掲してもらうなどの対応をお願いすることです。
もし顔出しを求めるお店なら、勤務を考え直すことも1つです。

アリバイ会社を利用

この頃はアリバイ会社を利用したり、提携している風俗店も増えています。

幼い子供さんを預けるための在籍証明発行が必要になったり、源泉徴収を見せても問題のないようにアリバイ会社で在籍証明や源泉徴収の発行をしてくれるのです。
中には電話対応を行う会社もありますので、このような会社を利用して身バレを防ぐ方法も用意されていることがあります。

最後に

身バレは自分自身の考え方とお店の対策で防ぐことができます。

ホテヘル嬢で働いていることがバレる原因の多くが、自分が話してしまったことによるものとなっています。
そのことから、日頃からの言動に注意することで身バレを防ぐことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました