ホテヘル嬢がバンス制度を利用するメリットとデメリット

待遇

ホテヘルやソープなどの風俗の求人広告の中に「バンス制度あり」と掲示されているのを目にすることがあります。
この言葉は日常生活の中ではほとんど見たり、聞いたりすることがないのですが、どのような制度なのでしょうか?
この「バンス制度」とは、簡単に言うと、「給料の前借制度」のことを指しています。

一般的なビジネス業界では見かけることは全くありませんが、風俗業界では勤め先とお店から給料を前借りすることができるのです。
しかし、誰でも簡単に利用できるというわけではなく、当然条件がついてくるものです。
ここでは、この風俗業界での「バンス制度」について見ていくことにします。

ホテヘルで働く意味

ホテヘル店で働くことのメリットてしては、昼間の仕事では稼ぐことができない日払いの高い収入を得ることができるることです。
会社勤めの副業としても、完全に自由な出勤が可能なホテヘル嬢のお仕事は、時間的にも効率的にできる仕事として人気があります。
こんなふうにすぐにまとまったお金を必要とするな女性が簡単にお金を稼げるこが、ホテヘルやソープみたいな風俗のお仕事です。
でも、今すぐに20~30万円が必要な場合は、どうしたらいいでしょうか?

いくら高い収入を稼げるホテヘル嬢のお仕事でも、1日10万円以上稼ぐことができることは、難しく、おそらく高級ソープ店などトップクラスのほんの一部の女性の人達でしょう。
そんな今すぐにまとまったお金が必要になった女性の人達ために用意させれている仕組みが「バンス制度」なのです。

給料の前借りができるのが、風俗業界独特のバンス制度!

風俗ホテヘルだけじゃなく風俗店で働いたことがないと「バンス」言葉を聞くことばないでしょう。

これは、給料を前借りして後から働いて返す仕組みのことです。
しかし、この制度はどのお店にあるわけではなく、求人情報のサイトでも表記されていないことも多く、自分で直接、お店に聞いて確認する必要があります。
また、制度はあっても審査に通らない場合もあるので、バンス制度がお店によって異なることを理解してから交渉しなくてはなりません。

バンスはお店によってルールが違う

まず制度の有無を確認する必要があります。。
この制度があることを確認して、お店選びする上で前借りできることを考えるなら、働きたいジャンルも決てめ、面接の前の問合せで聞いておくようにします。
借りられる金額は、お店のシステムで異なってきますが、。

10万円などの上限金額を指定しているところはあるものの、女性のの信頼度や指名の多さを御考慮して金額の額が変わってkることもあります。
逆に制度はあっても、借りられなかったというケースもあります。
制度で貸したお金を返済できるか、店長が判断して決めることので、その時点で借りれられないこともあるわけです。
また、利息の有無や、返却方法、期間なども、事前にしかっりと相談して決めることも重要です。

バンスの条件

お店によっては、最大200万円のバンスをしていたというケースもありますが、これはかなりのレアケースでしょう。
しかし、どうしてこれだけの金額を貸し出せるのでしょうか?
それは貸し出すメリットがお店にあるからです。

その女性を採用してバンスをする条件として1日8時間、週5回勤務、最低1年間の勤務を条件にするような感じです。
このような条件でバンスした時に、その女性がどれだけお店の利益に貢献できるかということが審査の中で見られるわけです。
ルックスや性格が良い女性であれば、必ず人気が出てきますので、8時間で5〜6人のお客さんのに接客ができる可能性もあります。
1人2万円の料金では、お店であれば1日10万円以上の売り上げになります。

週に50万円〜60万円で。
月200万円以上の、年2400万円以上に金額になってきます。
売上金額を女性の給与を折半しても1200万円以上の売上になります。
利益率がとても高い風俗業界なので、この女性に200万円を貸しても、十分に回収できるわけです。

そのためにホテヘルでも、「上限の金額はその女性の魅力や能力と条件次第で変わってくる」のです。
しかし、現実的な線では、30万円程度が実態でしょう。
一番多いのはケースは、即日数万円を希望する女性で、すぐにお金が必要な人です。
このような場合だと
2〜3日間働くことを要求されることになるでしょう。
ホテへル店でも2日で5万円程度稼ぐことは十分に可能です。

バンスは必ず貸してくれる?

バンス制度は必ず貸してくれるとは限りません。

実際に面接してみないとお店も判断できないからです。
お店の立場になって考えれば分かることですが、お店はバンスをするメリットが無ければ貸すことはありません。
大前提としてお店が「是非採用したい」と思われなければ、貸してくれることなありません。
ルックスが良かったり、スタイルが抜群で性格も良く、顔出しもOKで働ける。

そして週5回以上出勤可能。
こんな条件はお店にとって好条件なので、貸してくれる可能性は高くなってきます。
そのような女性を採用することでお店の利益が期待できるからです。
逆に、ルックス、スタイル、性格、顔出し不可、週1回勤務だと可能性は限りなく0%です。

したがって、まずは「採用したい」と思われる好条件を整えることです。
特に出勤回数と出勤可能時間が少ないことは、返済に時間がかかるということになるので、バンスはできないと判断すべきでしょう。

バンスに必要なもの

「採用したい」と思わせたら次のステップで「信用できる」と思わせることです。

お店が一番恐いこことは、お金を貸したのに連絡がつかなくなってしまうや返済が滞ることです。
そのためにはお店から信用されることが大切です。
面接時間に遅れてきたり、お金が必要な理由がはっきりしていない、名前や住所など個人情報を教えないような女性は、バンスは論外です。
ホテヘル店に個人の情報を教えることは不安になるかもしれませんが、お金を貸すことは、それだけあなたを信用することです。

あなたが店長やスタッフを信用して正直に話さないと、相手も信用することはありません。
免許証や学生証、パスポート、住民票や必要だと証明できる書類など用意できるものは、キチン準備しておき、絶対にお金を返す態度を見せることです。
変にごまかすと、その時点でアウトです。

バンスの審査

ここまで来ることができたら次は審査です。
実際にお金を貸してしっかり全額回収できるか審査されます。
金額が高ければ、しっかり審査して時間がかかることがあります。
具体的にどのような審査をされるかというと、自宅まで案内して実際に住んでいる場所を確認されます。

両親の住んでいる実家を確認されることもあります。
但し、両親にホテヘル店で働いてることは絶対にばれたらまずいので、表札を確認したりする程度です。
また、場合に寄っては、昼間のお仕事先に不振に思われないように配慮視ながら、確認するようなこともあります。
にしていました。

バンスの条件提示

審査がパスすれば、無事バンスを借りられることになります。
ここで、その条件をしっかりと確認しなくてはなりませんが、借りる方は齢立場上なのでお店の言いなりになってしまわないように、無理のない契約にしなくてはなりません。
そうしないと後で苦しい目に遭います。

返済方法

ホテヘル店は毎日が給料日なので、全額前借の返済に充てたり、給料から毎回2万円を返済に充てるなどの方法になります。

バンス制度のメリット

バンス制度を取り入れている風俗店の大半は、給料を先に渡しても、後必ず働いて返してもらえるという信用をもとにお金を貸しています。

ホテヘル店が無利子でお金を貸してくれることは、お金が急いで欲しい女性とっては便利な制度です。
返済方法も日当からの天引きや返済可能な時期に返すような負担の少ない方法を採用しているホテヘル店も多いからです。
働く女性としては、無利子で前借りができて、返済方法も無理がないメリットがあるので、今すぐまとまったお金が必要な女性に人にとっては、無利子で給料から返していけるので、借金感覚がなくて済むのです。

バンス制度のデメリット

無利子でお金を貸してもらえて返済も無理なくできるというメリットを持つバンス制度ですが、決して美味しい話ばかりではありません。
その一方で、デメリットもあるので、そのことをキチンと理解して慎重に検討しなくてはなりません。

入店と同時の前借りはできない

バンスを受けるためには、ルックスなど採用基準が高い場合があります。

その他に、出勤の条件が課せられので、強制感のデメリットの可能性もある他、返済するまでは退店させてもらえない、返済せずにそのまま無断欠勤して連絡が取れなくない場合は、家族にばらされてしまう可能性もあります。
ホテヘル店から信用を元にお金を借してくれるバンス制度なので、信用を得るには、前述のように「稼げてお店に貢献してくそうな女性」と思ってもらうことが大前提です。
お店で稼げると信用されないとバンス制度は受けられないので、たとえ求人広告にバンス制度の記載があっても、それをそのまま信用することはできません。
女性ルックスや出勤を期待してお金を貸すので、かなりお店から拘束された感じがあります。

ホテヘルの店のバンス制度はある意味高利貸しのようなもので、貸す時は優しく対応して、その後は厳しい要請を強いられてしまう可能性が高いのです。

面接時や仮入店の時に

「バンス制度あるからお金貸せるよ」
というスタッフのささやきは、実は中々退店することができずに、強制出勤させられる怖さがあります。

後から、「バンス制度を受けなければよかった」
と後悔してしまうこともあります。
「返せるときに返してくれれば大丈夫」
とお金を簡単に貸してくれる風俗店は

本当の正体は「返済するまで店の言う通りに出勤しなければいけない」というデメリットもあります。
強制出勤は当然ですし、体調が悪くなって欠勤したい時でも、出勤人数が少ない日に無理矢理に出勤させられることもあります。
バンス制度をアテにして入店して新人研修期間が過ぎると、一旦稼げにくい時期がやってきます。
それが原因で出勤したくなくなり、退店したくなってきます。

そのように思っても、バンスのせいで簡単には逃げられないのです。
バンス制度を取り入れているお店は、当然ボランティアでお金を貸すのではなく、無利子で給料を前払いで貸してもらえるのですから、そこにおおきな落とし穴があると思うってください。
お金を借りたら最後です。
返済するまではホテヘル店の言いなりにならなければならないことが一番のデメリットです。

強制出勤させられるのが嫌になったり、すぐに退店したいと思っても、返済できない場合、家族や実家に連絡される可能性があるので、始めからそんなふうに思っている女性にとっては間違いなくデメリットととしか言えない制度なのです。

「バンス制度」でいくら借りられるの?

急にまとまったお金が必要になった時、給料を前借りできるのは、ホテヘル嬢にとっては心強い仕組みでもあります。
バンスの申請や返済については、お店によってルールが異なることは少し触れましたが、一律に1ヶ月10万円までというお店もあれば、店長の判断に任されているところもあります。

通常は数万円程度の前借りですが、最大でも30万円程度です。
一律ルールがないお店では、店長判断で異なってくるので、女性によってバンスできる金額が異なる来ることも珍しくはありません。
バンスしたお金は、給料から返済していきますが、。
バンス制度は全ての風俗店が持っている制度ではなく、大きいグループ店や、ソープ・ホテヘル客単価が高い業種で採用されていることが多いです。

バンスの条件を再度考える

バンスは風俗嬢なら誰でも利用できるというものではなく、その女性の信頼度やお店への貢献度が優先されます。
そのため、面接と審査を受ける必要がありますが、お店は返済せずに行方不明になられるのが困ることも説明しました。
本人が確認できる書類の提出、在籍学校や勤務先のチェックもあります。

バンスの条件としては、具体例としては次のようなものがあります。
・全額返済まで在籍できること
・オープンからラストで入ること
・半年間から1年間は仕事を続けること

このように「お店の売上に貢献できる人でないとバンスは受けられない」と肝に銘じておくべきです。
バンスを申し込みたいのであれば、お店の条件をキチンと理解して受けることとお店に信頼されることが条件です。
求人に「即日バンス可能」と掲示しているお店もありますが、すぐに売上で貢献できるルックスや魅力がないと、即日バンスは厳しいと思った方がいいでしょう。

ホテヘルで働くメリットをもう1度考えよう

ホテヘルのお仕事は、日払いで高収入が稼げることです。
学校や会社勤めの副業としても完全自由出勤の風俗嬢の仕事は時間的に効率的にできるバイトとして人気です。
そのために、バンス制度を安直に利用してお店の縛られることのないように、もう1度、この制度を利用するべきかどうかを冷静に判断してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました