ホテヘルでの移籍するメリットは?

お悩み

風俗でお仕事を考えている女性の人の目的は、やはり何と言ってもその収入の良さにあります。
昼間の事務職のお仕事やパートのような仕事は固定給で安定はしているものの、月20万円台というのが相場ではないでしょうか?
しかし、風俗のお仕事は自分の頑張り次第で月に50万円以上になっていきます。

さらに頑張ると7、80万円はおろか100万円も夢ではありません
しかし、風俗のお仕事でも、やはり本番行為のあるソープや、無店舗型で行動範囲が広くなるデリヘルを敬遠する女性も数多くいらっしゃいます。
そのような女性の人達は考える風俗業がホテヘルなのです。

ホテヘルを選ぶ理由

ホテヘルは無店舗型の風俗業なのですが、ソープのように本番行為がありません。
その分だけ性病などの心配もなくなりますし、1日に数人の接客をしたとしても、体力的な消耗が比較的に軽くて済んでしまいます。
また、ホテヘルにも高級店も多く、1日の収入も高いことも魅力でしょう。
ましてや、同じ無店舗型のデリヘルはお客さんの自宅に伺って仕事をするので、自ずと行動範囲が広くなってきます。

その結果、知人・友人や恋人に風俗で働いていることがバレてしまうリスクがあります。
しかし、ホテヘルの仕事形態は受付で男性のお客さんが好みの女性を指名して選び、お店が指定しているホテルに先に行って待ってもらうか、2人で一緒に向かうのです。
ホテルの多くは歓楽街に集中しているために、活動範囲が狭くなってきます。
そのためにホテヘルのお仕事をしていても、知人や家族に知られてしまう確率が低いメリットがあるのです。

風俗での移籍

このような風俗業界の中でも、移籍というキーワードを耳にすることがあります。
風俗業界における移籍とは、一体どのようなことでしょうか?
その名の通り、お店を移籍することです。

移籍する理由は様々ですが、風俗のお仕事で、今の店舗で働くよりは、さらに給与条件はいい店舗で働くことは当然のことでしょう。
そのような意味で移籍を考えることになります。

ホテヘルの移籍の理由

移籍の理由は様々ですが、まずは前でも触れたよう給与が高い店舗に移籍することで、少しでも高い収入を稼ぐことを目的とした移籍が大半です。

風俗自体は一般の昼間のアルバイトやパート、事務職と比較してもはるかにいいのですがが、ホテヘルでも大衆店より高級店の方が客単価が高くなるので、1日に接客するの人数が少なくなっても、大衆店よりも高く稼ぐことができます。

保証がいい移籍

風俗業では「保証制度」という仕組みがあります。
この制度は1日全くお客さんが来なくても、その日の給料を保証してくれるものです。

保証制度が付く女性は、ルックスが良かったり、お客さんの本指名はたくさん取れそうな人であったりと、条件がそれなりに厳しいケースもありますが、この保証制度の金額の良い条件で移籍するパターンもあります。

常連客とのトラブルで移籍する

移籍する理由でもあまりいいことではありませんが、常連客との間でトラブルが起きてしまい、他のお店に移籍することもあります。
これは本指名をよく取るホテヘル嬢がストーカー的な扱いをされてしまい、常に追いかけられるような場合にあることです。

お店側では、その悪質なお客さんを出入り禁止にすることはできるものの、お客さんの方がししつこくつきまとうことがあります。
そのような場合に全く別の店舗に移籍することがあります。

移籍するメリット

ホテヘルでお店を移籍するメリットは前でも述べたことと同じになりますが、もう1度、整理してみることにします。

1日の収入が増えること

ホテヘルでもお客さんの入りが多い店舗もあれば、かなり少ないお店もあります。
インターネットで積極的にPRしているホテヘル店舗であれば、自然とお客さんが集まってきます。
それだけ接客する機会も増えてくることになるので、そのようなお店に移籍することで、1日全く暇な時がなくなり、それだけ仕事数も増えて来るので、稼ぎがその分だけ増えることになります。

普通に考えても、人気の途絶えている店舗よりお客さんの数が多い方がいいに決まっています。

保証制度の条件が低くなる

保証制度は先述の通り、「お茶を引く」={客が来ない」日があっても、お店が決めた1日最低限の給料を保証してくれるものです。
この保証制度は、お店に条件はまちまちですが、全ての女性に約束されたものではありません。

売れそうな女性に対して提示されるものですが、それ以外の女性の人に対しては、5日連続出勤で10万円を保証したり、1日の中でも勤務時間が8時間以上という拘束力が生まれてきます。
お店を移籍することで、今まで以上に厳しい条件をもっと緩くさせることも可能かもしれません。
保証金額が10万円でも、5日連続勤務先で1日8時間の勤務時間よりも5日勤務でも1日5時間の方が体力的にも精神的にも負担が軽くなってきます。
このことからも、同じ保証制度の仕組みを利用するにしても、緩い条件と提示してくれるお店に移籍することがいいでしょう。

移籍先のお店の探すポイント

では、ホテヘルで、今よりいい条件で採用してもらえるお店を選ぶ時のポイントを見て行くことにしましょう。

お客さんが集まりそうなホテヘル店かどうか?

お客さんが集まるホテヘルであれば、それだけ自分が努力しなくても、1日の接客数自然に増えてきますし、あなたに関心を持ってくれる男性客と知り合う機会も段々と増えてきます、そのようなことから、お客さんに有名で知名度の高い店舗を選ぶようにすることが移籍の成功のポイントです。

知名度の高いホテヘルやお店のホームページでのPRに力を入れていますので、そのサイトを見ると、かなり参考になってきます。
特に毎日の出勤状況をリアルタイムに掲示していたり、コンパニオンの写メ日記も豊富に掲載されていると、積極的な客引きの活動をしていることが伺えます。
また、常に何かしらのキャンペーンを実施している店舗も人気のあるホテヘル店としての見極めの1つになるでしょう。

大手グループの店舗も狙い目

人気のある店舗には大手グル-プのホテヘル店もあります。
1つのお店だけでなく、いくつもの拠点に受付を置いているグループです。
しかも、系列店として、店名を別にしてい店舗も構えていることで、ジャンル別のホテヘルを用意している大手グループもあります。
例えば、素人専門店、人妻専門店、アイドル系専門店といったように1つのグループで複数のお店を持っていますので、移籍希望の要望に柔軟に応えることが可能です。

メジャー歓楽街にあるホテヘル

ホテヘルは他の風俗とは異なり、ラブホテルが集中している地域に受付所を置いているケースが大半です。
そのようなことから、全国でもメジャーな歓楽街を対象に店舗探しをすることもおすすめです。
その理由は、やはり多くの客が見込めるからです。

札幌・すすきの、東京・新宿歌舞伎町、渋谷、池袋、横浜、大阪のナンバ等、知名度のあるホテル街では、いくつものホテヘル店がありますので、それだけ店舗間の競争を激しくなり、それだけ女性の待遇面でも条件が良くなります。

保証制度条件の良いお店を探して移籍

ホテヘルだけでなく、他の風俗の仕事でも保証制度が準備されているお店もたくさんあります。
しかし、その保証内容はお店によってバラバラで統一されたものはありません。

前項でも触れたように
「5日連続勤務で10万円」
「1日8時間勤務で2万円」
といったような保証内容があります。

これはほんの一例ですが、これにさらに厳しい条件として、風俗雑誌やサイトの取材を受けてメディアに出演することが求められたり、お店のホームページが掲載する写メ日記に乗せることを保証を女性に付ける条件にしている場合もあります。
それで保証の金額は高いとしても、条件が厳し過ぎることで精神的な負担になるだけではなく、体力的にも大きなプレッシャーがかかり、体調を崩してしまこともあります。
そのようなことから、できるだけ軽い条件で今までと同じような保証条件を付けてもらえるお店を探すことです。
保証の内容については、ホームページや風俗の求人サイトに掲載されていることもあるので、それらの内容をしっかりと確認するようにしましょう。

出稼ぎもある意味、移籍

風俗では「出稼ぎ」という仕事形態があります。
これは地方から都市部の風俗店に働きに行くことや、逆に首都圏や都市部から地方への店舗に行って働くことです。
この出稼ぎも今まで働いていた店舗から変わり、全く別のお店に移ることになるので、ある意味、移籍をすることになります、この出稼ぎを上手に使うことも、より条件のいい移籍につながる可能性があります。

特に都市部から地方への出稼ぎともなると、ホテヘル嬢が人で付属となっていることから、有利な保証条件を付けてくれる可能性が非常に大きいのです。
ホテヘルでは、他の風俗と比べて、保証制度を取り入れているお店が比較的に少ないので、地方への出稼ぎは都市部のホテヘルで仕事をするよりかなり条件が良くなる可能性が高くなります。
しかも、出稼ぎでも比較的にお金を使う機会も少なく、お金をしっかりと稼ぎたい人は移籍先としてもおすすめかもしれません。
ましては、都市部から来た女性はお店のPRも力を入れて「期間限定」というフレコミで紹介してくれたり、積極的に新規のお客さんを紹介してくれるので、これも相まって保証金額より遥かに高い稼ぎを得ることが可能です。

移籍する条件として、保証制度の条件が緩い店舗を探すことを紹介しましたが、出稼ぎの移籍では、自ら積極的に働きかける以上に、好条件の移籍先を比較的簡単に見つけることかできます。
それだけ地方の風俗店、とりわけホテヘルの規模が少ないだけに、出稼ぎに来てくれた女性は手熱く向かい入れてくれるはずです。

他の風俗に移籍すること

ホテヘルから全く違う風俗業に変わることも、ある種の移籍かもしれません。

例えば、ホテヘルからソープに移ることも、移籍の一種と言えますが、風俗のプレイメニューはかなり共通しているので、応用は可能でしょう。
しかし、本番行為を避けたい女性にとってはあまりおすすめすることはできません。

移籍する前の心構え

移籍先が決まったなら、期待に胸を膨らませて臨むことでしょう。

しかし、移籍先では次のようなことを注意しなくてはなりません。

保証精度の内容をしっかりと守ること

もし移籍前より保証の内容が良かったり、条件が緩い場合は、その内容をしっかりと守ることが大前提です。
いくら条件や緩いと言っても、手を抜いたり、約束を反故にすることがタブーです。

せっかく採用されるのですから、お店の好意を無駄にしてはなりません、もし、提示された条件が厳しいと感じたのであれば、採用される前に、相談して条件を変更してもらったり、断るべきかもしれません。

新規顧客の紹介は積極的に

移籍後、お店が女性に行うことは、新規の飛び込みのお客さんをできるだけ多く紹介して付けてくれることです。
これは、新規のお客さんに気に入ってもらい、常連客となり、本指名を獲得してもらえるようになるためにです。

もし、前のお店と違い良い条件で採用された移籍先であれば、このお店の配慮に感謝して、紹介された新規客の接客を積極的に行うことです。

移籍でもプロはプロの意識を持ちましょう。

移籍すると、そのお店では新人さんとして扱われることになります、しかし、元々、ホテヘルしての経験値があるのですから、「自分ホテヘルのプロ」としての自覚を持って臨んでください。
条件が前よりは良くなっているはずなので、同じ間張りでさらにいい収入を得ることができるです。

移籍で後悔しないために

今、働いてきいるホテヘルで全く収入が良くないために、他のお店や出稼ぎで移籍することを考えることと思います。
当然、今より収入がいいところで変わることが決して悪いことではありませんし、せっかく自分の体を駆使して頑張るのですから、次のお店では頑張って欲しいものです。
しかし、今のお店の給料や環境、条件が悪いからと言って、焦って他のお店に移籍しないようにしなくてはなりません。

時間を変えずに「移籍ありき」で移籍してしまうと、今より悪い環境・悪い条件になってしまう可能性もあるからです。
そのようなことにならないように、ここで紹介してきた移籍に関する注意点や選ぶポイントをしっかり押さえておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました