ホテヘル嬢の新人期間は頑張るチャンス

待遇

ホテヘルなどの風俗店に本入店すると、お店のホームページや風俗サイトなどのメディアで、新人キャストとして紹介されていきます。
この時期は、入店したばかりの女性のプロフィールや出勤情報などの写真にも「新人」のコメントやマークが目立つように記されます。
これはお店側の配慮で、特別にどのホテヘル嬢を指名するか、明確に決めていないフリーのお客さんに、新人さんを積極的に紹介してくれる思惑があるからです。

店舗によっては、この新人期間をどのように扱ってくれるか様々ですが、それでもこの新人期間中は、フリーのお客さんがつきやすい時期でもあり、かなり収入を稼げることも事実です。
もしかすると、常連のお客さんでさえ、新人さんを指名して来る可能性もあります。

ホテヘル嬢にとって大切な新人期間

ホテヘル店からは、「あなたのことを大々的に紹介して売り出すから、新人期間の間は、できるだけ休まずしっかりと出勤して、指名のお客さんをたくさん掴んで下さい!

と言ってくれるものです。
高い収入をこれから稼いで行きたいと思って、人気嬢を目指すホテヘル嬢の子なら、この新人期間は大いに活用して行きたい重要な期間です。
ある意味、普通のホテヘル嬢よりも、お得な新人期間でもあります。
でも、この新人期間は、入店してからどのくらいの期間を指しているのでしょうか?

また、この新人期間が終ってしまうと、急に稼げなくなるのかという心配も出てくることでしょう。
お子さんのいる女性であったなら、「今週は他の仕事や家庭のことも忙しくて、新人期間中のようにあまり出勤することができないんかも」
あるいは、これからホテヘル嬢を考えている人でも
「たくさん出勤できる来月まで待って入店した方がいいかな?」
と心配する人もいることでしょう。
そんな人達に対して、これから新人期間の大切さをお伝えしていくことにします。

どうして新人期間は稼ぎやすいの?

風俗を利用する男性の多くは、昔からホテヘル店に在籍している風俗嬢より新人の子の方が大好きです。
1度会って、サービスを受けた風俗嬢が結果的に気に入らなかったなら、その女性と再び遊びたいと考える男性は、めったにいません。
ちょっとでも良かったなと思ったくらいの女性を継ぎに本指名するくらいなら、まだ会ったことのないホテヘル嬢に期待して指名する方がお客さんの心理です。
そのために長くお店に在籍していると、本指名を取ることができない限り、自分を選んでくれることが全くないお店では、他の女の子に常連のお客さんが流れていって、自然に収入が減っていくことになってしまうのです。

こんな状況になると、本指名がもらえなくても、フリーのお客さんやネットからの指名が出てくる可能性があるかと思うかもしれません。
しかし、フリーのお客さんの数はそんなに多くはなく、かなり限られていることが多く、お店側としては、新しく入ってきた女性や体験入店している女の子に、それらのお客さんを付けて、再指名をしてくれる固定客を増やして行きたいと考えているのが実情です。
時には、暇を持て余している指名をもらえない女性に、そんなお客さんを回してくれる場合もありますが、それでも新人女性と限られた数少ないフリー客を分け合うことになるので、この層のお客さんをアテにして稼ぐことは、現実的ではありません。
ほぼ間違いなく、このフリー客をターゲットにして稼ごうと考えるのは間違っています

ネットから指名するにしても、お客さんは、ホームページのランキングや口コミなどを詳しくチェックして、吟味したあとに女性を選んでいきます。
ホテヘルで高いお金を払って遊ぶのですから、お客さんも善意で指名するなんてことはあり得る話しではないでしょう。
男性のお客さんにとっては、珍しく貴重な女性や風俗慣れしていない新人の女性に対して、高い関心を示すのです。
「男性は新人が好きでそんな人としか選ばない」
「できれば未経験の新人がお好み」
こんな女の子が好みというお客さんもかなり多いのです。
そのためにお店側も、体験入店の女性には入店してもらうため、新人の子にしっかり本指名のお客さんを増やしてもらえるように最優先でお客さんを回していきます。
そのために新人期間でそれなりに稼げることが普通なのです。

もし、体験入店して本入店して新人期間に、お茶を引ぐことが多かったり(=お客さんが全く来ないこと)、1人くらいしか、お客さんの相手をしないことが続くのなら、それはそのお店そのものが人気がなくて、全く稼げない可能性が大きいと判断して間違いありません。
そんな時は、さっさと辞めて次のお店をすぐに探すべきです。
まだ、リピーターになってくれるお客さんもいないわけですし、お仕事内容だって、どんなことをすればいいのか分からないことだらけなので、テクニックや経験から言えば、ベテランのホテヘル嬢の方がいいのではないかと、風俗未経験の女性は、不思議に思うかもしれません。
しかし、これまで話してきたようなことから、新人期間にお客さんが付きやすいのです。

これからホテヘルのお仕事で頑張りたい通っている人は、もう1度、このことを忘れないようにしてください。
整理すると、・リピーターや固定客を持たない新人女性に対して、お店がちゃんと稼いでくれるよう全面的にサポートしてくれる。
・男性は新しい人やレアな女性が大好きなので、1度は指名してみようとする。
また未経験の子はスレていなく素人に近い人にも関心が高い。

この2つが新人王期間の強みの理由です。

新人期間ってどのくらいあるの?

では、ホテヘル業界では、新人期間はどのくらいあるのでしょうか?
1ヶ月、2ヶ月、もかして3か月?
こんなふうに新人の子は気になるものです。
でも、この期間はお店によって、その長さはマチマチで異なっています。
もし、本入店するのなら、自分が在籍しようとしているお店の新人期間がいつくらいまであるのかを、事前にチェックして把握しておきたいところです。
この新人期間がどれくらいまであるのかで、お店の集客力やお客さんの層、傾向や稼げる働き方もかなり変わっていきます。

新人の入店が多い店では、おおよそ1ヶ月が新人期間

新人のホテヘル嬢がどんどん入店してくるお店では、新人期間は、おおよそ1ヶ月程度で設定されていることが、ほとんどです。
多くのお店では、店舗のホームページなどで、ネットでの女性の並びを色々と考えて表示しています。
人気順は元より、人気女性よりも上に新人女性を表示するようにしています。

そのために新人の女性は、たくさん在籍しているホテヘル嬢の中で、この期間中はトップに掲載されることになります。
それでも、新人嬢の入店が多いお店なら、1ヶ月後には、全くそれまでの順番はガラリと変わり、すっかり順番も下の方になっていきます。
新人期間が終わると、新人を示すコメントやマークも外れてしまい、ずっと前から在籍している他のホテヘル嬢と同じように指名数やリピート数に応じて順番が決定されます。
中には、お店によって女性の並び方が、新しい人か上で古い人が下になっているケースもあります。

1ヶ月という期間はとても短いように思えるかもしれませんが、他の風俗店では、早ければ1週間以内、平均でも3週間~1ヶ月で、本指名が返ってくることが多いので、この期間が平均的と言えるかもしれません。

新人の入店が少ないお店なら、2~3ヶ月は新人扱い

逆に新人の女性があまり入店してこないお店なら、2~3ヶ月は新人ホテヘル嬢として扱われます。
常連のお客さんが一巡して、ゆっくりと考えているお客さんでも

「たまに、あの時にプレイしたあの子を指名して会いに行こうかな」
とやっと思い始めるのが、このレベルのタイミングでしょう。

出勤可能日や回数で新人期間が違う店もある

ホテヘル店によっては、昇給、ランキング、出勤についてのルールが異なっています。

お店の中には、新人期間を予め何ヶ月という単位で決めずに、実際に出勤する日数や接客したお客さんの数をベースを基準にしているお店もあります。
例えば、週1日出勤の女性と週5日以上出勤できる女性では、1ヶ月間で区切ったとしても、接客できる人数が全く違ってきます。
このように異なる環境にありながら、同じ土俵入りで競い合うことは、ある意味、フェアなことではありせん。
数多くのお客さんと接すれば、それだけリピートが返ってくる確率も上がってくれることは当然のこと。

1ヶ月にたった5人程度の接客しかできていいない状態で、本指名があまり取れずにリピート率が悪いと評価されるのは、あまりにも酷な話です。
もし、そんなことをお店から言われているようなことがあったなら、これもまた新しいお店を探すことを考えた方がいいかもしれません。
集中的に出勤して稼ぐレギュラーのホテヘル嬢でも、週に1~2日、短時間の小遣い稼ぎ目的レアな出勤でも、同じようなチャンスを与えてくれるお店がこのようなお店です。
この手のお店はかなり女の子の環境を理解してくれるお店と言えるでしょう。

新人期間を無駄にしないポイント

新人期間の長さがどの程度あるのか、どのような条件で設定されているかを理解すると、自分が働きやすいお店かどうかが、ある程度見えてきます。
新人期間は1度しかないせっかくのチャンスなの、このタイミングを無駄にせずに最大限に活かさなければ、とてももったいないのです。

新人期間が短い店は集中して出勤すること

新人期間が短いお店とは、・新人女性がどんどん入ってくるお店で、稼げるホテヘル店として有名な店舗であったり、給料バックなど条件も良い。
・常連に新人好きのお客さんが多く、リピートしなくて次は別ほ新人女性を指名しやすい。
・在籍が長い女性も多く稼げるお店。
・新人が常に入りどんどん辞めていく
お店なら、新人期間が終われば稼げないお店か客層が良くないお店。
こんなふうな可能性が高いと判断できます。
このようなお店に在籍したなら、新人期間中に集中して出勤して、稼げるだけ稼いで後は別のお店を探すということが得策です。

出勤回数が少ないレア出勤なら新人期間が長い店を選ぶこと

ホテヘルのお仕事でも、ダブルワークしている人なとは、週末1日だけ働きたいと思うことでしょう。
また、無理せずのんびりと短時間の出勤をしたい女性や副業的にバイトとして風俗を考えている女性の人であれば、ある程度、新人期間が長く設定されているお店の方がおすすめです。
レア出勤になることを初めから前提にしているのなら、この手のお店が電線お得な仕事になります。

ホテヘル嬢としての心構え

ホテヘル嬢としてこれからスタートするに当たり、次のようなことを心構えとしては、持っておくといいでしょう。

新人期間中はできるだけたくさん長時間シフトを入れておく

本人店してから慣れないからと、週1日2時間程度の出勤だと、1ヶ月では僅か8人前後の接客しかできません。
新人の女の子に興味を持っている男性は、あなたが考えている人でも以上にたくさんいますので、できるだけ出勤の回数を増やしていき、長時間入った方が間違いなくガッツリと稼ぐことができます。

但し、始めのうちは慣れないこともあり、体力も考えて6時間程度からスタートする方がいいでしょう。

初めてのことなのでできないと考えるのではなく、新人だからこそトライ!

初めてのお仕事だと不安ばかり募るこのでしょう。
また、やったことがないために、できるか分からないというサービスもあると思います。

しかし、ここで「経験がないからできないよぉ~」と嘆いて逃げ出していたら、再度指名してくれるリピーターのお客さんを作ることはできません。
こんな時はとりあえず、チャレンジしてみることが大切
お客さんもあなたを新人のホテヘル嬢と分かって、優しく接してくれるはずです。
決して無理なことはしません。

それよりもお店の方が、そんなお客さんを排除してれますから。

来客数の多い週末にターゲット

ホテヘル店に足を運ぶお客さんの多くは、平日に企業で働いている人達ばかりです。
そのために来客が多くなってくるのは、週末になります。

言い換えると、平日と同じ時間でシフトを入れたとしても、週末の方が予定いっぱいにお客さんの指名で埋まる可能性が高いことになります。
多くのお客さんと出会えるということは、それだけ自分をアピールする絶好のチャンスで、本指名をもらえるお客さん作りができる良い機会でもあります。

リピートになってもらえるように全力で接客

新人期間中に指名してくれたお客さんやお店が付けてくれたお客さんに対しては、始めの挨拶からお別れまで手を抜かずに、丁寧な接客を心がけるようにしましょう。

新人なのに手を抜いてプレイしていると分かってしまったなら、お客さんは良い印象を持つことはありません。
テクニックは未熟でも、一生懸命頑張っている姿勢がお客さんの心をつかむことになります。

まとめ

これまでホテヘルの新人期間中に心がけるべきことを説明してきましたが、お分かり頂けたでしょうか?

これまでの説明を改めて見ると、・風俗の新人期間はおおよほ1~3ヶ月程度。
・新人期間が短いお店では集中して稼ぐことが向いているが、新人の出入りが激しいお店では、しっかりと指名を取らないとあっという間に埋没する。
・新人期間が長いお店は、マイペースで働きたい女性におすすめ。
このようにお店の特性を理解しておくと、しっかり稼げるか損するか、よく分かってきます。

また、自分のカラーに合ったお店を選ぶこともホテヘルで稼ぎ続けるための重要なポイントになります。
是非、あなたにマッチしたお店を見つけてガッツリと稼いでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました