ホテヘルの保証制度とは、何?

待遇

ホテヘルやデリへルなどのお仕事をする女性の人達の目的は、何と言っても昼間のお仕事よりも給料の条件が良い環境でまとまった収入を作れることです。
そんな風俗のお仕事の中の求人広告に「保証」というキーワードが目に付きます。
これは「最低保証制度」という仕組みで運用されているものですが、例えば
「最低保証30万円」
「日給保証5万円」などと書かれているキャッチフレーズのようなものが、この「保証制度」のことを指しています。
では、この「保証制度」とは、一体どのような制度なのでしょうか?

風俗の「保証制度」とは何?

風俗業での「保証制度」とは、女性がお店に仕事で出勤した時に、全く指名が入らなかったり、接客するお客さんが、1人として来なかった時に、お店が保証した金額まで、女性の人に給料として支給される制度のことを言っています。
風俗のお仕事は、固定給の昼間の仕事より高い収入を稼ぐことができるものの、固定給ではなく、完全歩合給のために、不安定な心配があります。
しかし、この保証制度のおかげで、ホテヘルやデリへルのようなお仕事をしても、本当に稼げるか先行きが見えない中では、とても安心できる仕組みなのです。

お茶を引いた時にありがたい保証

風俗業界のお仕事の大半は、完全歩合制となっています。
そのために、それまで全く未体験の女の子にお客様が付くことで、やっと給料がもらえることになります。
しかし、毎日、そのようなことが続く保証はどこにもありません。
日によっては、お客さんの出足が滞り、全く入らないこともあり得ます。

最悪の場合は、1人も応対することができなかったということもあります。
これを風俗業界では「お茶を引く」という言葉で表現していますが、お店で「保証制度」を設定してくれていれば、たとえお茶を引いたとしても、出勤してきた女性には最低限の給料をお店が支払ってくれるわけです。

保証制度の始まりは?

この保証制度はどのお店でもあったわけではありませんでした。

元々、保証制度は、地方から首都圏や都市部の風俗店へ出稼ぎとして仕事を訪れた長期で仕事をする女性の人達のために考案されたものだったのです。
遠くから交通費や宿泊費用を自己負担でやってきたのに、期待するほどいい収入を稼ぐことができなかったならば、わざわざ遠くから出稼ぎに来た女性からクレームが出てしまい、お店の悪評が広がってしまう可能性があります。
そのようなことを避けるために、この保証制度が作られたのです。
また、それ以外には、お店が保証制度を作ったことによって、地方から若い女性が出稼ぎにやって来れると安心感にもなり、人材確保に貢献しています。

ここの店舗で2週間入ってくれたなら、お客さんの接客数に関わらず、最低5万円は出しますよ」といったような条件を入店する前に初めに提示するものでした。
この仕組みが次第に出稼ぎに来た女性だけでなく、それ以外の女の人に対しても使われるようになって、現在の「保証制度」に至っているのです。

保証制度の問題

保証制度はホテヘルやソープなどの風俗で働く女性の人とっては、収入面でとても魅力のある仕組みなのですが、その一方で、お仕事の手抜きを覚えてしまう若い女の子も増やしてしまうことになってきました。

真剣にお客さんに接客せずに無理に気に使って気に入られて本指名をもらえなくても、この保証があるために、給料が約束した一定のレベルで守られるというわがまま的な考え方をする女性も多くなってしまいました。
そのことから、この数年の間に保証制度を用意しているお店では、この制度を利用する女性に対して、色々な条件を出すようになってきました。

保証制度に条件が付けられる

お店からすると、誰でも全ての女性に保証制度を付けても期待した程のお仕事をしないのであれば、お店の持ち出しとなり、赤字に陥ってしまいます。

そのために、この保証制度は誰でも受けることができないようになってきました。
確かにお客さんが全く来ない「お茶を引いた」日でも、しっかりと給料が出されるのですから、この保証制度は風俗嬢にとっては、とてもありがたいシステムのはずです。
しかし、出勤だすれば保証された額の給料が出てくるので、必死になってお客さんへのサービスをしなかったり、手抜きをしても、収入が目減りすることがありません。
そんなことばかり考える女性が出てきてしまいますので、お店側としても、保証制度を受けることができる女性にある程度の条件を付けることになるのです。

条件もなしに保証制度が使えるを女性はお店にとっては、絶対に他の店舗に移って欲しくないと思う人であることが多いのです。
人気アイドルや女優のようなルックスを持っていたり、モデルのようなスタイルをしているのであれば、文句なしに保証制度を使えることでしょう。
その他にも、熟女専門店のようなお店のコンセプトとマッチしている女性でも自然と保証されるケースもあります。
しかし、そのようなケースはかなりレアケースであり、それ以外の普通の女性に対しては、何かしらの保証の条件が付けられることが多くなっています。

保証制度の条件内容

保証制度を付けるために女性に提示される条件はお店によって条件が異なってきますが、大きく3つの項目に当てはまる風俗嬢が日給保証てあったり、最低保証が設定されることが見られます。
1つ目は、入店してから1ヶ月~3ヶ月以内の新人の風俗嬢です。
次にあるのは、週に5日以上7時間の勤務ができる人というように常に安定した出勤が可能な女性です。

また、いわゆる「人気嬢」と呼ばれる人も保証制度の対象になります。
この女性がいるだけで、常に本指名が取れて、常連のお客さんが来るからです。
このように、お店側から見て、常に多くのお客さんを招き入れて1日に何人もの人の接客ができてバリバリと活躍してくれる女性に対して保証を付けるのが大半です。
また、女性のルックスやスタイルがとても良くて男性受けするような子もお店に在籍しているというだけで、多くのお客さんを引き寄せる効果がありますので、インターネットのホームページや紹介サイトにボカシなしで顔出しができるような女性であれば、このような人も保証の対象になるケースも少なくありません。

お店にとって見れば、店舗に大きな利益をもたらしてくれる女性に期待するわけで、貢献度が高い女の子になれば、普通1万円程度の日給保証が2万円~3万円にアップするようなこともあるのです。
保証金額が高くなっても、人気の風俗嬢であれば、それ以上の売り上げで稼いでくれるので、女性から見てもお店側にしても、ギブアンドテイクの関係になっています。

さらに厳しく条件が出ることもある

しかし、給料保証をするためには、女性によっては、さらに厳しい条件が提示されることがあります。

例えば、お店が提示する日数を下回らないようにキチンと出勤することや、1日の出勤時間でも、お店が求める時間以上いることも条件の中に含まれます。
遅刻や欠勤は、当然、禁止されています。
昼間のお仕事で、会社に勤める人達にすると、このようなことは当たり前のことなのですが。
しかし、これよりますます条件が追加されることもあります。

お店によっては、インターネットや業界雑誌などのマスコミに、顔画像を加工せずに出すことが可能なことや、風俗関係のマスコミの取材を受けることができることなども挙げられます。
これはお店側だけでなく、本人も自分自身のPR効果が絶大ですが、それだけ保証を付けるだけの意味がお店にあるわけです。
その他には、お店のホームページに掲載している写メ日記を、決められた回数以上を更新するような条件も求められることがあります。
今ではお客さんの多くがスマホでホームページや写メ日記を読んで、女の子を指名するので、この条件もよく出てくるものです。

これがエスカレートすると、これまで紹介した条件を全てクリアにしないと、保証をしてくれないというケースもあります。
もちろん、お店によっては条件がバラバラで大きく異なって来るので、保証制度を使いたいと思っている人は、面接の時に必ずお店の人に、その条件などに聞いて確認の上でOKするかどうか判断することが大切です。

保証制度が受けられるお店の選び方

保証制度がお店によって付くかどうかは、ホームページや口コミ、風俗求人サイトを確認してみることです。

ただ保証が付いてくるお店てしては、一般的にホテヘル、デリへルのような無店舗型と比べて、店舗型の風俗店の方が多い傾向にあります。
ソープランドやファッションヘルスような風俗です。
店舗型ね場合は、利益を安定的に確保したいお店の思枠から、できるだけ空き部屋を少なくして、お客様の出入り増やして回転率を上げたいということです。
そのために、店舗型風俗店で働く女性の出勤をサポートしてくれる給与保証を付けるケースが多いわけです。

しかも、同じヘルスやソープのような業種でもいくつかの店舗を経営しているグループ店舗は保証制度が要因しているお店がほとんどです。
時に有名店を探して面接を受ける女の子が多いのもそのためです。
しかし、ホテヘルで全く保証制度がないかと聞かれれば、そうでもありません。
ホテヘルは歓楽街を中心に多く集まっているので、その中でも保証を付ける所が結構あります。

ただし、保証を付けてもらうためには、月内で一定以上の出勤日をキープするようなレギュラー的な出勤が条件となるケースが少なくありません。
保証をもらうために体調が悪くなったとしても、無理に出勤を続けることで、余計なストレスが貯まって、そのせいで長い間、働けなくなることもあるでしょう。
そのようなことにならないためにも、一旦は冷静に自分がどの程度の日数を出勤できるのかを整理した上で、保証制度があるお店時間をかけて探すことがいいでしょう。
また、ソープなどはかなり体力を消耗してしまいますので、自由度の高いホテヘルだと、店舗型よりは数が少ないものの、体力もそんなに使わなくても済みますし、ファッションホテルよりは、保証額がいい場合もあるので、お仕事の選択段階でホテヘルを中心に、保証制度の有無を調べてみるのもいいかもしれません。

保証額の相場って、どのくらい?

ここで気になることは、保証制度でもらえる金額が、どの程度になるのかということでしょう。
これはホテヘルだけでなく、ソープやデリへルなどを含めた一般的な考え方です。
その前に保証の種類が2種類あることを知っておきましょう。

風俗の保証のパターンとしては、
・日給保証(日割り保証とも呼ばれています)
・トータル保証
の2種類があります。
「日給保証」とは、出勤したその日についての最低限の金額保証の制度です。

例えば、日給保証が3万円と設定されている人であれば、1時間1万円の接客で2人のお客さんしか接客できなかったとすれば、普通であれば、2万円しか稼げなかったところをお店では、3万円までは給料を支払ってくれます。
これが1時間1万円4人の接客であれば、その実績に応じて給料は4万円支払われることになります。
実際の稼ぎが日給保証より少ない保証割れした日でも、保証金額の給料がもらうこと仕組みです。

トータル保証

トータル保証は5日連続の出勤15万円保証や3日出勤10万円保証というように、初めに決められた出勤日分の給料で、トータル的な保証額より稼ぎが低くても支払われる仕組みです。
特に地方への出稼ぎでは、トータル保証の場合が多く見られます。
しかし、これは必ず決めた日数や時間出ないと全てが無効になります。
5日出勤15万円保証で約束して、3日間しか出勤できなかった場合は、3日間の保証内容を求めても、それは受け付けてはくれません。

あくまで契約の世界なので、その約束を守ることが前提となります。

保証の相場

保証の相場は、お店の価格帯な繁盛している人気店や女性のルックスの良し悪し、勤務条件によって保証金額にはかなり幅があります。
もしホテヘルを考えている人は、1日3万円程度と思われますが、出稼ぎであれば、トータル保証が5日連続で20万円~30万円というケースも珍しくはありません。

ホテヘルの保証は?

ここで難しいことは、ホテヘルの場合、ソープのような店舗型風俗よりも保証制度が少ないということです。
日給保証を考えてみた場合に、お店側もビジネとして経営しているのですから、どんな子に対しても、給料を出すわけではありません。
基本的に保証を付ける価値のある人に対してだけ出すのが原則です。

ホテヘルでも、日給保証が3万円としたなら、それ以上稼げないと保証割れで赤字になってしまいます。
そのために、保証することについては、厳しい見方をします。
ホテヘルでも、かなり稼いでくれると思われる女性や、これから人気の出てくると思える子であれば、確実に保証を付けてくれます。
ナイスバディの子であれば、人気が出て来て、マスコミの取材も増えて、お店自体の宣伝効果も大きくなるので、投資的な価値が期待できるのです。

その他に他のお店から移ってきて、それまでの常連客をたくさん連れてくる女性も、稼げると判断できたなら、保証額を付けることがあります。
ホテヘルでも、これらのようなポテンシャルを持っている人であれば、保証制度を期待することができます。

ホテヘルだと出稼ぎが有利か?

しかし、それでも大きな目で見ると、無店舗型のホテヘルは、店舗型の風俗よりは、その選択肢が狭くなっていることも事実です。

ホテヘルで働くメリットは、ソープのように本番行為がないことなので、もし、この仕事にこだわるのであれば、出稼ぎという選択肢も考えられます。
出稼ぎに行くと日給保証やトータル保証が出やすい傾向があるからです。
特に都心から地方へ、あるいは地方から都心へ期間限定で出稼ぎに来た女性が対象になるのですが、出稼ぎは、高い交通費や宿泊費を負担して働きに来ることになります。
さらにその負担に加えて、全く見知らぬ地域で仕事をするのですから、いきなり本指名を増やしていくということは無理なことです。

歩合給だけの給料では、女性にとってリスクの大きいことなので、そのようなお店には誰も働きに来ることはありません。
出稼ぎ求人募集をするくらいに人手が不足しているお店は、とても困ってしまいます。
そのためにホテヘルでも、出稼ぎの女性に限って日給保証やトータル保証を付けて安心して働きに来てくれるという環境を作っています。

ホテヘルでは移転も選択肢の1つ

また、ホテヘルではより保証の良いお店に移転することも1つの方法です。
移転を考えるなら、バック率やプレイ料金が高く、人気店を選ぶことがポイントです。
日給保証を付けてもらうと、お店にお客さんが多く入った日は、歩合給と同じ金額がもらえます。
移った店のバック率やプレイ料金が同じだと、もらえる給料と同じになってしまいますので、必死に働き歩合給をもらうよりは、確実に日給保証をもらう方が得かもしれません。

その反面、今よりバック率が高く、客単価が高ければ、歩合給の金額も大きくなるので、移転した方が得になります。
この点もホテヘルのお仕事を考える上で、確認しておきたいポイントです、やっと探し当てて移ったお店が流行っていなくて、歩合給のみだったなら、とても不幸なことです。
しっかりお店の宣伝をしていたり、予約電話を入れても中々取れないようなことも確認して、流行店なのかを把握して移転することです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました