ホテヘルでは本番は禁止事項

仕事内容

ホテヘルでお仕事を考えている女性の人が一番心配するのは、お仕事中、すなわち風俗プレイ中にお客さんが、「本番」を強要して来ないかということでしょう。
本番とは、実際に「セックス」をすることですが、ホテヘルでの本番の実際に迫って行くことにしましょう。

風俗では「本番」は禁止されている!

風俗業界では、ホテヘルやデリヘルのようなお仕事では、本番は禁止されています。
風俗のお仕事では、収入的にはソープランドで、本番プレイを前提として働くのが、一番高い収入を得ることになるでしょう。
ソープにはそんなイメージがあるのですが、建前上ではソープであろうとも本番は禁止されているのです。
では、どうして当たり前のように本番行為が行われているのでしょうか?

本番が普通に行われている風俗は、「お店の中で、恋愛感情が芽生えてセックスすることは自由だ」という考え方で本番ができるという仕組みになっているわけです。

ソープランドでの本番

ソープランドでは、普通に本番行為が行われているようなイメージがありますが、ソープランドも公に言うと、他の風俗のお仕事と同じように本番行為は禁止されています。
しかし、ホテヘルなどの風俗とは異なり、ソープランドで働いている女性の人達は「個人事業主」という形で、お店と契約してお仕事をしています。

ホテヘルや他の風俗嬢は、お店の従業員として雇用されているので、法的にお店側も本番行為が禁じられている以上、女性の人達に厳しく「本番をすることはダメだ」と言わなくてはなりません。
また、お店に勤める風俗嬢側も、このルールを守る義務があるわけです。
しかし、ソープランドで働く風俗嬢の人は、あくまで個人事業主としての位置付けなので、お店のオーナーがそこまで細かく拘束することができません。
このような解釈から、ソープランドでは、「お客さんとソープ嬢との間で生まれた恋愛感情から本番行為に及んでしまう」と理解されているのです。

あくまで建前の世界で成り立っているのが、ソープランドなのです。

本番が禁止されている理由

では、風俗全体をでは本番行為が禁止されているのは何故でしょうか?
その理由は、日本には「売春禁止法」という法律があるためです。

この法律の内容は、金銭のやり取りをしたセックスは、「性病を広げるリスクがあり、非嫡子を増やしてしまう」という理由に基づいているさらです。
この法律の目的からすると、金銭のやり取りがなくても、「不倫やフリーセックスもダメ」ということになりますが、実質的にはそれらの行為を取り締まることが難しいのですが、風俗では取り締まることができることから、本番の禁止が求められているのです。

ホテヘルの本番行為は本当にないの?

では、デリヘルなどの風俗では、本当に本番がないのでしょうか?

悲しいかな、現実的にはホテヘルなどでも本番行為が行われているケースが少なくありません。
ホテヘルの風俗プレイは擬似セックスなどを施しので、お互いに性欲が高まって来て、つい本番プレイしたくなる風俗嬢もいます。
ホテヘルは、お店の外をプレイ場所としているので、お店側がたとえ本番を禁止していても、女性の方が認めてしまえば、本番の可能になってしまいます。
ホテヘルや他の風俗で働く女性全ての人が、本当に行為を受け入れているわけではありません。

逆に本番を受け入れる女性はそんなに多く反面、どの程度の風俗嬢が本番をやっているかは、あくまで水面下のことで、はっきりと断定することが難しいのが実態です。
また、男性客も「ホテヘルでも、本当は本番がいいんだよね」と言って、セックスを風俗嬢に強要してくる人もいるので、ホテヘルでお仕事をしている人はNGサインをはっきりと出すことは必要なことです。

本番行為に及んでも捕まらない

風俗店で本番をしてしまうと、正確には、売春防止法違反となります。

しかし、この法律には、明確な罰則規定が設けられていないために、違反してしまったとしても、風俗嬢とお客さんが、警察に検挙されることはありません。
このことは、風俗嬢が、社会的には弱い立場であるという考え方に基づいており、保護される対象となっているからです。
逆にお店側が摘発される対象となっています。
このことから、風俗店が店ルールとして本番行為を禁止しているのです。

しかし、ルールを守らず、本番行為判明した時は、お客さんは罰金を求められ、女性も解雇される可能性があります。

ホテヘルでの本番を求めてくるお客さんの実態

では、ホテヘルで男性客が本番を要求してくるケースを見ていくことにしましょう。
ホテヘルで働いていると、大抵のお客さんが、本番の交渉してきます。

中にはゴムつけて当たり前のように入れて来るお客さんもいます。
男性客は、正規の料金とは別に5,000円~1万円程度、追加して本番をすることを求めて来るのです。
それだけホテヘルでも、お客さんの大半が本番の交渉をして来るわけです。
たとえ、ホテヘルが本番禁止のルールであっても、お客さんは「建前的なこと」としてか受け止めてはいないのかもしれません。

とは言うものの、ホテヘルに慣れていない男性客は、禁止ルールをしっかり守ってくれるケースがいいのですが。

本番の断り方

それでも、ホテヘルでお仕事をする女性からすると、これからずっと働くのであれば、やはり本番の要求をはっきりと断るべきです。
ここでは、そんな要求をしてくるお客さんへの断り方を見ていくことにしましょう。

1.お店のルールととしてはっきりと断る。

ホテヘルでは、ほとんどのお店がホームページなどで、本番禁止を男性客に前もって告知しています。
本番を強要してきた男性客には「法的手段に訴える」ということで断る手段があります。
この「法的手段」は「警察に通報しすること」や「損害賠償の民事訴訟で訴える」というようなことを意味しています。

本番を強く求めて来た男性客は、禁止ルールに訴えて、相手を牽制すると、諦めてくれると思う人も少なくないでしょう。
中にはやんわりと「そんなことしちゃダメ。お店に言いますよ。」

このような言い方でも、「お店に言う」=「法的手段に訴える」と理解することを相手はイメージするはずです。
それでも、男性客が無理矢理に本番をしてこようとしてきたなら、完全に強姦罪になります。
そのために法的手段に訴えることはできるでしょう。
しかし、いくらホテヘルが風俗業と言っても、ある意味接客業です。

できることならば、フレキシブルに対応することが求められています。
そのために、プレイの現場では、ホテヘル嬢1人ひとりが、柔軟に対応して、解決していくのが望ましいと言えます。

2,雰囲気で断る

もう1つはやんわりと断ることです。

あるいは、その場の雰囲気でノリでかわすこともあります。
お客さんから本番を求められたなら、「今日、初めてのプレイじゃない。
今度のお楽しみに残してて。」

こんな軽いノリでサラッとかわすことが、相手もいやな思いをせずにいいかもしれません。
あるいは、女性の方から強引に攻めて、適当にごまかすこともアリですね。
何れにしても、その場の空気を読みがら、男性客のクセを掴んで巧みにさばくことが、「ノリでかわす」ということなるのです。
ここで重要なポイントは、女性から「本番を約束した」とは言っていないことです。

また「絶対、本番しない」とも言っているわけではありません。
このようなかわし方は男性客の想像力に任せているので、もしかしたら、次は本番を受け入れてくれるかもと思うのです。
それで次は本指名に繋がる可能性で出てきます。
それでも、しつこくして迫ってきたなら

そのご要望を受けていいか、お店に確認してみますね。
爽やかな笑顔で言ってみましょう。
すると、大抵の男性客は引いてしまうはずです。

本番を許してしまうと

男性客から、しつこく本番を迫られて、根負けして許してしまうと、どうなるでしょうか?
これは女性の方が、お店のルールを破ってしまったことになります。
それによって女性がお店から、解雇させられることもあり得えます。

本番をする女性が出てくることで、お店の女性の間の競争が損なわれることになるので、契約違反・ルール違反として、お店から罰金を求められたり、辞めさせられる可能性があります。
本指名を取りたいがために、ホテヘル譲は、こんな対応をしてしまう人も中には存在しています。
しかし、風俗でお仕事をするのにも、本番を避けるためにホテヘル嬢を選んだはずなのですから、本番を受け入れてしまうことは、結局は自分をなくしてしまうことになってしまうのです。
そのためにも、本番を受け入れることは、ホテヘル嬢として、断固として断るべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました