ホテヘル嬢をスタートする前にパネル写真にこだわろう!

コツ

風俗の世界では、ホテヘルだけでなくどんな風俗業でも、直接、女性に見て、お客さんが好む女性を選択するような店舗はほとんどありません。
大半のお店では写真で女性を選ぶ方法を取っています。
そう考えると、パネル写真の出来栄え、映り具合で指名率が大きく変わってきます。

つまり、風俗では高収入につながるのがパネル写真なのです。
実際に会ってみると、すごくきれいな女性なのに、パネル写真の映りが悪くて、ネットからの指名の本数が少なくなり、思ったように稼ぎが伸びて行かないということはよくあることです。
それだけパネル写真は女性の魅力をお客さんにアピールできる、最も有効な手段なのです。
パネル写真が良くないだけで、指名率が低いままで稼ぎが伸び悩んでしまい、稼げる金額が、ガタンと減ってしまうのです。

せっかくルックスがいいのに、そんなことで残念な思いをしないように、パネル写真の撮影をする時は、万全の準備をして臨むことが大切です。
そのために、どんなパネル写真がお客さんに受けるか、どんな写真の女性が選ぶのかよく理解しておく必要があります。

パネル写真とは、どんなもの?

「パネル写真」は、風俗業界で働く女性のプロフィール写真のことを指しています。

このパネル写真は、風俗のお仕事の身バレ防止の目的もあるために、写真だけでお客さんに指名してもらことが一番の目的となっています。

ホテヘルのパネル写真には2つの種類がある

ホテヘルのパネル写真は2種類あり、1つはホームページのパネル写真用と受付に置くパネル写真となります。
ホテヘルは、受付でお客さんがお好みの女性を指名することになるので、受付のパネル写真はホームページよりモザイク加工が少なく、より女の子の顔がはっきりと確認できるようになっています。

それだけに、ホテヘルではパネル写真の出来栄えが大きく指名率を左右してしまいます。

パネル写真の重要性

お客さんからすると、女性のルックスは写真だけでしか把握することが分かりません。
そのために写真がお客さんの好みでないと判断されると指名してもらえなくなってしまいます。

ホームページの写メのコメント欄を考えて記載したり、電話や受付所でスタッフが必死に、女の子をPRして売り込もうとします。
しかし、パネル写真の見た目の印象をカバーできることはかなり難しいものです。
実際に会って接客するレベルが良ければ、そのお客さんに気に入ってもらえて指名されることもあるでしょう。
しかし、まずは会って接客をしないと始まりません。

そのために、お客さんに指名してもらえるようなパネル写真にすることが、これからのホテヘルの仕事で成功するための重要な鍵となるのです。

パネル写真の修正

パネル写真は、パソコンの画像編集ソフトなどで修正されますが、これが次のような理由が挙げられます。
まずが身バレ防止が目的です。

女性が風俗で働いていることがバレないように、その子が特定されるような身体的な特長を消去します。
タトゥーやホクロなどです。
そして、最も大きな理由は指名率をアップさせるために修正します。
女性の肌を白く見せたり、ますます魅力的に見せるようにするためです。

しかし、修正し過ぎると本当に女性に会った時にお客さんは騙されたように思ってしまいます。
そのようなパネル写真は「パネマジ(パネルマジック)」と呼ばれており、悪い評価ばかりで、指名率が低くなります。
また、あまりにも修正箇所が多くなってくると、スタッフの負担み増えてきますし、ホームページに掲載されるタイミングを遅くなり、その間にお客さんの獲得が離れてしまう可能性も出てきます。
できれば修正せずに済むような写真の撮り方にこだわり、魅力的に見せるようにした方がいいのです。

パネル写真の効果的な撮り方

ホテヘルのお仕事においては、パネル写真がいかに重要なことばお分かりいただけたかと思います。
では、効果的なパネル写真の撮影には、どんな点にポイントを置くといいのでしょうか?

ヘアスタイル

まずヘアスタイルです。
ヘアスタイルは女性の顔の印象を大きく変えることができる重要な箇所です。
男性に受けがいい髪型は、ストレートヘアです。
清楚系な女の子の印象は、とても人気が高くて写真でも選ばれやすくなります。

緩くウエーブのかかった髪も人気も高い髪型ですが、金髪ヘアや明るすぎる髪色はあまり好まれません。
ましては、だらしない清潔感のない子と思われてしまいますので、止めた方がいいと思います。

目は相手に強いインパクトを与える力がありますので、アイラインを引いて目が大きくはっきり見えるようにすることがポイントです。

まつ毛の隙間を埋めるようにインサイドラインを入れると、さらに目をパチリとアピールすることができます。

眉は光を当てると消えてしまう特性があるので、普段より2割程度アップさせてしっかり描くことです。

鼻も眉と同じように光で消えやすい箇所なので、小鼻にノーズラインを取ることで鼻筋が通って行きます。

唇はベージュ系の口紅だけでは少し地味になってしまいので、ピンク系・赤系の口紅を使ってみるといいでしょう。

頬はノーメイクだと顔色が悪く見えてしまいますので、濃い目のチークを入れるとかなり顔が際立ってきます。

服装

服装もパネル写真の中で人気が高いポイントですが、清楚系が定番です。
白系やピンク系などのパステルカラーに人気が高く、他は体のラインがハッキリと見えるようなセクシー系の衣装も相手に好印象を与えてくれます。

脚をスラっと見せることを意識して高めのヒールを履くのもおすすめです。
まら、少しくきつめのストッキングも、脚を美しく見せることができますが、黒系ストッキングは不幸なイメージ連想させてしまったり、柄の入ったストッキングは大きな柄になると、派手な印象が強くなり品格を落としかねないので、避けた方が無難です。
また、カジュアル系の服装や個性的な服装は、男性受けしないので好まれません。

下着

下着も年齢によって傾向が異なってきます。
18歳~25歳の女性は、ピンク系や白系が可愛いアピールができます。
25歳以降になると、少し高級感を感じさせる下着の方がセクシーさが増して、より可愛くきれいに見せることができます。
また、男性の多くはTバックが好きなのでこれもおすすめです。

下着は単なる消耗品ですが、お客様がパネルを選ぶ時にかなり重要になってくるので入念に考えて選びましょう。
男性受けする色やデザインにすることが、下着選びのポイントです。
男性は清楚なものが好きなので、白やピンクなどのパステルカラーが良いでしょう。
派手な色や装飾が多過ぎるものは引かれてしまいます。

ブランド物などのいかにも高価そうな服も男性には好まれません。
ただ、お姉さん系・人妻系などでしたら大人っぽい色やデザインでも大丈夫です。

短所を見せない

パネル写真では、自分の短所はできるだけ隠して見せないようにすることが大切です。

お腹が少し出ているとおもったなら、ゆったり目の福良哉ワンピースを着たりします。
また、短い脚や太いのでえれば、ストッキングやヒールを履くことでカバーします。

長所を見せる

そして、長所は最大限にアピールするように見せることを意識してください

バストに自身がある人は、胸元の大きく開いた服を着たり、脚が長いのであれば、ショートパンツやマイクロミニなどを履きましょう。

パネル写真と実際のメイクの違い

実際に肉眼で可愛いく見せるメイクと、写真映えするメイクは違ってくることも理解しておきましょう。
身近なケースではSNSにアップされた自分の写真を見て、その写りが良くないことに驚いた経験をしたことがあるかもしれません。

ナチュラルメイクをしたつもりだったのですが、具合が悪そうに見えたり、フラッシュで顔が真っ白になって浮いて見えてしまうことがあります。
このような経験をしたことがある人は、メイク方法を考え直した方がいいでしょう。
可愛い系のメイクがいいのか、大人系がいいのか、あるいはエロいムードのある印象のメイクががいいのか、自分の特長を考えて見ることです。
もう1つはお店のコンセプトやそこの訪れるお客さんの特徴をよく理解して服装やメイクを考えていくのも、パネル写真で伝えることができます。

姿勢

姿勢の取り方(ポージング)も大きなポイントとなります。
セクシーな姿勢を取る女性が、ホテヘルのパネル写真では目を見張るものです。
姿勢の取り方で見た目の印象が大きく変わってきますので、意識することが大切です。

背筋を伸ばす

肩甲骨を内側に寄せていくと、自然に背筋が伸びて胸が突き出されてバストがアップされて見せることができます。

腹筋に力を入れる

腹筋に力を入れるとお腹を引っ込めることができて、よりメリハリの利いたスタイルになります。

体を斜めにしてひねたポージング

カメラに対して体を斜めに向けて体をひねるように上半身と下半身を反対方向に向けてみると、腰がくびれて女性らしさを大きく見せることができます。
バストやヒップが非常にアピールできて、ウエストが細く見えます。

足首を伸ばす

足首を伸ばすだけでも、足を長く見せることができます。

あごを引いて上目使いに

あごを引いて上目使いにすると、目が大きく見えてさらにセクシーに見せることができます。
お客さんは、どんな女性がお店にいるのかを知るために、パネル写真以外にもその子のコメントや、写メ日記など色々な情報を調べて女性を決めていきます。

しかし、その中で。
一番初めに目に飛び込んでいくものがパネル写真です。
そのために多くの在籍している女性と紛れ込むような平凡な写真では意味がありません。
自分のプレイ内容や接客スタイルを意識して撮影してもらうように心がけて、パネル写真で自分のアピールポイントを最大に伝えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました