ホテヘルでお仕事を考えている人は、体験入店すべし

仕事内容

ホテヘルでお仕事を始めたいと思っている女性の方からすると、今まで全く風俗業の経験がない場合、どんなことから始めればいいのか、戸惑っているのではないかと思います。
ホテヘル嬢としてデビューするためには、お店のオーナー・店長、あるいは採用担当のスタッフとの面接を他のお仕事やアルバイトのように受ける必要があります。
しかし、ホテヘルを始めとする風俗業では、「体入」、すなわち「体験入店」という仕組みがあります。

体験入店は、実際にお店やプレイ現場に入り、試しに働いてみることです。
この体験入店の結果、「良さそうだな。」
「これなら私もできそう。」
と感じることができたなら入店してもらうため仕組みです。
初めてお仕事をする人が、ホテヘルのお仕事はどんなものかを知ることが体験入店なのです。
これは、あくまで仕事を体験してみることので、「お試し感覚」で、実際にホテヘルの現場で働く実態を肌で感じることができますし、お試し的なお仕事とは言え、決してタダ働きではありません。

お給料がしっかりと支払われますので、収入として見込みむことができます。
しかも、ホテルなどの風俗のお仕事は、大抵の場合100%現金日払いとなっているので、それも魅力の1つでしょう。

体験入店では、どんなことすればいいの?

しかし、体験入店をしようにも、色々な不安はつきまとうことでしょう。

「体験入店では、どんなことに注意すればいいかしら?」
「自分に合ったお店はどうやって探したらいい?}

こんなことが頭の中をよぎることと思います。
体験入店では、「どのような客さんが足を運んでくるのか」
「接客したり指名してくるお客さんの人数によって、どのくらいの給料が稼げるか?」といったことを掴んでもらうために入店後と変わらない環境でお仕事をすることになります。

「初めてだけど、やっぱり体験入店して働いてみることは不安だな。」
と思われるでしょうが、全く心配はありません。

体験入店の流れを知りましょう。

体験入店の流れは次のようになりますので結構簡単です。
まずは、お店のホームページに掲載されているメールアドレスや電話でコンタクトして、応募します。
次に採用スタッフや店長と面接。
ここでお店の内容やお仕事の内容をレクチャーを受けます。

そうして「体験入店」となります。
そして、大変入店で実際にお客さんと接待して、「このお仕事は合いそうだな」と思ったら、ここで初めて入店することになります。
それまでホテヘルのお仕事の経験がない女性は、「体験入店は丸々1日必要」とと思っていますが、実際に言えば、お店では1人だけ接客してもらうの「体験入店」でもOKなのです。
風俗未経験の女性にすれば、色々な不安が募ってくるはずですが、1人目のお客さんを相手にしてみて、「無理かな」と感じたなら、同じ日に2人目を相手にするのことは怖くなってみたり、嫌に思うことでしょう。

そんな時は、事前に「1人だけ相手してみて無理に感じたら、辞めても問題ないですか?」と質問しておくといいでしょう。
1人目の接客で問題なさそうであれば、2人目の接客を受け入ればいいし、万が一、無理であれば事前にお店に伝えてあるので、その時点で体験入店は終了となります。
体験入店が1人であっても、その分の日当はキチンとバックされるので、安心して受けとれます。

また、講習ではそれなりに雰囲気をイメージすることはできるでしょうが、接客することは初めてのことなので、緊張することは無理もありません。
ホテヘルの場合は、ソープなどと異なり、店舗を構えない無店舗型営業なので、女性は自邸されたホテルやレンタルルームに、待機室から向かうか、お客さんと一緒に入ることになります。
都心だと、ホテヘルは、渋谷や池袋、五反田、歌舞伎町など歓楽街のある地域に集まっています。
面接を受けると、その後、すぐに体験入店をすることができますが、ホテヘルの場合は素人的な女性を指名してくるお客さんが多いので、講習はほとんど言葉で伝えるだけが現状です。

そのために面接を受けたその日に体験入店することができるのです。
お店によっては面接でも、出張して面接をしてくれる所もありますので、ホームページやホテヘルなどの風俗求人サイトで確認してみるのも1つです。
まずは、問い合わせてみて自分が納得するまで確認することが大切です。
実際に体験入店してみて自分に合っていないと思ったら、遠慮することはがありません。

素直に辞退しても構いません。
お店側も無理矢理に引き止めることはしませんが、辞退する理由はあり程度は尋ねられるかもしれません。
それはあなたを脅かす意味ではなく、一緒にお仕事ができると思ってのことなので、不安に感じたことを解決してくる意味でお店側も親切に受け止めてくれるはずです。
そのために辞めたい場合は、その理由を正直に伝えてお店側に理解してもらってで辞退するのが、一番良い方法です。

決してあなたを悪く言うことはありません。

すぐに体験入店できるの?

ホテヘルでは、面接後、すぐ体験入店をすることはできます。
経験のない女性にとって、不安はあるでしょうが、その一方で結構人気のあるお仕事でもあります。

そのために、素人の良さを最大限に発揮できるように、実技的な講習はほとんど用意されていないことが多いのです。

仕事の説明を聞いてからの体験入店でも問題がないの?

ホテヘルの体験入店を募集している地域は前述のような渋谷や歌舞伎町などのエリアですが、これらの地域で様々な風俗店もありますので、仕事の説明を一旦、聞かせてもらってから自分の都合で体験入店してみることがいいでしょう。
そのように考えているのであれば、面接を受ける前に「まずは話だけ聞かせてください」ということを面接スタッフに予め伝えておくことで、後々の流れもスムーズに進んでいくことになります。

注意点

初めての体験入店でも、やはり不安があるでしょうが、これから説明していくことを注意点として理解しておくといいでしょう。

体験入店でも料金前払い

ほとんどのホテヘル店ではお客さんからは、料金を前払いでもらっています。

これは支払いのトラブルで口論ややり逃げ的なことを防ぐためです。
ソープなどの店舗型の風俗店では受付があり、そこで料金を受け取るので、トラブルはほとんど起こりません、一方の無店舗型テリヘルでは風俗嬢がホテルやお客さんのいる場所でお金を受け取るので、体験入店であまりの緊張から、お客さんから料金をもらうことを忘れてしまうことあります。
もちろんお金をもらい忘れたらお給料はありません。
それと比べて、ホテヘルは無店舗型であっても、受付所があり、そこでやり取りするので、料金半払いとなり、心配することはありません。

お客さんの対応について

ソープ以外の全ての風俗店が本番行為をお店で禁止されえちますので、お客さんから変に求められたり、強要されたりしても応じる必要は全くありません。
しかし、体験入店する女性は風俗のお仕事自体が経験がないので、「内緒でお小遣いを渡すから」や「次には本指名するから本番をお願い」、「他の子は本番させてくれたし皆やってるよ」など、お金やエッチなん指名のことをエサにして求めてくることがあります。

しかも、他の女の子と比べながら本番を求めてくるずるいお客さんも少なくありません。
それでも「バレなければ大丈夫かな」と思っている人もいるかもしれませんが、お客さんは、ネットの掲示板やSNSなどで公開してしまうこともあります。
それは次第に広がってしまったり、他の女性を通してお店に知る所になると、せっかく採用されたとしても、取り消しされるなることもあります。
性病の心配もあるので、、自分自身をも守るためにも本番行為は絶対に避けることです。

体験入店後のことついて

体験入店を終った後にお店のスタッフから、次に出勤するかどうか、本格的な入店を求めてくることが、ごくまれにあります。
まるで、入店してお仕事をすることが決まっているかのように話を進めてきます。
この時は、何となく断れないような雰囲気に押されてしまい入店のOKしないように気をつけましょう。

断りづらい空気があっても、嫌やな気持ちで続けてもお店のためにも、自部のためにもよくありません。
ちょっとでも、不安や働きにくいとを思ったのであれば、ためらわずにその場、断わるようにしましょう。

ホテヘルを選ぶためには給料で考えること

体験入店するにしても、直接影響がでてくるのが、給料のことです。

こえrからどんなお店を選べばいいのか、っても現実的な選択の重要ポイントとなります。
ホテヘルのお店選びで気を付けることは、体験入店お店選びで本当にしっかりと収入を稼うことができるかどうかということです。
経験のない女性の人が陥りやすいのですが、これまでの経験がないことで体験入店したお店のレベルがどんな基準になっているか分からないことです。
風俗のお仕事では一般的なバイトと比べてみると、確かにお給料は高めなっていますが、他の風俗店でどのくらいの違いがあるのか分からない状態です。

その結果、入店を決めてしまってから、後から損してしまう可能性もでてきます。
お店によっては、稼げる金額が大きく性開いていることにもなりかねません。
稼げるお店は見つけるには、高級店を選ぶことです、ほてでも、他の風俗と同じように大衆店と高級店があり、稼くことができる収入は1日での接客するお客さんの人数で大きな差が出てきます。
できるだけ多く稼ぎたいと思うなら、間違いなく高級店を選ぶことです。

ホテヘルでは、お客さんが手軽に楽しめる低料金を売りにしている大衆店と、料金が高い高級店がありますが、実際にお仕事をするのであれば、高級店で体験入店すべきでしょう。
大衆店は気軽に楽しみたいお客さんがメインで、回転率は高く、それでホテヘル嬢も1日で5人~6人のお客さんの相手をしなくてはなりません。
本指名やオプションが入ると、1日に6万円程度の収入にはなるものの、かなり体力が必要になってきます。
一方の高級店は、1人のお客さんの接客時間が長くで接客の人数は少ないので、体力的な負担は軽くなります。

しかも、1人のお役さんで稼げる金額は大衆店の2倍以上にもなるのです。
まら、ロングコースもあるので、指名が入れば1回の接客で10万円以上稼ぐことの現実的にあるのです。
高級店と聞くと、どうしても経験も長い人はお仕事するイメージがあるのですが、最近のホテヘルでは未経験者でも受け入れるお店も結構あります。
そんなイメージだけで高級店での体験入店を諦めてしまうことはもったいないのです。

1日5・6人もの接客で疲れてしまうことを考えると、接客数が少なくても単価が高くて稼ぎやすい高級店を選ぶことガベストです。

高級店の見つけ方

実際に、高級店を見つけられない女の子も少なくありません。
その理由は、一般的なサイトでは中々、大衆店と高級店の見分けが付かないからです。

大衆店だとバレてしまえは、体験入店を考える女性も集まりにくくなるために、高級店と見分けが付かないように工夫しています。
そのために、インターネットのホテヘル求人サイトの口コミを見て確認することです。
ホテヘルでガッツリと稼ぎますたい人は、是非、体験入店して、自分にマッチしたホテヘルを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました