ホテヘルの仕事で病むこと

お悩み

ホテヘルなどの風俗業のお仕事で働く人の目的は、貯金をしたり借金を完済するために多くの収入を作ることがあります。
中にはリッチな生活を送りたいという思いを実現したいために、風俗している人も少なくありません。
何れにしても、風俗業は短時間で、普通の仕事では難しい高収入が得られる魅力的な仕事です。

しかし、その中で精神的に参ってしまい、心が病んで入るホテヘル嬢やデリヘル嬢の人達も結構少なくないのが実情です。
最近はビジネス業界でも、仕事で心がに病んだり、鬱(うつ)にかかり精神的な病になってしまう人も増えています。
しかし、それ以上に心身を使うのは、ホテヘルを始めとする風俗嬢なのかもしれません。
では、ホテヘル嬢とて働く女性が病んでしまう理由はどんな所にあるでしょうか。

ホテヘル上が病む理由には働き過ぎがある

風俗のお仕事は、ある意味、心と体を酷使する仕事です。
特に1ケ月の間でほとんど休みなく出勤し過ぎることがあります。
1日の労働時間を見ても、8時間はおろか12時間以上の長時間の環境で働くことで病んでしまう女性もいます。

いわゆる「働き過ぎ」ということですが、自分では、「心が病んでいるなぁ」という感じがしなくても、少しでも疲れを感じているなら、しっかりを休んで鋭気を養うようにしてください。
ホテヘルのお仕事が終わって帰宅してから、ベッドに横たわってもまったく寝付けなかったり、何も食べることができないような時は、精神的にも体力的にも
病み始めと思ってもいいでしょう。
1人でゆっくりと過ごせる時間を作ったり、家族や彼氏、あるいは友人と楽しくいる時間をつくることや、自分の好きな趣味に没頭することも1つです。

自分がやりたいことができる自由な時間がなくなってしまうと、病んで来る可能性が出てくるのです。
1週間の中で、自分の心と体をケアする時間を作ることが大切です。

自分の先行きや将来が見えなくなるのと

ホテヘル嬢などの風俗のお仕事をしてあるとその時はいいのですが、将来に対して、未来に対する不安が募り、将来を悲観的に捉えてしまい、病んでしまうことがあります。

風俗のお仕事をしていたことを、それから先の就活に必要な履歴書や職務経歴に表すことができないと不安になったり、自分の人生に何の価値も見出だせないままにだらだらと時間を過ごしているという焦りやジレンマから病むことになってしまいます。
しかし、そんなことで悩み、心を病む必要は全くありません。
風俗業のお仕事は立派な接客業で、そのキャリアを元に自分をステップアップしたり、キャリアアップさせることも不可能ではありません。

お茶をひくことで悩んでしまう

風俗業界では「お茶をひく」という業界用語があります。
これは出勤したのに、お客さんが全く来ないで、その日は1人も接客できなかったという状態のことを言っています。
ホテヘルだけでなく、風俗嬢は大半は、完全歩合の仕事を形態となっているので、「お茶のひいた日」は、給料が支払われることはありません。
接客数0でも給与保証の「保証制度」を受けられる風俗嬢以外は、厳しい現実化が待っています。

その日は無駄な時間を過ごすことになり
「自分にはホテヘルの仕事には、向いていないんだ。」
と自己否定して病んでしまうことになるのです。

仕事のハードワークも苦しみがありますが、逆に全く仕事がないことも病んでしまう原因になります。
こんな思いをしないようにするために、自分が満足に接客できるような風俗店を選ぶことがら大切です。
お店によっては、お茶を引かないように新規客を斡旋してくれる所もありますし、集客力のあるお店を選ぶことも病まない改善方法になります。
こまめな接客で本指名やリピート率を高めていくように心掛けることや、写メ日記の活用法で、効果を上げることができます。

待機室でずっと待っていること

風俗のお仕事の中には、ホテヘルだけでなくても、集団待機室を設けているお店もありますが、そこで病んでしまう人もいます。
仲の良い風俗嬢ばかりであればいいのですが、中には相性の良くない人もいます。
ホテヘル嬢の中には、このお仕事以外に昼間の仕事をしている人も多くて、ホテヘルの仕事まで人間関係を作ると面倒くさいと思ってる女性も少なくありません。

ホテヘルは、無店舗風俗業なので、個室待機がなくて、1人でゆっくりとお客さんを待っている場所がないために、病む人が出てきます。
もしかすると、息が詰まってしまう感覚に教われて、お客さんがほとんどつかない否やお茶をひく日は、ますます落ち込むことになるでしょう。
病なまいためにも、個室の待機室が用意されているお店を選ぶことです。

お客さんに悩まされること

ホテヘルのお仕事をしていると、色々なお客さんと接することになりますが、中には、自分の好みではない男性や、生理的に受け付けない相手もいます。
キモい人や、最低なやつと思える相手ですが、そんなお客さんを接客することで病んでしまうのです。
具体的には、しつこく乳首や性器を舐めたり、荒く指入れしたり、中には暴力的な振る舞いをしたり、高圧的なお客さんもいます。
このようなお客さんなら、お店のスタッフと相談をして、出入り禁止としてNG客にすることです。

また、待機室からモニターで、お客さんを選んだり、断ることも病むことを防ぐことができます。

店舗のスタッフに病むこと

今、ホテヘルだけでなく、風俗業界全体が大きなマーケットを形成していますが、それに対して、スタッフの供給が不足している状況が続いています。
そのためにお店側の運営が不十分になっており、働くスタッフが揃わずに限られた人数でお店を運営せざるをえません。

そうなると、スタッフの中には質の低い人材でも受け入れる必要があることから、お店の質も低下していく傾向があるのです。
そうなると接客やホテヘル嬢の管理も適当な扱いになりますし、身だしなみもだらしなくなり、店舗運営のモラルも乱れていきます。
スーツを着ているお店であればいいのですが、サンダルを履いていたり、まるで遊び感覚の服装てで接客するお店もあるほどです。
しかも、あまりの忙しさにスタッフも忙しさに段々と余裕がなくなってきて、パワハラ・セクハラもしてくるスタッフも出てきます。

そんなスタッフの行動に病んでしまうことがあります。
こんなふうに思ったなら、スタッフの教育と管理がしっかりとしている大手グループのお店に移籍することがいいでしょう。
大手の風俗店であれば、スタッフの研修と教育が行き届きており、身だしなみに対しても厳しい管理が徹底されていますので、風俗嬢も安心して働くことができます。
また、大手グループの中には女性スタッフも増えており、ホテヘル嬢へのケアにも充実しています。

性病への不安で病む

性病予防が曖昧にしている風俗嬢が、自分が性病にかかるのか心配になって病む人もいます。
しかし、実際は優良店では専用消毒液や石鹸を用意しているので、性病リスクはかなり低くなっています。
性病に対する対策をきちんとしているお店なら、病むことはありません。

相談できる相手がいない

風俗嬢は心身を使う仕事なので、相談できる人がいなくて病んでしまうことがあります。
しかし、風俗のスタッフは男性が多くて、女性の人が相談しづらいことが少なくありません。
親身に話を聞いてくれる女性スタッフがいるお店なら病むことは少なくありません。

前述のような大手風俗店だと女性スタッフも増えているので、面接や講習、風俗嬢のケアまで風俗経験者が女性スタッフとして活躍しています。
そんな同性だから相談することできるのです。
そんな女性スタッフのいる店舗で安心して働くようにすることです。

これからの対策

このようにホテヘル嬢は、様々な理由から病むことがたくさんあります。
このような精神的にも肉体的にも病まないようにするためには、自分のペースで出勤するようにすることです。
また、お茶をひきやすく、個室で待機することができないお店や労働環境や待遇の良くないお店は選ばないことです。
また、お客さんやスタッフなどとのトラブルが起こらないように予防的なアクションと取っておくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました