シングルマザーでも、ホテヘルはチャレンジできる?

お悩み

ホテヘルやデリへル、ソープなどの風俗で働くこと。
これは昼間のお仕事やアルバイトより、はるかに大きな収入を稼ぐことができます。
風俗業界で働く女性は色々な理由を持っているために、より収入の良い仕事を求めて、ホテヘル嬢になったり、デリへル嬢として働いています。

その中でも、シングルマザーの女性がとても多くの割合を占めていることも事実です。
ここでは、お子さんを持つシングルマザーの女性の人が、ホテヘルを目指すことを応援するためについて、考えて行きたいと思います。

シングルマザーの実態

全国には、約123万世帯ものシングルマザーがいると言われています。

そんなシングルマザーの収入実態を見ると、平均的な年収は一般家庭の平均年収をはるかに下回っていて、育ち盛りの子供達に苦しい思いをさせる程に貧困生活に悩まされています。
シングルマザーの収入は年収200万円を下回る世帯が8割りを占めおり、50%程度の人々は約半数がパートやアルバイトで130万円未満の収入にしかなっていないのです。
これだと月に10万円以下の生活費で暮らしをせざるを得ない環境にいるという厳しい現状が見えてくるわけです。

シングルマザーは就職が厳しい?

そんなシングルマザーが正社員、すなわち正規雇用社員として働くことを考えると、幼い子供さんの学校行事や幼稚園・学校に通うこと、突然の体調不良などが影響して、仕事の勤務時間やスケジュールを調整することが難しくなることも少なくありません。
そのような理由から、子供がいるだけで、正社員としての採用が見送られてしまうことが多く見られます。
特に子育てをヘルプしてくれそうな親戚や親・兄弟がいない場合は、単身の女性と比べて、就職面において非常に大きなハンデを持ちながら、就職活動を行うことになってきます。
普通に考えても、正規に雇用される就職は、とても難しい状況と言えるでしょう。

限られた環境の中で一定の収入を得ることができる職業として、考えられるのが、風俗業のお仕事です。

資格や学歴が必要ない風俗のお仕事

シングルマザーの家庭では、資格を持っていなかったり、学歴がなければ思うように満足な仕事に就くこともかなり困難な環境になってきます。
とは言うものの、資格を取得したり、学歴を高くすることは、多くの時間が必要となるので、これもまた現実的ではありません。

しかし、風俗の世界で働いている女性の人達を見ると、その多くは、最終学歴が高卒以下という実態があります。
そんなことから働くことができる就職先として、低賃金のアルバイトやパート、仕事のダブルワークなどで生計を立てていく過酷な環境を考えると、風俗業でのお仕事がおすすめなのです。
逆に言うと、風俗業は、学歴や資格などに左右されずに、高額な収入を初めから稼ぐことができるというわけです。

シングルマザーでも風俗で安心して働ける理由

シングルマザーの女性の人達が安心して働ける理由は、色々と融通が利くことが挙げられます。
例えば、シングルマザーで子供の面倒の協力してくれる親族がいない場合、子供の行事や体調不良で時間に制限が出てきた場合、どうしても普通の会社の仕事では、途中退勤や遅刻ができません。
しかし、風俗で働いていると、退勤や遅刻などがかなり自由なので、時間的なゆとりが生まれ、融通が利くのです。
また、シングルマザーが風俗に働くことについては、年齢に関係がありません。

昼間の仕事で就職するとなると、高齢の人であれば、それだけ就職できる確率は大変低くなってきます。
しかし、風俗のお仕事であれば、今では人妻専門の風俗店や熟女店なども人気が高まっており、お客さんの好みやニーズに合わせた形で需要が高くなっています。
このことからも風俗の世界で頑張れる可能性があり、年齢の制限は関係なくなっています。
しかも、風俗のお仕事だと、昼のお仕事と比べて桁違いの収入を稼ぐことができます。

昼のお仕事は、安定した収入を稼ぐことができる反面、その収入額はほとんど決まっています。
一方の風俗は、収入が安定はしていないものの、昼のお仕事の3倍~5倍程度の収入を得ることが可能です。
風俗業は個人事業主としての扱いとなるので、頑張ればそれだけ収入が見込めて、自分1人で子供を育てることや生活していかなければならないシングルマザーにとって、普通の仕事よりも風俗の方が圧倒的に高い収入を手にすることができるのです。
もし、借金返済などで悩まされているシングルマザーの人でも、収入が高くなる風俗業であれば、一気に返済させることもができます。

経験がなくても働くことができる風俗

ここで心配なことは、風俗未経験の場合、どうなるかということでしょう。
一般企業では、未経験者は給与が低い傾向にありますが、風俗では未経験であればあるほどに高い収入を稼ぐことができます。
そのために、仕事が中々決まらない人や、資格や学歴を持たないシングルマザーにとっては、とても有利な世界かもしれません。

しかも、たとえ風俗のお仕事と言っても、公的な書類は一般企業と全く同じで、保育園などに提出しなければならない雇用証明書や緊急連絡先、不動産を賃貸する時に必要なので勤務先、給与明細などは、風俗店がしっかりとしている店舗であれば、きちんと対応してくれるので、一般企業に勤めていると同じように書類作成に応じてくれます。

風俗の中でシングルマザーならホテヘルがいい

風俗のお仕事には、色々な職種があります。
デリへルやソープランド、ピンサロなどがありますが、シングルマザーの人なら、ホテヘルがおすすめです。

その理由は次のようなことが挙げられます。

本番がなくて体力を比較的に使わない

風俗で一番高額収入を稼げるのは、ソープランドです。
ソープだと、1日6万円以上稼ぐことも可能です。

しかし、それは本番行為があるためです。
本番行為があることで、1日数人の接客をすることでかなりの体力を消耗してしまいます。
いくら高収入と言えども、これでは子供さんと一緒に生活を楽しむことが難しいかもしれません。
しかし、ホテヘルは本番行為がありませんので、そのような心配が少なくて済むのです。

知人と鉢合わせになる確率が低い

本番行為がないと言えば、デリへルも本番がありません。
しかし、デリへルの場合は、お客さんの自宅に伺ったり、指定した場所に赴き、性的プレイを施すお仕事。
それだけ行動範囲が広いために、知人や友人に目撃されてしまう可能性があります。

しかし、ホテヘルは店舗が指定したラブホテルで待つお客さんの所に向かってのお仕事となります。
その指定したラブホも歓楽街に集中しているので、行動エリアが自ずから狭くなり、他人に見られる可能性は低くなります。
しかも、ホテヘルの場合は、一旦、店舗の受付で女性を指名するので、どんな人なのかが、待機室から確認することができます。
しかし、デリへルは、お客さんに会って初めてどのような人物なのかが分かるので、客層を予め確認することも安心感につながるわけです。

このようなことから、シングルマザーの人が風俗のお仕事をするのであれば、ホテヘルが、おすすめになるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました