ホテヘル嬢が干される理由

お悩み

お店に出勤したんだけど、本指名はおろか、フリーのお客さんも付かない時、もしかしすると、お店から干されている可能性があるかもしれません。
ホテヘル嬢が干された状態になると全く稼げなくなりるのですが、どうして干されるのか、その理由を理解して、それを解消するためには、どのようにすればいいのでしょうか?

ホテヘルは歩合制

ホテヘルの仕事は一般企業とは異なり歩合制で評価される世界です。
そのために指名が取れないホテヘル風俗嬢であっても、お店側からすると何ら損失はありません。
その女性が稼げなくなるだけです。
お店の給料が歩合制である以上は、人気がなくて仕事も満足でできなくても、本指名がなかったしてもそれで干されることはないはず。

確かにそのホテヘル嬢の評価は低くなりますが、辞めずにいても構いません
しかも、人の入れ替わりの激しい風俗業界では、常に一定数のキャストを確保しておきたいので、いつ他のホテヘル嬢が辞めてしまっても、できるだけ在籍して欲しいと考えています。
そのために売れていないからわざわざ干すことはないはずなのです。

それもでホテヘル嬢が干されるとは

稼げずにいてもお店側からすると、デメリットがないので、意図的に干されることがそんなに多くはありません。
それでも風俗嬢が干される理由があるとしたなら、お店に損失や損害を与えている場合が考えられます。
在籍しても実質的な損失がなければ問題はありませんが、現実的な損失が発生しているなら、干される可能性が出てきます。
そのようなケースとしては、お客さんからのクレームが考えられます。

フリー客を付けてあげても、接客態度が悪くて、ロクにサービスしないと、当然、クレームになってきます。
お店が必死に女性を紹介してあげても、クレームが出てしまう口コミなどの評価が悪くなってきますし、そんな噂が広がることで、お客さんも次第に減っていくものです。
また、中には、ホテヘル嬢自身が、お店の悪口をお客さんに言いふらして、中にはネットの掲示板に誹謗中傷を書き込む女性もいるくらいです。
このようなことを続けていれば、お店側は大きな損害となってしまうので、その女性を干して、自分から辞めるように働きかけることが出て来るわけです。

もし、お店の悪口を言わなかったとしても、勤務態度が悪いことでも干されることもあります。
ホテヘル嬢はシフトが自由な仕事なのですが、ドタキャンはお店にもお客さんにも迷惑をかけてしまいます。
事前に休む連絡を入れていれは、週1の勤務も許される世界で、ドタキャンをしたところで、その子には何のメリットもないはずです。
それどころか、お店からの評価はますます悪くなるばかりで、出勤してもフリー客を付けてもらえなくなるのです。

店長に嫌われていること

ホテヘル嬢の仕事のやり方が悪い場合や、ドタキャンの連続だと、評価も下がって干されやすくなります。
しかし、中には女性自身に問題がないケースもあります。
それはお店の店長が、特定のキャストを干す場合です。

ホテヘル店店長は、どの女性を優遇するかを決める権利がありますが、店長に嫌われるとそれだけで干されてしまうことになります。
店長といっても、お店の利益を最優先にする人もいれば、感情的になっている人と様々ですが、風俗店の店長をやるのですから、人格的に大企業のような管理職のように優れている人は少ないかもしれません。
それだけに、女の子の態度が気に入らず、女性は全然悪くないのに、気分次第で干されることさえあるのです。
そのためにホテヘ嬢として働くために、少なくでも店長だけには礼儀正しく接することです。

しかし、このように気分次第で干すような人が店長をしている店で働いていると、いつ干されるか堪ったものではありません。
そのお店で稼げないと感じたら、早々に見極めて経営をしっかりしている店長お店に移った方が賢い選択です。

干されている時の対応

では、干されている時には、どのような対応をすべきでしょうか?

風俗店は、稼げる時期と稼げない時期がありますにで、自分に全くフリー客が付かなかったとしても、必ずしも干されているとは限りません。
そこで、まず自分がお店側から干されているかどうかを見極めことです。
フリー客が付かなかった日があっても、翌日出勤してフリー客が付いたり、休日客入りの多い日にフリー客が付いたのであれば、お客さんがいなかっただけと判断できます。
たまたま客入りの悪い日だっただけの可能性もあるからです。

しかし、干されている期間が2〜3日、1週間も続くと、さすがに干されている可能性があります。
特に、他ホテヘル嬢にはフリー客が付いていても、自分にはフリー客が付いていないのであれば、ほぼ間違いなくお店から干されていると言えます。
しかし、いくらお店から干されている状態であっても、お客さんから本指名があればお店はそれを断わることができません。
これが、お店から干されていても本指名が多いので、そのことに気付いていなかったということもありますが、それでも収入に大きな影響はないので、そこまで気にする必要はないでしょう。

それは、本指名が取れなくなった時に、収入がガタ落ちしてくるので、稼げているうちに別のお店に移るか、干されている原因を見つけて対処するような行動を起こすべきでしょう。

干されやすいタイプ

ここで干されやすいタイプを参考に紹介しておきます。
敬語が使えず、誰に対しても、タメ口ばかり話す女性や、礼儀やマナーがなっていない女性は、店長・スタッフから敬遠されてしまい、干されやすくなります。

マナーを知らない女性をホテヘル嬢にして、接客させてしまうことで、お客さんを怒らせてクレームにつながることをお店は嫌がるのですから、当然のことでしょう。
そのためにマナーができていない女性はフリー客が付きづらく干されやすいわけです。
また、やる気のない女性や、すぐに辞めそうな女性も干されやすくなります。
どうせフリー客を付けるなら長く勤めてくれて頑張る女性に付けたいものです。

フリー客を付けて本指名がもらえるようになったとしても、辞めてしまっては意味がありません。
それだけに、ホテヘル嬢の中には辞めることをお店に伝えた直後にフリー客が付かなくなることさえあります。
また、NG項目が多い女性、嫌いなタイプのお客さんが来たら接客を断るなど、プロ意識が欠けている女性も干されやすく辞めさせられる可能性があります。
ホテヘルが風俗であっても、お金をもらって働くのですから、嫌なお客さんであっても礼儀正しく接客する事が前提です。

礼儀正しく、マナーがしっかりしている女性は基本的に干されることはまずありませんし、むしろ店長からの評価も高く、優遇されやすいので、しっかりとそのことも覚えておくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました