ホテヘル嬢が顔バレしないようにするためにはどんなことを心掛けるべき?

待遇

ホテヘルの仕事をするに当り、最も注意しなくてはならないことは、なんと言っても顔バレの対策をすることです。
あなただと分かるような写真やプロフィールなどの個人情報は、できるだけインターネッ上でト公開しないようにしないと、その写真や情報から身元がバレてしまい、大変なことになってしまう可能性があります。
そのために絶対に顔バレしないように、ホテヘルの仕事をするにも全力で避けたいものです。

特に顔バレの原因として一番大きなものとして挙げられるものに、お店のホームページなどで公開された顔出しがあります。
普通は、お店でも、女の子の紹介ページでは、ボカシなどを入れて画像を掲載することが普通の対応なのですが、どのようにすれば顔バレを防げるのか説明をしていくことにします。

顔出しすること

顔バレ対策を見て行く前に、逆に顔出しするメリットも知っておくことも必要でしょう。

その利点を逆に知っておくことで、顔バレ対策の必要性が見えてくるからです。
ホテヘルだけでなく、風俗業界では、お店を利用するお客さんのほとんどが、ネットに公開されている女性のプロフィールを見て、お好みの女性を指名することになります。
その中でプロフィール写真にモデル級のスレンダーのキャストが扱っている風俗店なら、指名料も必要のないフリーで呼んでも安心して遊べるために、お店のPR効果や集客率アップのためにサイトのホームページや雑誌に在籍している風俗嬢の顔写真をそのまま掲載していることがあります。
特にホテヘルだけでなく、ソープランドやデリヘルでも、肌を重ねる性的プレイのサービスのメインにしているお店では見た目が大きな集客効果を生みます

そこで
「生理的に受け付けない女性は嫌だ」
「もっと、自分の好みに合った女性とプレイしたい」
というお客さんのニーズにマッチさせることができるのが顔出しのメリットと言えます。

露出する度合い

この顔出しには3つのパターンがあり、「全顔出し」、「手で口元を隠してモザイク修正で目だけ表示」、「鼻から下を露出」に分かれてます。
最近では風俗嬢の個人的なプライバシーを尊重して「全顔出し」をしている店の割合はかなり減ってきています。
また、この数年、大きな人気を呼んでいる「人妻店」や「素人系」コンセプトにしている風俗店でも、「全顔出し」した風俗嬢は、ある意味、妖艶でミステリアスなイメージが崩れていしまうために、「目だけ」や「口元だけ」の「一部顔出し」の風俗店が多くなっています。

しかも、「全顔出し」している女性は「かなりこの仕事が長いプロの女性」という印象を与えてしまうこともあり、かなり減ってきています。
人気の集めているホテヘル嬢に求められるのは、高級風俗嬢のようなプロのレベルではなく、ごく自然に疑似恋愛体験を楽しめる素人の雰囲気を残している女性なのです。
昔のように「顔写真をオープンに掲載することで必ず稼げるというメリットがあるお店は、一部のプロのギャル系風俗嬢を好むお客さんをメインにしている風俗店でしょう。
その一方は、全く顔が分からないとお客さんが女性に会った時、「顔がどうしても生理的に苦手なタイプだ」
とキャンセルされてしまう可能性もあります。
そのためにその女性のイメージをできるだけ忠実に伝えることができるように、「目だけ」や「口元だけ」の顔出しをすることもあるわけでです。

「目だけ」や「口元」の写真をお店のホームページや他の風俗サイトに掲載されても周囲にバレる心配はほとんどありませんが、彼氏やパートナーのいる女性がホテヘル店で働いていることがバレたことがあるケースも少なくないので、身近に風俗サイトをチェックしている人が友人や知人の中にいる場合は注意しなくてはなりません。
そのような人が自分の身近な周りにいるのであれば、一部の顔出しでも不安は残りますので、知人に見つかるリスクの低い出稼ぎに出るのもひとつの対策法です。

顔出しできる風俗嬢のメリットはあるものの

出稼ぎの風俗形態のの場合、保証条件に「顔出し」を求められることが結構あります。
これは「マスコミ手当」として「顔出し」をすることで、バック金額が高く設定してもらえることがメリットになっています。
全てを露出すればOKというものではありませんが、お客さん側の立場になってみると、スタイルだけでなく、顔も見えることでより安心して指名することができるできます。

顔出しすることで保証やバック金額が上がるだけでだけでなく、お店も宣伝効果が高まり、その結果、お客さんが集まりやすくなり、より好みに合った女性を指名できるというメリットが連鎖的に発生していきます。
あなたの収入も増えて、風俗店も活性化してお客さんも顔が分かっている女性を予約しやすくなるということで「顔出し」することは全て面において理想的になメリットがあるわけです。

顔出しするデメリット

しかし、顔出しすれば必ず稼げるというものでもありません。

「顔出し」がためらいもなくできるホテヘル嬢の人に「全顔出し必須」のお店を好まない男性からは敬遠されがちで、ネット上に顔写真オープンになることで、知人に顔バレのリスクが高くなってきます。
しかも、自分の顔を好まない男性からは決して予約や指名が入ることはありません。
出稼ぎを受け入れるホテヘル店では「顔出し」ができるかどうかで保証金額が異なってくることが多く、「顔出し」を受け入れないと、給料を保証できないお店も未だにあるのです。
ホテヘル店側からすると、顔出ししてくれる女性をPRの中心軸として活用して、お店の売り上げと同時にその女性への収入をアップさせてあげたいと考えから、露出が多い「全顔出し」が良いと考えられています。

しかし、顔出してしまったために起こってしまうデメリットもるので、「顔出ししないと稼げない」ということは決して正しくはないのです。
人の顔の好みは様々なので、ハーフ系のメリハリのはっきりした顔立ちの女性を好む男性もいれば、あっさり系の顔立ちの女性を好む男性もいます。
女性が色々な男性の顔の好むことも同じことです。
よく女の子の同士の会話の中でも

「あの俳優ってすごくかっこよくない?」
「そうかなあ?この俳優の方がかっこいいけど」
「そんな顔が好きなんだ」
「顔出し」して顔をオープンすると、「好みではない顔だから指名することはないな」
と予約をスルーされてしまうデメリットもあるのです。
風俗で遊び慣れている男性のお客さんや素人系の女性を好む男性では、「顔出し」は出稼ぎに来ている風俗のプロのような女性楽しくないという心理が働くこもあります。

ホテヘル店では「顔出しできる女性でお客さんに安心して付けられる」と考えていることが、「顔出ししていなければ指名を取れていたかもしれない予約を逃してしまう」と考えていることもあるのです。
しかし、「顔出し」は自分のプライバシーだけでなく、指名を逃してしまう可能性もあるというデメリットが現実的にあります。
完全にモザイクが入っていたり、首下のパネル写真しか掲載されていないのも
「どんなタイプの女性か分からづらい」と不安感を与えてしまうデメリットがありますので、「口元から下だけ」の「一部顔出し」の写真でネット掲載しているお店が多いのです。

口元を隠して目だけの「一部顔出し」も、知り合いが見たらバレてしまったり、目だけで男性の好みが変わってくるデメリットもありますので、見バレしないにも、指名を獲得して売上を上げるためにも、自分の顔が誰でも好んでくれるという自信のある女性以外は、慎重に考えるべきです。

顔出しは儲かるということは決して正しくない

ホテヘル店は、女性に顔出しをしてもらいたいと思っているのが本音です。
美形の女性であればなおさらのことで、ホームページからパネル写真を見て

「かわいい子がいるから、あのお店に行って指名してみよう」
と思うお客さんが増えます。
また、顔出しをするとお店のサイトだけでなく、風俗雑誌などのメディアでも露出されるので、さらにお客さんを集めることかできるでしょう。

お店から
「絶対に儲かるから、顔出ししてみない?」
と、勧められるかもしれません。
「稼げる」というキーワードに心が動かされるかもしれませんが、「顔バレ」の対策をするならば、絶対に「顔出し」をしてはいけません。

ネット上に画像を上げることは、世界中の人達にあなたの顔を公開するということです。
風俗店で働いていることを、世界に発信していることです。
実際には日本の風俗店の中の1つににすぎないので、そこまで多くの人が見るわけではありませんが、友人や知人が見る可能性はあるわけです。
男性の友達があなたの画像を見つけて、他の友達に広めるとったいような状況になると、かなり面倒な状況になるので、「顔バレ」の一番の対策には、「何があっても顔出しはしない」と心に強く決めておくことです。

お店からの優しく勧誘されてもその言葉に惑わされずに強い意志を持っておくことです。

顔バレの対策

では、「顔バレ」の対策としては、どのようなものがあるか紹介していくことにします。

画像を加工してもらう

風俗では顔バレをしないために、画像は目を隠したり顔にボカシを入れたりして対策を施しています。
ただし、目元を隠すだけだと他部分がポイントとなり。
身元がバレてしまうこともあります。
最近では、画像の幹訳を普通の人でも、身元を特定するが簡単に行えるようになり、芸能人が元AV女優だったことがあかされてしまったというケースもあるくらいです。

もし、あなたが少しだけ顔を隠したとし手も、友人・知人がその画像を見て
「似てるなあ」と思っても「気のせいかな」と諦めてくれれば問題はありません。
しかし、その人が持っている他の映像と比べれてしまわれると、顔バレにつながる可能性が高くなってきます。
目元だけでなく、鼻の形や体型など、確認してみる箇所はたくさんありますので、バレないように隠していない部分も加工してもらう必要があります。

最近の画像加工技術は大変進んでいるので、全く他人のように変身して見せることも簡単にできます。
ただし、あまり加工し過ぎると画像を出す意味がなくなってしまいますので、特徴的な部分の加工で分からないようにするわけです。
風俗業界では大半のお店がやっていることなので、どのようにして欲しいのかをキチンのお店のスタッフに伝えてことが大切です。
また、求人でお店を探す場合でも、予め画像処理はどれくらい対応してくれるのかも尋ねてみるとこともいいでしょう。

ホクロや歯並びなど部分を隠す

たとえ顔を隠して画像を加工したとしても、体にあるホクロなどで顔バレをしてしまうケースもあります。
お店で撮影してもらう画像は、顔バレの対策として、ホクロや体に残る傷などの特徴も加工して消してもらうことができますので、この点も意識しておくようにしましょう。
今では一般の女性も自撮りした画像を加工して、きれいに魅せることが簡単にできます。

大手のグループの風俗店であれは、女性からお願いしなくても、肌をきれいに見せるために、ホクロや傷を簡単に消してくれます
しかし、個人レベルで経営をしているホテヘル店の場合、顔のボカシを入れるだけで、その穂部分はそのまましていることも珍しくはありません。
求人から応募して面接を受ける前に、男性向けのサイトをチェックしておくことも必要です。
女の子がどれくらいのレベルで加工されているのか、自分の目で確かめておくことです。

ホクロが全くないスベスベの肌であれば、おそらく画像の処理加工にかなりの配慮をしているお店で安心することができます。
合わせてお店に修正についてどのレベルまで対応してくれるのかを確認をしておけば、さらに不安はなくなるはずです。
一方でプライベートでSNで自分に画像をアップしている人子も多いですが、もし、体に特徴的なホクロや傷、あざが残っている場合は、それをきれいに消去しておくようにしておきましょう
お店に行っているお客さんがその部分に気付いて、プライベートのアカウントを偶然に見つけたら、余計に厄介なことになります。

そのようなリスクを可能な限り取り除く努力もしておきましょう。

ヘアスタイルはいつもの形と雰囲気を変えること

風俗の画像では、顔だけボカシを入れたり目元を手で隠して、顔バレ対策をすることが基本です。
それでも、顔を隠しても髪はよく見える箇所で、言わば丸見えの状態ですが、さすがに髪までボカシを入れてしまったら、お客さんが見て、興味を示さなくなります。

顔だけ隠して、いい雰囲気でアピールするためには、ヘアスタイルはともで重要なポイントなのです。
しかし、この部分が顔バレの原因になることもありますので、ヘアスタイルだけでバレると信じられないと思いうかもしれませんが、ヘアスタイルと体型を見ていくことで、本人の特定することも不可能ではありません。
風俗で写真を撮影する時には、普段しないヘアスタイルにしてみる工夫も必要でしょう。
いつもは髪をおろしている人なら、アップにしてみる撮影してもらうこともといいでしょうし、ストレートヘアの人なら、カールしてアレンジしてみることもいい方法です。

ちょっとしたことなのですが、たったそれをやらなかったせいで、顔バレすると、後から悔やんでも仕方のないことです。
しっかりと対策をして、顔バレしないようにすることです。

全顔出しNGに

風俗のサイトを見ていると、女の子の写真が並ぶ中で「NOIMAGE」と書いて画像がない女性がいます。

彼女たちは完全に顔出しを拒んで風俗で働いていますが、顔バレ対策としては、究極の方法です。
顔バレの原因になりやすいにが、お店の画像なのであれば一切掲載しないことが、対策にはなります。
しかし、風俗にやってくるお客さんは、ほとんどの人がホームページを見ていますので、ボカシが入っている画像でも
「この子かわいい感じだ」

と思って指名してくるので、そんなお客さんを逃してしまうことは結果的に稼ぎたい女性にとってはマイナスポイントです。
それでも顔を出さない選択をすることは、前のお店のお客さんがストーカーになったりして顔出しでバレてしまったりするなどの経験はあるからです。

写メ日記も注意

風俗の営業では、写メ日記も重要なツールの1つです。

日記を読んだお客さんが足を運んでくれる可能性があるので、それも使わない手はありません。
しかし、写メ日記で画像をアップするので注意必要です。
自撮り画像をアップする前に、ホクロなど特定の対象になりやすい部分は自分で消去しておくことです。
顔バレの原因となるものはできだけ排除をして、安心した環境で働けるような対策をすることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました