ホテヘルも服装によって指名率が変わってくる

コツ

ホテヘルなどの風俗業は、着ている洋服を脱いで裸になる時間が多いお仕事です。
プレイ時間の中では、洋服を着たままということはありませんね。
そんなふうなお仕事なので、出勤日の服装のことを軽く考えているホテヘル嬢の人が少なくありません。

しかし、服装によって、本当ならもらえるかもしれなかった本指名を逃している可能性もあるのです。
ホテヘル嬢だけでなく、風俗嬢も服装ひとつで印象かガラリと変わります。
お客様の元に向かう服装一つで、お客様の第一印象は良くも悪くも全く違ってくるのです。
そのようなことから、ホテヘルのお仕事で本指名をグッと上げるための服装について考えて行きたいと思います。

服装1つで、本指名がガラリと変わってくる

ホテヘルのお仕事でも、服装によって、本指名が取れるか取れないかということに大きな影響を及ぼしていくと言っても過言ではありません。
もし、あなたがデートをする時には、誰もが振り向くようなファッションで、待ち合わせ場所に向かうと思います。
これは男性ても同じことで、相手が適当な服装でやって来たとしたなら、かなりのマイナスイメージを男性に与えてしまうでしょう。

決して高級ブランドの服で実を固めなくてもいいので、清潔感のある服装や可愛い服で来てほしいと思うはずです。
男性のお客さんがホテヘル嬢と会った時に、可愛い服装であれば、心の中でワクワク・ドキドキしているはずです。
しかし、適当な服装だと、テンションが下がってしまい、悪い印象を覚えてしまいます。
そのように一旦、下がってしまったテンションを盛り返して、次の本指名につなげるためには、かなりの努力が必要になってきます。

服装ひとつで、お客様さんの女の子に対するポイントが大きく違っていくのです。
言い換えれば、女性らしい可愛くて清潔感のある服装をしているだけで、第一印象もアップグレードして本指名への道が開けるのです。

ホテヘル嬢の服装は大事!

ホテルへのお仕事する場所は、お店が指定するラブホになりますが、時にはお客さんがいるホテルに向かうこともあります。

そこで着ている服装で、入室を断られることが時折あります。
風俗OKのホテルもありますが、中には「風俗お断り」となっているホテルもあります。
そんな所に宿泊されているお客さんも意外と少なくありません。
そんなことからホテヘルでのお仕事は、他の風俗業より、さらに服装には気を配る必要が出てきます。

ホテヘルのお客さんが求める服装とは?

ホテヘルで楽しみたい男性がプレイの中で求めたい1つに、「服を脱がす」という願望があります。
そんなお客さんは、「脱がすのがややこしそうな服が苦手」でもあります。
それが、ホテヘルのお客さんに好まれるコーディネートのポイントかもしれません。

お客さんは服を脱がしたくなるもの

ホテヘルだけでなく、風俗店に訪れるお客さん様は、キャストの服を脱がしたいと思っている人が多いでしょう。
プレイの前に女の子の服を脱がすワクワク感も楽しみにしていますが、ボタンの数が多かったり、ファスナーが難しい箇所にあったり、ホックが外しにくいと、つい焦ってしまいます。
時には「脱がし方が分からない」複雑な服もかなりあります。

そうなると、クールな様相をしていたお客さんも「どうやって脱ぐの?」と聞いてきて、女性自身で脱いでしまう結果になったりと相手を興ざめさせてしまうことにもなりかねません。
男性はややこしい服が苦手なので、シンプルに脱げるワンピースや背中のファスナーが1つだけの服のように脱がしやすさを配慮してあげるといいでしょう。

風俗の服装事情

風俗でも、デリヘルやファッションヘルスだと、私服と仕事着を分けているケースが大半です。
お店が用意しているドレスに着替えることもありますが、「身バレ防止」や「自分の私服を汚されたくない」という女性心理も働いています。
彼女らの私服は普通の女の子が着ているパーカーやデニムのようにラフな格好で身バレしないのですが、歓楽街では風俗のお仕事をしている女性と一目で分かる恰好の子もいます。
多分、お仕事でお店に向かっているところがでしょうが、私服になって街の中にいれば、普通の子なので、アリバイ対策のためにも、私服と仕事着を分けています。

ただ、ファッションヘルスやピンサロのような店舗型だと、店内で接客するお仕事なのでセクシーな恰好をしていることがポイントになってきます。
しかし、ホテヘルのような無店舗型の風俗では、お仕事用の格好で外出しなければいけません。
ここで、派手なコーディネートをしていたなら、お客様さんは、すぐに「風俗嬢だな」と周りの人達から感づかれる女性と一緒に歩かなければならない状況になってしまいます。
こんなことを嫌がるお客さんもいたりします。

また、サラリーマンが多いエリアにあるお店だと、お客さんはスーツ姿が多いので、一緒に並んでも浮かない格好が求められます。
ちょっと垢抜けしたOLのようなオフィスカジュアルや、女子アナスタイルが好まれる傾向があります。

どんな服装が本指名につながりやすい?

ホテヘルのお仕事では、服装の良し悪しで本指名の確率もかなり変わってくる可能性が大きいのですが、逆に言えば、服装が悪いと本指名を遠ざけてしまうことにもなってきます。

最終的には、「ホテルの部屋で脱いでしまえば同じこと」とならない点がホテヘルならではの奥深い所です。
では、お客さんのハートをダウンさせてしまう格好は、どんなものがあるのでしょうか?

パンツスタイル

パンツスタイル!

パンツスタイルは、ホテヘルでは、基本的にNGと思って間違いありません。
パンツスタイルを好むお客さんもいるかもしれませんが、お客さんが喜んでくれる服装としては、あまりおすすめはできません。
パンツスタイルが、どうしてホテヘル嬢としてふさわしくないかと言うと、男性でも似た格好になれるファッションだからです。
逆に言うと、女性らしさをあまり感じられないのです。

脚が見えないこと岳でも、お客さんはつまらなくなります。
それだけスラリとした脚を好む男性が、たくさんいるということです。
また、男性をガードしているように見られてしまいます。
風俗では女性側の気持ちより、男性のお客さんが、どんなふうに思われるかの方が重要なポイントです。

風俗のお仕事は究極の接客業です。
そのために男性のお客さんにトコトン喜んでもらえるように、相手の考えを理解しておかなけれなりません。
ここで、自分が楽したいとか、自分はこう進めたいという考え方は、接客業としての発想ではありません。
男性は、女性の美しさを感じ取るには、スカートを好みます。

もし、あなたがスカートを持っていないのであれば、街にあるファストファッションでもいいので、安いお店でスカートを購入しておくようにしましょう。

自宅の近く歩き回るようなラフなファッションのダメ

お仕事かない休日に、ちょっと近くのコンビニまで行ってみるといった感じの服装については、そんなに真剣にコーディネートのことは考えいないはずです。
男性ウケすることを全く気にせずに、アクティブに活動できる服装を考えている女性の人が大半だと思います。

ホテヘルのお仕事でも、「ホテルに着いたならすぐ服を脱がされるのだし、まぁ服装はそんなに真剣に考えなくてもいいか」と甘い発想で、近所をウロチョロしている時のようにラフファッションで出勤してしまう人もいたりします。
しかし、このような出で立ちの人は、風俗というお仕事に対して、仕事始めの頃の緊張感が薄れていく頃に陥ってしまうパターンです。
「服装はその人の内面を表している」と考える人も少なくありません。
昼間のお仕事をしている人の中には、勤務中は制服を着ている職種もあります。

制服を着ることで、業務に集中できてお客さんからも、安心して見られています。
制服とは、これを着ることで、プライベートモードから仕事モードにビジット切り変われるのです。
では、ホテヘル嬢にとっての制服とはどのようなものでしょうか?
近所を歩く時のラフファッションは制服としてふさわしくないものです。

ホテヘルや他の風俗でも言えますが、非日常的な空間のお仕事なので、日常空間を連想させてしまうラフファッションは適当ではないのです。

スカートが基本のホテヘル嬢

ホテヘル嬢として活躍するのであれば、原則としてスカートを履くことが前提です。
ショーパンツやもキュロットスカートでもダメです。

ショーパンやキュロットスカートは、脚は見えているののの、男性からすると中途半端なのです。
スカートが風俗嬢の服装の鉄則と考えるべきです。

スカートの丈はどのぐらいがいい?

ホテヘル嬢というちょっとエッチなルックスを特徴にしている仕事では、短けへればいいというものでもありません。

男性はエロい雰囲気やルックスが好きですが、あまりにもストレートだと、エロすぎて逆に引いてしまうこともあります。
大胆なミニスカートでエロすぎると服装をしていると、その女性の価値が一気にレベルダウンしてしまいます。
もちろん、超ミニが大好きな男性もいますが、実際にホテヘル嬢と楽しむのは、ちょっと違っできます。
それは風俗でお金を投じて遊ぶからです。

お金を払って遊ぶのですから、清潔で清楚なイメージのファッションを、男性が求めてくるのは、ごく自然のことなのです。
そのために、スカートの長さは、短くもいいというわけではなく、逆に長過ぎてもよくないのです。
理想滴になひざ丈よりも少し短めぐらい
丈がベストです。

ホテヘルの服装では、デートの時のような服装で出勤すること

風俗嬢としてお仕事をする時の服装は、適当な格好ではダメなんだということがお分かり頂けたかでしょうか?
ここまでお話したように服装のコーディネートをするのですが、より具体的に言うと、彼氏とデートしている時や友達と遊びに行く時のような時に、ビシッと決めていく服装にすることがポイントです。
言い換えると、本気モードの服装ということです。

お客さんは、限られた時間にお金を支払って遊びに来てくれるのです。
ホテヘル嬢も、それなりにきちんとした服装と気持ちでお客さんを迎えなければ、これから本指名をもううことが難しくなってくるでしょう。
風俗の世界は、ある意味、疑似恋愛の場です。
本指名ほ、その恋を楽しんでもらう場所でもあるので、そのように考えるとデートの時の気持ちで行くようにすると、お客さんのハートを掴む第一歩となるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました